SBIレギュラーカードの比較・まとめ

特徴まとめ

SBIレギュラーカードのサンプル画像
  • 年間利用額10万円以上なら翌年度の年会費無料
  • 家族特約付きの海外・国内旅行傷害保険
  • 5種類(ブラック、グリーン、ピンク、ブルー、ホワイト)のカラーから選べる
  • 海外事務手数料が不要になるドル決済サービスあり
  • 他のカードには無い、独自サービス多数あり

メリット

概要

SBIレギュラーカードは、
SBIカード株式会社が発行するクレジットカードです。

他のクレジットカードには無い独自サービスが多数あり、
年会費永年無料、還元率も高かったので、
隠れた優良カードでした。

しかし、2015年10月1日からの改悪により、
年会費は条件付き無料、還元率も大幅ダウンとなり、
メインカードとしてはほぼ使えなくなり、
サブカードとしても限定的な場面にしか使えないカードになりました。

独自サービスである「ドル決済サービス」は、
普通のクレカで必要となる海外事務手数料が不要になるので、
使い方によっては非常にお得になります。
海外利用が多い人は、SBIレギュラーカードを検討してみてください。

還元率

SBIレギュラーカードの還元率は、0.25~0.5%となります。
ポイント交換する量が多いほど還元率が上がります。

あとは、6ヶ月間の利用金額によって、ボーナスポイントが付きます。
なお、以下表の還元率は最大である0.5%で交換したときのものです。

年間利用額 ボーナスポイント 最大還元率
25万円 500ポイント 0.6%
50万円 1,000ポイント 0.6%
100万円 2,500ポイント 0.625%
150万円 7,500ポイント 0.75%
200万円 10,000ポイント 0.75%

半年で200万円使っても、還元率0.75%なので、
還元率目当てとして使うのは厳しいカードです。

年会費

年会費は972円(税込)です。
年間利用額10万円以上で、翌年度無料になります。
初年度は無料です。

家族カードは、1枚目は無料ですが、
2枚目以降は1枚あたり540円(税込)かかります。
5枚まで発行可能です。

ETCカードは無料ですが、
発行手数料として540円(税込)かかります。

ポイントの使いやすさ

ポイントプログラムは、サークルプラスになります。

月間利用額1,000円ごとに10ポイント貯まります。
この場合、通常だと1,000円未満の端数は切り捨てられポイントは付きませんが、
1,000円未満の端数分は翌月の利用金額に加算してくれるので、
切り捨てられることはありません。
つまり、1円の無駄もなくポイントが貯まります。

サークルプラスの使い道は、
現金へのキャッシュバックや、SBIポイントへの移行が可能です。

キャッシュバックは、Webから操作を行うことで、
引き落とし口座に即時振り込まれます。
(即時振込可能時間外は翌営業日)

SBIポイントは、商品・各種ポイント・マイル・現金、に交換可能です。
現金交換は住信SBIネット銀行以外だと、
還元率が下がるので注意してください。

それから、サークルポイントをSBIポイントに交換すると、
サークルポイントの有効期限2年間+SBIポイントの有効期限2年間となるので、
有効期限が危ない場合はSBIポイントに交換すると良いと思います。

国際ブランド

国際ブランドは、MasterCardです。
使い勝手が良いです。

付帯保険

年会費無料カードでは非常にレアな、家族特約が付帯しています。

海外旅行傷害保険は、最高2,000万円が利用付帯します。
さらに、家族特約として最高1,000万円が利用付帯します。

国内旅行傷害保険も、最高2,000万円が利用付帯します。
さらに、家族特約として最高1,000万円が利用付帯します。

ショッピング保険はありません。

SBIカードの各種サービス

他のクレジットカードには無い、SBIカード独自のサービスが多数あります。

オンラインチェック(オンライン支払いサービス)

オンラインチェックとは、オンライン上で即時支払いをしたり、
支払金額を柔軟に決められるサービスです。

以下のようなパターンが使えます。

  • 残高一括払いコースだけど、一部は一括払いせずリボとして支払う
  • 残高一括払いコースだけど、口座引き落とし日の前に繰り上げて支払う
  • ミニマムペイメント払いコースだけど、多めに支払う

ミニマムペイメント払いコースとは、
毎月決まった額を支払うコースで、未払い分は翌月に回されリボ手数料がかかります。
(要は普通のリボ払い)

リボ払いにしてしまうのは、金利手数料がかかるのでおすすめできませんが、
口座引落日が来る前の好きなタイミングで支払うことができるのは便利です。

ドル決済サービス(住信SBIネット銀行限定サービス)

ドル決済サービスとは、
海外で外貨を利用した際に、
住信SBIネット銀行の外貨普通預金から「米ドル」で支払うことができます。
もちろんポイントも貯まります。

米ドル用のデビットカードのようなイメージです。

通常海外でクレジットカードを使うと事務手数料がかかりますが、
このサービスを使うことで事務手数料をかけずに使うことができます。

あらかじめドルで持っておく必要はありますが、
普通に海外でクレジットカードを使うよりかは、断然お得な決済方法になります。

このためにSBIカードを申し込んでもいいくらいの良いサービスです。
SBIカードを海外で使う場合は、
ドル決済サービスを使うようにした方がお得です。

ただし、住信SBIネット銀行を引落口座に設定し、
同行の外貨普通預金で「米ドル」を預金している必要があります。

選べるお引落日

SBIカードは、1~31日の好きな日を引き落とし日に設定することができます。
引き落とし日が営業日ではない時は、よく営業日が引き落としになります。

支払金額が確定する締切日は、引き落とし日の14日前になります。

複数口座設定サービス(マルチバンク)

最大5つの銀行口座を設定して、取引ができます。

メインの引き落とし口座が残高不足だったとしても、
2番めの銀行からさらに引き落としができます。
2番めが残高不足なら3番目・・・となります。

なので、引き落とし口座にいちいちお金を移動しなくてよくなり、
引落手数料や振込手数料を払う必要は無くなります。

対応している銀行は以下になります。

  • 住信SBIネット銀行
  • 楽天銀行
  • ジャパンネット銀行
  • みずほ銀行
  • 三井住友銀行
  • 三菱東京UFJ銀行
  • りそな銀行
  • 埼玉りそな銀行
オンライン借入れサービス(オンラインキャッシング)

オンラインキャッシングとは、
24時間365日、いつでも希望金額を登録口座に振り込んでもらえるサービスです。
会員専用ページか、メンバーデスクから手続きできます。
突然お金が必要になった時には、ありがたいサービスになると思います。

10万円の利用枠までなら収入証明書類が不要で、
電話で申し込みが可能です。

キャッシングになるので、もちろん金利手数料はかかります。

家族カード(ファミリーアカウント)

ファミリーアカウントとは、
家族カードのことですが、本当の家族以外にも発行ができます
資格としては「高校生を除く、18歳以上の方」となっているので、
他人でも良いということになります。

ファミリーアカウントカードの利用分の支払いはすべて本会員となり、
ポイントも本会員に合算されます。
この辺は普通の家族カードと同じです。

ただ、ファミリーアカウントカードの利用限度額は、
本会員が自由に設定することができます。

ファミリーアカウントカードの色は、基本的には本会員と同じ色になりますが、
ファミリーアカウントカード申込の当日中にメンバーデスクに連絡することで、
違う色のカードにすることも可能です。

デメリット

今の時代、年会費無料で還元率1%が普通になりつつあるので、
SBIレギュラーカードの年会費は有料(条件付き無料)、還元率0.5%は、
メインカードとして使うには厳しいカードになりました。

この年会費のために、付帯保険用カードや、
独自サービスのために持つのも難しくなっています。

もし、このカードを使うとしたら、
ドル決済サービスのため、くらいにしか使い道が無いと思います。
ただ、ドル決済=海外でお得、用のカードとして使うなら、
他の海外専用プリペイドカードを使った方が良い気もします。
この辺は、それぞれの人の選択になります。

総合評価

SBIレギュラーカードは、
ドル決済サービスを利用した海外用カード!

残念ながら改悪によって、使い道がほぼ無くなってしまっています。

SBIカードの独自サービスのドル決済サービスを利用すれば、
海外でのカード利用事務手数料が一切かからないので、
海外利用が多い人に有効です。

基本情報

還元率 0.25~0.75%
国際ブランド MasterCard
初期利用限度額 個別設定
WEBサービス 会員専用ページ
年会費 本人 1年目 無料
2年目以降 972円(税込)
年間利用額10万円以上で翌年度無料
家族カード 1年目 1枚目:無料
2枚目以降は1枚あたり540円(税込)
2年目以降 1枚目:無料
2枚目以降は1枚あたり540円(税込)
ETCカード 1年目 無料
2年目以降 無料
利用代金明細書 216円(税込)(WEB明細は無料)
発行手数料 本人 無料
家族カード 無料
ETCカード 540円(税込)
家族用ETCカード 540円(税込)
再発行手数料 540円(税込)
海外緊急発行手数料 21,600円(税込)
発行 発行資格 高校生を除く18歳以上の方で、収入のある方
発行期間 10日前後
発行会社 SBIカード株式会社
提携会社 なし
支払い 1回払い あり(手数料不要)
2回払い なし
ボーナス払い なし
ボーナス2回払い なし
分割払い なし
リボ払い あり
支払日 支払日は自由設定
締切日は支払日の14日前
ボーナス払い支払日
その他 なし
金利手数料 分割払い金利
リボ払い金利 5.8~12.8%
キャッシング金利 7~20%
海外利用時手数料 1.63%

ポイント

ポイント ポイント名称 サークルプラス
ポイント有効期限 2年間
ポイントレート 1,000円ごとに10ポイント
ポイント交換 ・キャッシュバック
 3,000ポイント → 1,200円
・キャッシュバック
 5,000ポイント → 2,000円
・キャッシュバック
 10,000ポイント → 5,000円
・SBIポイント
 1,000ポイント → 250ポイント
・SBIポイント
 3,000ポイント → 850ポイント
・SBIポイント
 5,000ポイント → 1,700ポイント
・SBIポイント
 10,000ポイント → 4,200ポイント
ボーナスポイント 6ヶ月間の利用金額に応じてボーナス
  25万円以上 → 500ポイント
  50万円以上 → 1,000ポイント
 100万円以上 → 2,500ポイント
 150万円以上 → 7,500ポイント
 200万円以上 → 10,000ポイント
ポイントモール SBI POINT Mall
電子マネー カードに付属する電子マネー なし
楽天Edy チャージ不可
nanaco チャージ可、ポイント付与対象外
モバイルSuica チャージ可、ポイント満額付与
SMART ICOCA チャージ可、ポイント満額付与
WAON チャージ不可
PASMO チャージ不可

付帯保険

海外旅行傷害保険 付帯条件 利用付帯
死亡・後遺障害 最高2,000万円
家族:最高1,000万円
障害治療 最高200万円
家族:最高100万円
疾病治療 最高200万円
家族:最高100万円
救援者費用 最高100万円
家族:最高50万円
賠償費用 最高1,000万円
家族:最高500万円
携行品損害
[自己負担額]
なし
家族特約 あり
国内旅行傷害保険 付帯条件 利用付帯
死亡・後遺障害 最高2,000万円
家族:最高1,000万円
入院費用 3,000円/日
家族:1,500円/日
手術費用 なし
通院費用 2,000円/日
家族:1,000円/日
家族特約 あり
ショッピング保険 年間保証限度額
[自己負担額]
なし
補償期間
その他保険 紛失・盗難時の保険 あり
ネット不正利用の保険 あり

関連記事一覧

サブコンテンツ

クレ活一押しの年会費無料&高還元率カード!

「Orico Card THE POINT」(オリコカードザポイント)は、年会費永年無料でポイント還元率は常時1%のカード。

 オリコモール経由でAmazon、楽天、Yahoo!ショッピングの還元率が常時2%になるネットショッピングに強い、メインカードにおすすめのカードです。

クレ活!クレジットカード4コマ

クレ活4コマ003
クレ活4コマ004

このページの先頭へ