三井住友トラストVISAカード一覧

三井住友トラスト・カード株式会社が発行するクレジットカード一覧です。

まず最初に、三井住友VISAカードと何が違うの?と思うんじゃないでしょうか?

実は、三井住友VISAカードと三井住友トラストカードは、
同じVJAグループに属しています。
VJAグループとは、日本にあるVISAのグループのことです。

そのため、ポイントプログラムや付帯サービス等、かなりの部分が似ています。
違うのは発行会社と、細かな部分が違ってくるだけになります。

一言で言えば、兄弟のような関係だと思ってください(笑)。

しかし、同じグループでスペックが似ているカードでも、
ネームバリューの差は結構あります。
三井住友VISAカードを知っている人は多いですが、
三井住友トラストカードを知っている人はあまりいないと思います。

また、スペックの差でも三井住友VISAカードの方がお得なんです。
三井住友VISAカードはマイ・ペイすリボ登録により年会費が割引になりますが、
三井住友トラストカードには年会費割引がありません。
入会特典も三井住友トラストカードにはありません(泣)。

なので、正直言うと三井住友トラストカードはおすすめできません
このカードを選ぶのなら、素直に三井住友VISAカードを選んだ方がいいと思います。

その証拠に、ざっとこのページの一覧(特に年会費)を見てから、
ここの「三井住友VISAカード一覧」を見ると、違いがよくわかると思います。

三井住友トラストVISAカード

三井住友トラストVISAカードのサンプル画像
  • 信頼できる三井住友信託銀行グループのカード
  • 高セキュリティと高品質サポート
  • 初年度は年会費無料
  • ショッピング保険付帯
還元率 0.5~0.65%
リボ手数料発生時:1~1.15%
国際ブランド VISA
ポイント ワールドプレゼント
年会費 本人 1,250円+税(初年度無料)
家族 400円+税(初年度無料)
ETC 500円+税(初年度無料、年1回以上利用で翌年度無料)
付帯保険 海外旅行 最高2,000万円(利用付帯)
国内旅行 なし
ショッピング 最高100万円(海外、リボ払い、分割払いのみ)

三井住友トラストVISAゴールドカード

三井住友トラストVISAゴールドカードのサンプル画像
  • 信頼できる三井住友信託銀行グループのカード
  • 高セキュリティと高品質サポート
  • 家族特約付きの充実した付帯保険
  • 空港ラウンジサービス付帯
還元率 0.5~0.8%
リボ手数料発生時:1~1.3%
国際ブランド VISA
ポイント ワールドプレゼント
年会費 本人 10,000円+税(初年度2,500円+税)
家族 1,000円+税(1人目無料)
ETC 500円+税(初年度無料、年1回以上利用で翌年度無料)
付帯保険 海外旅行 最高5,000万円(自動付帯+利用付帯)
国内旅行 最高5,000万円(自動付帯+利用付帯)
ショッピング 最高500万円

関連記事一覧

サブコンテンツ

クレ活一押しの年会費無料&高還元率カード!

「Orico Card THE POINT」(オリコカードザポイント)は、年会費永年無料でポイント還元率は常時1%のカード。

 オリコモール経由でAmazon、楽天、Yahoo!ショッピングの還元率が常時2%になるネットショッピングに強い、メインカードにおすすめのカードです。

クレ活!クレジットカード4コマ

クレ活4コマ003
クレ活4コマ004

このページの先頭へ