JCBオリジナルシリーズ各カードの違いを徹底比較!

JCBオリジナルシリーズの各JCBカードを徹底比較します。

  • JCB一般カード
  • JCB CARD EXTAGE
  • JCB GOLD EXTAGE
  • JCBゴールドカード

JCBのオリジナルシリーズのカードは意外と少なく4枚のみとなっています。
ここでは、各項目ごとに比較し、その違いをまとめています。

JCBカードのどのカードがよいか迷っている人は、
このページを読み終わる頃には、
どちらのカードに申し込むか決められると思います。

申し込み条件の違いを比較

JCBカードは、申し込みに制限があるカードがあるので、
まずは確認しておきます。

カード名 申し込み条件
JCB一般カード 満18歳以上
JCB CARD EXTAGE 満18歳以上29歳以下
JCB GOLD EXTAGE 満20歳以上29歳以下
JCBゴールドカード 満20歳以上

EXTAGEと名前の付くカードは、
29歳以下限定のカードとなっています。

それ以外は普通の条件になっています。

グレード(ランク)の違いを比較

JCBカードのグレードは、以下のようになります。

カード名 グレード
JCB一般カード 一般カード
JCB CARD EXTAGE 一般カード
JCB GOLD EXTAGE ゴールドカード
JCBゴールドカード ゴールドカード

ゴールドカードには、ゴールドと名前が入っているので
わかりやすいと思います。

還元率の違いを比較

JCBカードの還元率は、以下のようになります。

カード名 還元率 ボーナス
JCB一般カード 0.5~0.75% JCBスターメンバーズ
JCB CARD EXTAGE 0.5~0.75% EXTAGEボーナス
JCB GOLD EXTAGE 0.5~0.75% EXTAGEボーナス
JCBゴールドカード 0.5~0.8% JCBスターメンバーズ

どのカードも基本的に還元率は同じです。
ボーナスポイントによって幅が違ってきます。

ただ、「EXTAGE」系カードとそれ以外とではボーナスポイントの内容が違います。

JCBスターメンバーズのJCB一般カードとJCBゴールドカードは、
年間利用額によってステージが決定し、還元率がアップします。
年間利用額50万以上で0.6%、年間利用額100万以上で0.75%、
ゴールドカードの場合はさらに年間利用額300万以上で0.8%となります。

EXTAGEボーナスのJCB CARD EXTAGEとJCB GOLD EXTAGEは、
入会後3ヶ月は還元率1.5%になります。
また、初年度は還元率0.75%です。
翌年度以降は年間利用額20万以上なら0.75%となります。

EXTAGE系カードの方が、簡単に還元率アップ条件を達成できます。

年会費の違いを比較

JCBカードの年会費は、以下のようになります。

表の年会費はすべて税抜きです。
なお、本会員の初年度ははすべて無料です。

カード名 本会員年会費 家族カード年会費
JCB一般カード 1,250円
(年間利用額50万以上で無料)
400円
(本会員が無料なら無料)
JCB CARD EXTAGE 無料 無料
JCB GOLD EXTAGE 3,000円 1,000円
JCBゴールドカード 10,000円 1,000円

全体的にEXTAGE系カードは年会費が安くなっています。

JCB一般カードのみ年会費が無料になる条件があります。
MyJチェックに登録し、12月16日~翌年12月15日までの年間利用額が50万円以上なら翌年度は年会費無料です。

JCB CARD EXTAGEは、年会費永年無料です。

ETCカードの年会費は全てのカードで共通で、無料です。

付帯保険の違いを比較

JCBカードの付帯保険は、以下のようになります。

JCB一般 CARD EXTAGE GOLD EXTAGE ゴールド
海外旅行傷害保険 付帯条件 利用付帯 自動付帯+
利用付帯
死亡・後遺障害
(自動付帯)
なし 5,000万
死亡・後遺障害
(利用付帯)
3,000万 2,000万 5,000万 1億円
障害治療 100万 100万 200万 300万
疾病治療 100万 100万 200万 300万
救援者費用 100万 100万 200万 400万
賠償費用 2,000万 2,500万 3,000万 1億
携行品損害 20万 20万 50万 50万
家族特約 なし あり
国内旅行傷害保険 付帯条件 利用付帯 なし 利用付帯 自動付帯
死亡・後遺障害 3,000万円 5,000万円 5,000万円
入院費用 5,000円/日 5,000円/日 5,000円/日
手術費用 20万円 20万円 20万円
通院費用 2,000円/日 2,000円/日 2,000円/日
家族特約 なし なし なし
ショッピング保険 年間保証限度額
[自己負担額]
100万円
[10,000円]
※海外、支払い名人定額コースのみ
200万円
[3,000円]
500万円
[3,000円]
補償期間 90日間

JCBゴールドカードの保険が厚いのは当たり前ですが、
JCB一般カードの保険も厚いのはすごいです。

大きな違いは、JCBゴールドカードになると自動付帯になり、
家族特約が付帯します。

それ以外は、補償額の違いのみとなります。

その他サービス

JCB GOLD EXTAGE、JCBゴールドカードは、
空港ラウンジや、ドクターダイレクト24等の
旅行や健康の各種サービスが付帯します。

JCBカードの選び方まとめ

JCBカードは4種類ありますが、明確に絞り込むことができます

まず、ゴールド系のサービスが必要かどうかです。
年会費を払ってまで欲しいサービスがあるかどうか、確認してください。

一般カードとゴールドカードか、どちらかが決まったら、
EXTAGEに申し込む資格(29歳以下)があるか確認します。

もし、30歳以上ならJCB一般カードかJCBゴールドカードのどちらかで決まりです。
29歳以下ならEXTAGEカードの方が基本的にはお得です。

ただ、EXTAGEカードには注意点があります。
カードを持ってから5年後には、別のJCBカードに自動で切り替わります。

JCB CARD EXTAGEはJCB一般カードに、
JCB GOLD EXTAGEはJCBゴールドカードに切り替わります。
切り替わる前に退会すると、解約手数料がかかってしまいます。

なので、このあたりを考慮して、
EXTAGEカードにするかどうか決めてみてください。

これで、4種類のどのJCBカードがベストなのか見えてくると思います。
自分に合うJCBカードが見つかったら、
こちらの公式サイトから申し込めばOKです。


関連記事一覧

サブコンテンツ

クレ活一押しの年会費無料&高還元率カード!

「Orico Card THE POINT」(オリコカードザポイント)は、年会費永年無料でポイント還元率は常時1%のカード。

 オリコモール経由でAmazon、楽天、Yahoo!ショッピングの還元率が常時2%になるネットショッピングに強い、メインカードにおすすめのカードです。

クレ活!クレジットカード4コマ

クレ活4コマ003
クレ活4コマ004

このページの先頭へ