JALカードnaviの違いを徹底比較!

学生カードであるJALカードnaviの違いを徹底比較します。

  • JALカードnavi(JCB)
  • JALカードnavi(VISA/マスター)

JALカードnaviはJCBとVISA/マスターがあり、スペックも似ています。
何が違うのかよくわかりにくいと思うので、
JALカードnaviを各項目ごとに比較し、その違いをまとめています。

どちらのJALカードnaviを選ぶか迷っている人は、参考にしてみてください。

JALマイル付与率の違いを比較

JALカードnaviのマイル付与率は、以下のようになります。
JALショッピングマイルプレミアムは、
どのカードも無料なので加入しておきましょう。

カード名 マイル付与率 マイル付与率
JALショッピングマイルプレミアム加入
JALカードnavi(JCB) 0.5% 1%
JALカードnavi(VISA/マスター) 0.5% 1%

どちらのJALカードnaviも同じJALマイル付与率になります。
ここでは違いはありません。

電子マネー対応の違いを比較

JALカードnaviの電子マネー対応は、以下のようになります。

カード名 楽天Edy nanaco モバイルSuica SMART ICOCA WAON PASMO QUICPay
JALカードnavi(JCB) × ×
JALカードnavi(VISA/マスター) × × ×

○・・・チャージ可、ポイント満額付与
△・・・チャージ可、ポイント付与対象外
×・・・チャージ不可

電子マネーを使う場合は、
JALカードnavi(JCB)の方が使い勝手が良くなっています。

年会費の違いを比較

JALカードnaviの年会費は、学生カードになるので在学中は無料です。

家族カードはありません。

ETCカードは違いが出ています。

カード名 ETCカード年会費 発行手数料
JALカードnavi(JCB) 無料 無料
JALカードnavi(VISA/マスター) 無料 1,000円+税

ETCカードの年会費は両方とも無料になりますが、
JALカードnavi(VISA/マスター)は、新規発行手数料がかかってしまいます。

JALマイルボーナスの違いを比較

JALカードnaviの入会時ボーナス、毎年継続ボーナス、フライトボーナスは、
以下のようになります。

カード名 入会初回搭乗ボーナス 毎年初回搭乗ボーナス フライトボーナス
JALカードnavi(JCB) 1,000マイル 1,000マイル 10%
JALカードnavi(VISA/マスター) 1,000マイル 1,000マイル 10%

JALカードnaviのボーナスは、全て同じです。

付帯保険の違いを比較

JALカードnaviの付帯保険は、以下のようになります。

JCB VISA/Master
海外旅行傷害保険 付帯条件 自動付帯
死亡・後遺障害 1,000万
障害治療 50万円
疾病治療 50万円
救援者費用 100万
賠償費用 2,000万
携行品損害 15万
家族特約 なし
国内旅行傷害保険 付帯条件 自動付帯
死亡・後遺障害
1,000万
入院費用 なし
手術費用 なし
通院費用 なし
家族特約 なし
ショッピング保険 年間保証限度額
[自己負担額]
100万円
[10,000円]
※海外、支払い名人定額コースのみ
なし
補償期間 90日間

JALカードnavi(JCB)にはショッピング保険が付帯しています。
それ以外の違いはありません。

その他特記事項

その他特記事項は、以下になります。

カード名 特記事項
JALカードnavi
(JCB)
・JCBプラザ(世界60ヵ所に設置された海外サービス窓口)が利用可能
JALカードnavi
(VISA/マスター)
・国際線手荷物宅配優待サービス(VISAのみ)

JALカードnavi(JCB)ではJCBプラザが利用可能、
JALカードnavi(VISA)では国際線手荷物宅配優待サービスが利用可能です。

どちらのサービスが良いかはどっちもどっちで、
人によるとしか言えません。
どちらでもそこまで影響はないので、重要視しなくても良いと思います。

JALカードnaviの選び方まとめ

以上の違いを見ていくと、
電子マネーとショッピング保険で差が付いているので、
データ上では若干JALカードnavi(JCB)の方が有利です。

電子マネーQUICPAYをどうしても使いたかったり、
海外で高級な物を買う予定のある人は、JALカードnavi(JCB)で良いと思います。

しかし、そうでない人はどちらのカードでも問題ありませんので、
結局は国際ブランドで選ぶのが良いことになります。
VISA、MasterCard、JCB、これらの内、使いやすいと思うものを選べば良いわけです。

ただ、VISAとMasterCardを比べると、
VISAには「国際線手荷物宅配優待サービス」があるので、
VISAかMasterCardかという選択ならVISAを選んだ方が良いです。

つまりまとめると、、

QUICPAY、ショッピング保険が欲しかったり、
JCBを使うなら「JALカード navi(JCB)の比較・まとめ

VISAを使うなら「JALカード navi(VISA/マスター)の比較・まとめ

を選べば大丈夫です。


関連記事一覧

サブコンテンツ

クレ活一押しの年会費無料&高還元率カード!

「Orico Card THE POINT」(オリコカードザポイント)は、年会費永年無料でポイント還元率は常時1%のカード。

 オリコモール経由でAmazon、楽天、Yahoo!ショッピングの還元率が常時2%になるネットショッピングに強い、メインカードにおすすめのカードです。

クレ活!クレジットカード4コマ

クレ活4コマ003
クレ活4コマ004

このページの先頭へ