漢方スタイルクラブカードとリクルートカードプラスの比較!どっちが得?

漢方スタイルクラブカードのサンプル画像

リクルートカードプラスのサンプル画像

漢方スタイルクラブカードとリクルートカードプラス、
どちらも高還元カードですが、一体どちらが得なんでしょうか?

このページでは色々な角度から違いを徹底的に比較していきます。
どちらのカードが迷っている人は、
このページを読んでもらえば決められると思います。

国際ブランドの違い

漢方スタイルクラブカードは、JCBとVISAが選択可能です。
リクルートカードプラスは、JCBのみとなります。

たまにJCBに対応していない店もあるので、
VISAが使える漢方スタイルクラブカードの方が有利です。
自分がよく使うお店がJCBに対応しているか確認しておきましょう。

JCBが普通に使えそうなら特にデメリットにはなりません。

カード独自のポイントアップ

漢方スタイルクラブカードは、
薬日本堂商品券交換で3%の還元率になります。

リクルートカードプラスは、
リクルートのサービス利用でだいたい2~3%の還元率が加算されます。(最大で+10%)

正直、薬日本堂は使うことは無いと思います。
リクルートのサービスは、様々な物があるので使う機会は多いと思います。

リクルートのサービスをたくさん使う人は、かなり還元率が上がるので、
リクルートカードプラスの方が有利になります。

ポイント交換先の違い

漢方スタイルクラブカードは、Jデポへの交換になります。
リクルートカードプラスは、Pontaへの交換になります。

Jデポは、クレジットカードで使った金額から値引きできるので、
誰でも絶対に使うことができます。

Pontaは、様々なお店で使えます。
ただ、使えるお店が無い場合や、
リクルートのサービスを使わない人にとっては、使いにくいかもしれません。

ポイント交換先の汎用性を比べてみると、
漢方スタイルクラブカードのJデポの方が使いやすいですが、
Pontaもそこそこ汎用性があります。

もし、Pontaを普段使っていないという人は、
最も得するリクルートポイントの使い道
こちらも参考にしてみてください。

ちなみに、Pontaはカード解約をしたり、
下位のリクルートカードに変更してもポイントは失われません。
PontaはリクルートIDに紐付いているからです。

ANAマイル交換レートの違い

漢方スタイルクラブカードは、
300ポイント(1,500円分)を900マイルに交換できます。

リクルートカードプラスは、ANAマイルに交換できません。

ポイント貯まり具合の違い

漢方スタイルクラブカードは、2,000円ごとに6ポイント貯まります。
リクルートカードプラスは、100円ごとに2ポイント貯まります。
これらは、毎月の利用額に対して適用されます。

リクルートカードプラスは、
かなり細かい単位でポイント換算されるので非常に有利です。
無駄になるポイントがほとんどありません。

ポイントの有効期限の違い

漢方スタイルクラブカードのポイント有効期限は2年です。
リクルートカードプラスのポイント有効期限は1年です。

一見、リクルートカードプラスの方が短いのですが、
ポイントが付いた月から1年間が有効期限になるので、
毎月カードを使っていれば有効期限は実質無期限になります。

リクルートカードプラスの方が実質無期限なので有利ですが、
漢方スタイルクラブカードの2年間でも十分なので、
有効期限の差はそこまで気にしなくても良いと思います。

還元率がアップするポイントモールの違い

漢方スタイルクラブカードにはJACCSモールがあり、
モールを経由することで還元率をアップできます。

リクルートカードプラスには、
このような経由することで還元率が上がるポイントモールはありません。
その代わり、リクルートのサービスを使えば還元率が大幅アップします。

リクルートのサービスをよく使う人ならリウルートカードプラス、
あまり使わないなら漢方スタイルクラブカードの方が有利です。

どちらも同じくらい使うのなら、
還元率のアップ幅が大きいリクルートカードプラスの方が有利です。

電子マネーチャージの違い

リクルートカードプラスの方がどちらかというと有利です。

漢方スタイルクラブカードは、nanacoチャージの還元率が0.25%、
リクルートカードプラスは、nanacoチャージでも満額付与(還元率2%)です。

ただ、SMART ICOCAチャージでは、
漢方スタイルクラブカードは
SMART ICOCAチャージでもポイントが満額付与になりますが、
リクルートカードプラスは、
SMART ICOCAチャージでポイントが付きません。

リクルートカードプラスは、QUICPayを付けることができます。
漢方スタイルクラブカードにはありません。
これ以外は、同じです。

nanacoチャージの良いリクルートカードプラスの方が有利だとは思いますが、
使う電子マネーにもよります。

年間利用額別の還元額の違い

還元額が決まる要素の内、違いは以下になります。

  • 漢方の還元率は1.5%、リクルートプラスの還元率は2%
  • 漢方の年会費は1,500円+税、リクルートプラスの年会費は2,000円+税
  • 漢方の家族年会費は400円+税、リクルートプラスの家族年会費は1,000円+税
  • 漢方の年会費は初年度無料、リクルートプラスは初年度も有料
  • 漢方は、年間利用額ごとにボーナスポイントがもらえる。
    58万以上で250ポイント(1,250円分)、100万以上で350ポイント(1,750円分)

これらを考慮して、掛かる費用を表にすると以下のようになります。(税抜き)
(漢方の年間100万以上がプラスになっているのは、得しているという意味です)

家族カード含まない場合
年間利用額 漢方でかかる費用 リクルートプラスでかかる費用
0円以上~58万円未満 -1,500円 -2,000円
58円万以上~100万円未満 -250円 -2,000円
100万円以上 +250円 -2,000円
家族カード含む場合
年間利用額 漢方でかかる費用 リクルートプラスでかかる費用
0円以上~58万円未満 -1,900円 -3,000円
58円万以上~100万円未満 -650円 -3,000円
100万円以上 -150円 -3,000円

これら年会費と還元率をすべて含んだグラフは以下になります。
漢方 vs リクルートプラス の還元額のグラフ(家族カード無し)
漢方 vs リクルートプラス の還元額のグラフ(家族カード有り)
グラフを見ると、
リクルートカードプラスの圧勝です。

付帯保険の違い

付帯保険の違いは、以下の表になります。

漢方 リクルートプラス
海外旅行傷害保険 付帯条件 自動付帯
死亡・後遺障害 最高2,000万円 最高3,000万円
障害治療 最高200万円 最高100万円
疾病治療 最高200万円 最高100万円
救援者費用 最高200万円 最高100万円
賠償費用 最高2,000万円
携行品損害
[自己負担額]
最高20万円
[3,000円]
家族特約 なし
国内旅行傷害保険 付帯条件 利用付帯 自動付帯
死亡・後遺障害 最高2,000万円 最高3,000万円
入院費用 5,000円/日 なし
手術費用 5~20万円 なし
通院費用 3,000円/日 なし
家族特約 なし
ショッピング保険 年間保証限度額
[自己負担額]
最高200万円
[3,000円]
補償期間 90日間

海外・国内旅行傷害保険だけで言えば、
リクルートカードプラスの方が一見充実していますが、
最も重要な傷害治療・疾病治療補償額が100万と低いです。
(サブカードで補うなら問題なし)

ショッピング保険は、リクルートカードプラスのみ付帯しています。

総合的に見れば、ショッピング保険もあるリクルートカードプラスの方が優れています

まとめ

数字だけで言えば、リクルートカードプラスの方が圧倒的にお得です。
やはり、一番重要になるのがPontaの使い道になってくると思います。

カードを選ぶ大きな決め手としては、以下になると思います。

  • VISAがいいなら、漢方
  • リクルートサービスを使うなら、リクルートカードプラス
  • リクルートサービスを使わないなら、漢方
  • nanacoチャージを使うなら、リクルートカードプラス

現在リクルートサービス使っていないから漢方かな、と思った人は、
念のため、「最も得するリクルートポイントの使い道
を確認してみてください。
Pontaを使わない人でもお得に使える方法を書いています。

もし、このページを見てもPonta使わなそう、と思ったら、
自信を持って漢方スタイルクラブカードを選んでもらって大丈夫です。

漢方スタイルクラブカードはこちらから申し込めます。
リクルートカードプラスはこちらから申し込めます。


関連記事一覧

サブコンテンツ

クレ活一押しの年会費無料&高還元率カード!

「Orico Card THE POINT」(オリコカードザポイント)は、年会費永年無料でポイント還元率は常時1%のカード。

 オリコモール経由でAmazon、楽天、Yahoo!ショッピングの還元率が常時2%になるネットショッピングに強い、メインカードにおすすめのカードです。

クレ活!クレジットカード4コマ

クレ活4コマ003
クレ活4コマ004

このページの先頭へ