エポスカードのバーチャルカードとは?

エポスカードは、珍しくバーチャルカードの発行が可能です。

バーチャルカードについて、知っている人は少ないと思うので、
バーチャルカードの基本的な内容や、
メリット、デメリットについてまとめました。

インターネット上での買物をより安全にできる機能なので、
クレジットカード番号の入力に抵抗がある人には、おすすめです。

バーチャルカードとは?

エポスカードのバーチャルカードとは、
インターネット決済のみに使える架空のクレジットカードです。
物理的なカードではなく、データ上のカードになります。

バーチャルカードを発行すると、本体のエポスカードとは別のカード番号がもらえます。
この番号を使ってインターネットでの買物ができ、
普通のカード同様にポイントが付きます。

インターネットで使う分には、普通のカードとほぼ同じです。

本体のエポスカードに紐づくことになるので、
請求は本体のエポスカードに来ます。

ネットでしか使えない家族カードのようなイメージです。

バーチャルカードの発行方法

バーチャルカードの発行は、自分で行うことができます。

エポスNetのバーチャルカードのページに行き、発行するだけです。
もちろん無料です。

これだけで、即バーチャルカードを発行できます。
めちゃくちゃ簡単です(笑)。

いつでも再発行(番号変更)や利用停止も可能です。

また、バーチャルカードの利用額も設定できるので、
0円にしておけば絶対に使われることが無いので、さらに安心です。

バーチャルカードのメリット

バーチャルカードのメリットは、
インターネット決済がより安全になることです。

バーチャルカードの番号は、本体のエポスカードとは番号が違います。

仮にバーチャルカード情報が漏れてしまっても、
本体のエポスカードの番号は漏れません。
この場合は、バーチャルカードを再発行して番号を変更すれば良いだけです。

なので、インターネット上で使うカードをバーチャルカードにしておけば、
情報漏洩などを心配する必要が無いので、安心してネットでの買物ができます。

バーチャルカードのデメリット

バーチャルカードのデメリットは以下になりますが、
それほど問題にはならないと思います。

  • ネットでしか使えない
  • 1回払いのみ可能

元々インターネットの決済を安全にするためのカードなので、
ネットでしか使えないのは仕様です。

支払いは1回払いしかできませんが、
基本は1回払いになると思うので、これも問題ないと思います。

バーチャルカードのまとめ

バーチャルカードは、
インターネット決済を安全にするためのカードです。

ネットでクレジットカード番号を入力したくない人や、
より安全にカード決済をしたい人に、おすすめの機能になります。


関連記事一覧

サブコンテンツ

クレ活一押しの年会費無料&高還元率カード!

「Orico Card THE POINT」(オリコカードザポイント)は、年会費永年無料でポイント還元率は常時1%のカード。

 オリコモール経由でAmazon、楽天、Yahoo!ショッピングの還元率が常時2%になるネットショッピングに強い、メインカードにおすすめのカードです。

クレ活!クレジットカード4コマ

クレ活4コマ003
クレ活4コマ004

このページの先頭へ