各三井住友VISAカードの違いを徹底比較!

以下の三井住友VISAカードを徹底比較します。

  • 三井住友VISAデビュープラスカード
  • 三井住友VISAクラシックカード
  • 三井住友VISAクラシックカードA
  • 三井住友VISAアミティエカード
  • 三井住友VISAエブリプラス
  • 三井住友VISAエグゼクティブカード
  • 三井住友VISAプライムゴールドカード
  • 三井住友VISAゴールドカード

三井住友VISAカードは種類が多く、
名前も似ているカードが多いため、区別が付きにくいです。

ここでは、各項目ごとに比較し、その違いをまとめています。

三井住友VISAカードのどのカードがよいか迷っている人は、
このページを読み終わる頃には、
どちらのカードに申し込むか決められると思います。

申し込み条件の違いを比較

三井住友VISAカードは、申し込みに制限があるカードがあるので、
まずは確認しておきます。

カード名 申し込み条件
三井住友VISAデビュープラスカード 満18~25歳
三井住友VISAクラシックカード 満18歳以上
三井住友VISAクラシックカードA 満18歳以上
三井住友VISAアミティエカード 満18歳以上の女性
三井住友VISAエブリプラス 満18歳以上
三井住友VISAエグゼクティブカード 満20歳以上で安定収入有り
三井住友VISAプライムゴールドカード 満20歳以上30歳未満で安定収入有り
三井住友VISAゴールドカード 満30歳以上で安定収入有り

デビュープラスカードは、年齢制限が低く、
最初の1枚目のカードを想定した年齢層になっています。

アミティエカードは、女性限定カードです。

プライムゴールドカードは、20代専用カードです。

それ以外は普通の条件になっています。

グレード(ランク)の違いを比較

三井住友VISAカードのグレードは、以下のようになります。

カード名 グレード
三井住友VISAデビュープラスカード 一般カード
三井住友VISAクラシックカード 一般カード
三井住友VISAクラシックカードA 一般カード
三井住友VISAアミティエカード 一般カード
三井住友VISAエブリプラス 一般カード
三井住友VISAエグゼクティブカード 一般とゴールドの中間
三井住友VISAプライムゴールドカード ゴールドカード
三井住友VISAゴールドカード ゴールドカード

還元率の違いを比較

三井住友VISAカードの還元率は、以下のようになります。

カード名 通常時還元率 リボ払い時還元率
三井住友VISAデビュープラスカード 1~1.15% 1.5~1.65%
三井住友VISAクラシックカード 0.5~0.65% 1~1.15%
三井住友VISAクラシックカードA 0.5~0.65% 1~1.15%
三井住友VISAアミティエカード 0.5~0.65% 1~1.15%
三井住友VISAエブリプラス 0.5~0.65% 1.5~1.65%
三井住友VISAエグゼクティブカード 0.5~0.65% 1~1.15%
三井住友VISAプライムゴールドカード 0.5~0.8% 1~1.3%
三井住友VISAゴールドカード 0.5~0.8% 1~1.3%

デビュープラスカードは、還元率が他の三井住友VISAカードの2倍です。
年齢制限があるカードなので、一番お得な設定になっています。

エブリプラスは、リボ払い時の還元率が他の3倍です。
ただ、リボ手数料発生時のみになります。

プライムゴールドカード、ゴールドカードは、
上の還元率がアップしています。
これはステージ(V1~V3)のボーナスポイントが
一般カードよりも多くもらえるからです。

年会費の違いを比較

三井住友VISAカードの年会費は、以下のようになります。

表の年会費はすべて税抜きです。
なお初年度は、本会員はすべて無料、家族カードの1人目はすべて無料です。

カード名
年会費
本会員 本会員割引後 家族 家族割引後
三井住友VISAデビュープラスカード 1,250円 無料 400円 無料
三井住友VISAクラシックカード 1,250円 無料 400円 無料
三井住友VISAクラシックカードA 1,500円 無料 550円 無料
三井住友VISAアミティエカード 1,250円 無料 400円 無料
三井住友VISAエブリプラス 無料 無料
三井住友VISAエグゼクティブカード 3,000円 1,000円 250円 無料
三井住友VISAプライムゴールドカード 5,000円 1,500円 1,000円
三井住友VISAゴールドカード 10,000円 4,000円 1,000円

デビュープラスカードは、年1回以上の利用で年会費無料になります。

クラシックカード、クラシックカードA、アミティエカードは、
マイ・ペイすリボに登録し、年1回以上の利用で年会費無料になります。

エブリプラスは、リボ専用カードなだけあって年会費永年無料です。

エグゼクティブカード、プライムゴールドカード、ゴールドカードは、
マイ・ペイすリボ登録+WEB明細登録で、年会費が割引になります。

デビュープラスカードの家族カードは、
年1回以上利用で年会費無料になります。

クラシックカード、クラシックカードA、アミティエカード、
エグゼクティブカードの家族カードは、
年3回以上の利用で年会費無料になります。

ETCカードの年会費は全てのカードで共通です。
初年度無料、翌年度以降500円+税ですが、
年1回以上のETCカード利用で無料になります。

付帯保険の違いを比較

三井住友VISAカードの付帯保険は、以下のようになります。

デビュー/エブリプラス クラシック クラシックA/アミティエ エグゼクティブ プライムゴールド/ゴールド
海外旅行傷害保険 付帯条件 なし 利用付帯 自動付帯+利用付帯
死亡・後遺障害
(自動付帯)
300万 500万 1,000万
死亡・後遺障害
(利用付帯)
2,000万 1,700万 2,500万 4,000万
障害治療 50万 100万 100万 300万
疾病治療 50万 100万 100万 300万
救援者費用 100万 150万 150万 500万
賠償費用 2,000万 2,500万 4,000万 5,000万
携行品損害 15万 20万 25万 50万
家族特約 なし あり
国内旅行傷害保険 付帯条件 なし 自動付帯+利用付帯
死亡・後遺障害
(自動付帯)
300万円 500万円 1,000万円
死亡・後遺障害
(利用付帯)
1,700万円 2,500万円 4,000万円
入院費用 なし なし 5,000円/日
手術費用 なし なし 20万円
通院費用 なし なし 2,000円/日
家族特約 なし
ショッピング保険 年間保証限度額
[自己負担額]
100万円
[3,000円]
300万円
[3,000円]
補償期間 90日間

デビュープラスとエブリプラス、
クラシックAとアミティエ、
プライムゴールドとゴールド、
は同じ内容になります。

エグゼクティブカード以上は、海外旅行傷害保険に家族特約が付きます。

それ以外は、グレードが高いほど補償が厚くなっています。

その他サービス

エグゼクティブカード、プライムゴールドカード、ゴールドカードは、
「ドクターコール24」が付帯します。
このサービスは、24時間・365日、年中無休で医師への無料電話相談ができます。

プライムゴールドカード、ゴールドカードは、
空港ラウンジサービスが付帯します。
国内の主要な空港ラウンジが無料で利用できます。

三井住友VISAカードの選び方まとめ

三井住友VISAカードは種類が多いので、どれにするか迷うと思います。

三井住友VISAカードを選ぶには、
まずは一般カード(年会費無料)か、ゴールドカード(年会費有料)かを
決めると選びやすくなります。

その後で、一般カードなら
自分が申し込めるカードを確認しておきます。
デビュープラスやアミティエカードが申し込めるなら、
これらのカードはお得です。

クラシックカードはクラシックカードAに劣るので選ぶ必要はありません。
エブリプラスはリボ専用カードなので、あまりおすすめはできません。

なので実質、
デビュープラス → アミティエ → クラシックカードA
の順に選べば良いと思います。

ゴールドカードなら、
プライムゴールドカードが選べるなら、このカードはお得です。

エグゼクティブカードかその他は、
空港ラウンジサービスが必要かどうかで選べば良いと思います。

三井住友VISAカードのどれが良いか迷っている人は、
このページを読めば決められると思うので、
参考にしてみてください!


関連記事一覧

サブコンテンツ

クレ活一押しの年会費無料&高還元率カード!

「Orico Card THE POINT」(オリコカードザポイント)は、年会費永年無料でポイント還元率は常時1%のカード。

 オリコモール経由でAmazon、楽天、Yahoo!ショッピングの還元率が常時2%になるネットショッピングに強い、メインカードにおすすめのカードです。

クレ活!クレジットカード4コマ

クレ活4コマ003
クレ活4コマ004

このページの先頭へ