エクストリームカードとソラチカカードで最強ANAマイルカードに!

最強のANAカードマイルカード、
つまり最もANAマイルが貯まるカードは、
この「ソラチカカード」と「エクストリームカード」の組み合わせになります。
通常のANAカードがマイル付与率1%なのに対し、
この組み合わせだとマイル付与率1.35%を達成することができるんです。

じゃあ、この2枚を持っておけばOK?と思うかもしれませんが、
普通のルートでポイント交換をしてもダメなんです。

エクストリームカードは、Gポイントが貯まり、
GポイントはANAマイルに直接交換することはできますが、
これだと「30Gポイント=10ANAマイル」になってしまいます。

そこで今回は、どのルートで交換していけば、
最強クラスのANAマイル付与率1.35%でGETできるようになるのか、
その裏ワザとも言うべき方法を伝えします。

準備編

まずは、以下の2枚のクレジットカードを作ります。

  • エクストリームカード
  • ANA To Me CARD PASMO JCB(ソラチカカード)

メインで使っていくカードは、エクストリームカードになります。

ANAマイル付与率1.35%でANAマイルに交換する方法

エクストリームカードとソラチカカードを併用し、
以下手順を踏むことで、
ANAマイル付与率1.35%でANAマイルに変換することができます。

  1. エクストリームポイントを2,000ポイント貯める(1,000円ごとに10ポイント)
  2. エクストリームポイントをGポイントに交換(2,000 → 3,000)
  3. Gポイントをメトロポイントに交換(3,000 → 3,000)
  4. メトロポイントをANAマイルに交換(3,000 → 2,700)

それぞれ見ていきます。

1.エクストリームポイントを2,000ポイント貯める

まずはエクストリームポイントを貯めます。

ここは特別な事はなく、通常通り1,000円ごとに10ポイントずつ貯めていきます。
20万の利用で、2,000ポイント貯めることができます。

2.エクストリームポイントをGポイントに交換

ここも普通です。

エクストリームポイントを、通常通りGポイントに交換します。
通常時のレートは、2,000エクストリームポイントで3,000Gポイントに交換できます。

3.Gポイントをメトロポイントに交換

ここからが裏ワザの手順になります。

Gポイントをメトロポイントに交換します。
「3,000Gポイント=3,000メトロポイント」で交換できます。

交換するためには、メトロ会員である必要があります。
ソラチカカードを持っている=メトロ会員なので、
メトロ会員のID番号が割り振られていると思います。

4.メトロポイントをANAマイルに交換

そして最後に、メトロポイントをANAマイルに交換します。

これもソラチカカードを持っていれば、普通に交換できます。

交換時には0.9倍されるので、
「3,000メトロポイント=2,700ANAマイル」となります。

以上で完了です。
ソラチカカードを使って、うまくポイントを迂回することで、
1.35%ものANAマイル付与率を得られます。

本当に1.35%でANAマイルをもらえたのか計算してみる

念のため、本当にANAマイルが1.35%で付与されたのか、計算してみます。

20万円のカード利用で貯まった2,000エクストリームポイントは、
最終的には2,700ANAマイルとなりました。

これを計算してみると、

2700 ÷ 20万 × 100 = 1.35%

となり、ANAマイル付与率は1.35%になることがわかります。

ちなみに、このANAマイルを円換算して、還元率を出してみます。
1マイル1円だと、1.35%
1マイル1.5円だと、2.03%
1マイル2円だと、2.7%
にもなります!

ANAマイルを貯める最強クラスの方法となります。

ANAマイルを貯めようと思っている人は、
是非検討してみてください!

ソラチカカードを使うパターン

普段はエクストリームカードをメインカードとして使っていくので、
ソラチカカード自体を使う機会は少ないです。

そのため、ソラチカカードは5マイルコースとし、
基本は家に置いておけば大丈夫です。

ソラチカカードを使うとしたら、以下になると思います。

  • フライト搭乗時
  • ANAカードマイルプラス
  • 機内販売割引
  • 東京メトロ

フライト搭乗時は、フライトボーナスマイルがあるので、
フライト時には持っていく方がいいです。

「ANAカードマイルプラス」対象店や、機内販売では、
ソラチカカードを使った方が得にはなりますが、
エクストリームカードと微差なので、どちらでもいいとは思います。

東京メトロをPASMOの定期区間外で使う場合は、
乗車ポイントとしてメトロポイントが貯まります。
メトロを定期以外で使う人は持っていると良いです。

デメリット

デメリットもきちんと確認しておきます。

デメリットは、ポイントをかなり経由するので、その手間がかかってしまいます。

ただ、そこまで頻度の高いものでも無いし、
ANAマイルが高還元率で交換できるので、
これくらいは我慢しましょう(笑)。

あとは、翌年度以降は年会費がかかるくらいです。
エクストリームカードは、年間30万未満なら3,000円+税がかかってしまいます。
ソラチカカードは、2,000円+税がかかります。

エクストリームカードはメインカードとして使うと思うので、
おそらく年間30万はクリアできると思います。

なので、実際にかかる年会費はソラチカカードの2,000円+税だけになります。
ソラチカカードは年会費無料にはなりませんが、
毎年継続ボーナスとしてANAマイルを1,000ポイントもらえます。
そのため、年会費はこれだけでもほぼ元が取れていると言えます。
また、他のANAカードの年会費と比べると安い方です。

つまり、年会費や手数料的なデメリットは実質なしと言えます。
ポイント交換時に時間がかかるというのがデメリットになります。

実質年会費・手数料が無料で、ANAマイル付与率最強なので、
エクストリームカードとソラチカカードの組み合わせは本当におすすめです!!

まとめ

エクストリームカードとソラチカカードの組み合わせは、最強ANAマイルカードになる!

ANAマイル付与率1.35%になる、具体的なポイント交換手順はこちらです。

  1. エクストリームポイントを2,000ポイント貯める(1,000円ごとに10ポイント)
  2. エクストリームポイントをGポイントに交換(2,000 → 3,000)
  3. Gポイントをメトロポイントに交換(3,000 → 3,000)
  4. メトロポイントをANAマイルに交換(3,000 → 2,700)

ソラチカカード、エクストリームカードの詳細は、以下も参考になると思います。
ANA To Me CARD PASMO JCB(ソラチカカード)の比較・まとめ
Extreme Card(エクストリームカード)の比較・まとめ

最強ANAマイルカードを手に入れたい人は、今すぐに申し込みましょう!
ソラチカカードの公式サイト
エクストリームカードの公式サイト


関連記事一覧

サブコンテンツ

クレ活一押しの年会費無料&高還元率カード!

「Orico Card THE POINT」(オリコカードザポイント)は、年会費永年無料でポイント還元率は常時1%のカード。

 オリコモール経由でAmazon、楽天、Yahoo!ショッピングの還元率が常時2%になるネットショッピングに強い、メインカードにおすすめのカードです。

クレ活!クレジットカード4コマ

クレ活4コマ003
クレ活4コマ004

このページの先頭へ