Jデポジット(Jデポ)とは?

Jデポジット(Jデポ)とは?

REXカードのJデポの写真
Jデポとは、翌月以降のクレジットカードの請求から、対象金額を割引できるシステムです。
簡単に言えば、Jデポ=現金値引き、です。
使ったクレジットカードの金額から引けるので、キャッシュバックとほぼ同等で無駄がありません。

クレ活的には、ポイントで交換できる物の中で、
最も有用だと思うのがこういった現金値引きです。
絶対に無駄にならないし、100%メリットになります。
何かの商品だと還元率が悪くなるし、
マイルに変える場合だと、トータルの支出が結局増える場合もあります。
お金、という面で考えると、やっぱり現金値引きは最強だと思います。

Jデポはジャックスが運営しているので、ジャックス系のクレジットカードに限ります。
クレジットカードで貯まったポイントをJデポに交換できます。
クレカ使う → ポイント貯まる → ポイントをJデポに交換 → 次回の請求から現金値引き
という流れになります。

例えば、今月ポイントをJデポ5,000円分に交換したとします。
すると、翌月以降にこの金額を使えば、それが引かれるようになります。
翌月に30,000円使ったとすれば、そこから5,000円引かれ、25,000円の請求になります。

Jデポは、引かれた金額にもポイントが付く!!

実はあまり知られていませんが、Jデポの隠れたメリットとして
Jデポで引かれた金額にもポイントが付きます

何度もジャックスに電話して確認したので間違いありません。

どういうことなのか、例で説明します。

例えば、楽天ポイントとJデポで比較してみます。
毎月5万円使うとし、ポイント5,000円分貯まったとします。
そして、翌月は貯まったポイントを使うことにしました。

楽天ポイントの場合だと
ポイントを使わない月だと、使った5万円に対してポイントが付いてきます。
ポイントを使う月だと、5万円-5,000円=45,000円になり、ポイントは45,000円に対して付きます。
つまり、ポイントで引いた分には、ポイントが付きません。

一方Jデポの場合だと、
ポイントを使わない月だと、使った5万円に対してポイントが付いてきます。
ポイントを使う月だと、5万円-5,000円=45,000円になりますが、ポイントは50,000円に対して付きます。

何故、こういう差が出るかというと、
楽天ポイントのような場合だと、商品代金自体に対して値引きされるので、
上の例だと45,000円分をクレジットカードで使ったことになります。

Jデポの場合だと、5万円使った事実はそのままで、そこから後日値引きされます。
なので、5万円に対してポイントが付きます。

細かいところですが、
こういう点を考慮すると、ポイントを使うようになってからは
Jデポの方が若干ですがさらに還元率が得になることになります。

Jデポの注意事項

注意したいのが、一応Jデポには有効期限があることです。
有効期限は、3ヵ月になっています。

この3ヶ月間に、一切クレジットカードを使わなかった場合、
Jデポは消滅してしまいます。

あと、Jデポで現金値引きできない物もあります。

  • 年会費
  • キャッシング

これらに関しては、
メインカードで使っていれば、
通常は固定費などをクレジットカードで支払っていると思うので、
Jデポを使いそびれることはまず無いと思います。

なので、メインカードにしている人にとっては、全く気にする必要の無い問題です。
むしろ、ポイントをJデポに交換する事を忘れないようにしておきましょう。


関連記事一覧

サブコンテンツ

クレ活一押しの年会費無料&高還元率カード!

「Orico Card THE POINT」(オリコカードザポイント)は、年会費永年無料でポイント還元率は常時1%のカード。

 オリコモール経由でAmazon、楽天、Yahoo!ショッピングの還元率が常時2%になるネットショッピングに強い、メインカードにおすすめのカードです。

クレ活!クレジットカード4コマ

クレ活4コマ003
クレ活4コマ004

このページの先頭へ