オリコカードザポイントとリクルートカードの比較!どっちが得?

Orico Card THE POINTのサンプル画像

リクルートカードのサンプル画像

オリコカードザポイントとリクルートカードプラスの違いを徹底的に比較していきます。
どちらも年会費無料のクレジットカードで、
メインカード候補となる優れたカードです。
すべての項目を比較していくので、
どちらのカードが迷っている人は、このページを読んでもらえば決められると思います。

還元率の違い

通常時の還元率では、
オリコカードザポイントが1%、
リクルートカードが1.2%と、若干リクルートカードがリードしています。

オリコカードザポイントは、入会6ヶ月間は還元率が常時2%になるので、
実質入会後1年くらいは、
オリコカードザポイントの方が還元率は高くなります。

ただ、この還元率差の0.2%はそこまで大きくなく、
年間20万円使っても400円程度しか差がつきません。
そのため、還元率の差よりも、
ポイントの使い勝手や他の項目を重視した方が良いです。

カード独自のポイントアップ

オリコカードザポイントは、各種ネットショップで還元率がアップします。
オリコモールを経由することで、0.5%が必ず加算され、
さらにショップごとに0.5~10%ほどアップします。

例えば、Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングだと、
通常時の還元率1%+モール経由0.5%+ショップ毎のボーナス0.5%=2%
になります。
これら3つのネットショップをすべて常時2%で買い物することができます!

一方でリクルートカードの場合、
リクルートのサービスで使えば還元率がアップします。

このように両者のカードは、住み分けがわかりやすくなっていて、
オリコカードザポイントは汎用的に使う人、
リクルートカードはリクルートのサービスをよく使う人、におすすめです。

年会費の違い

年会費の違いはありません。

両カードともに、
本会員、家族カード、ETCカードと、
すべて年会費無料となっています。

ただ、リクルートカードVISAのETCカードは、
新規発行時に1,000円の手数料がかかります。

国際ブランドの違い

リクルートカードは、VISA、JCB、になりますが、
オリコカードザポイントは、VISA、MasterCard、JCBから選べます。

両カードともにVISAが使えるので、どちらも問題ないと思います。

ポイント交換先の違い

オリコカードザポイントは、以下のような様々なポイントと交換することができます。

  • Amazonギフト券
  • 楽天スーパーポイント
  • Tポイント
  • nanacoギフト券
  • iTunesギフトコード
  • LINEギフトコード

これらは一部なので、まだ色々なものに交換可能です。
さらにポイントはリアルタイムに交換できるので、
すぐにAmazonギフト券が使えるようになります。

リクルートカードは、1ポイント=1円相当で、
リクルートのサービスに使うことができます。
1ポイントから使えるので、リクルートサービスを使う人には非常に便利です。

また、Pontaに1:1交換することが可能です。
ローソンやゲオ等のリアル店舗でも使うことができます。

どちらが有利か、は使う人次第にはなりますが、
オリコカードザポイントの方が汎用的に使えると思います。

ポイントの有効期限の違い

オリコカードザポイントのポイント有効期限は、
ポイント加算月を含めた12ヶ月後の月末になります。
約1年ということになります。

リクルートカードのポイント有効期限は、
ポイント付与月から1年です。

どちらも同じように見えますが、
Pontaはポイント獲得するごとにその月から1年間になるので、
毎月ポイントを獲得していれば、実質無期限になります。

そのため、ポイントの有効期限としては、
リクルートカードの方が優れています

電子マネーチャージの違い

オリコカードザポイントは、モバイルSuicaやSMART ICOCAでポイントが満額付与になります。
また、iD、QUICPayを付けることができます。

リクルートカードは国際ブランドによりますが、
まず、nanaco、モバイルSuicaでポイントが満額付与になります。
VISAであれば、さらに楽天Edy、SMART ICOCAでもポイント満額付与です。
JCBならQUICPayを付けることができます。

リクルートカードの方が対応している電子マネーが多いので有利です。

付帯保険の違い

付帯保険の違いは、以下の表になります。

オリコ リクルート
海外旅行傷害保険 付帯条件 なし 利用付帯
死亡・後遺障害 最高2,000万円
障害治療 最高100万円
疾病治療 最高100万円
救援者費用 最高100万円
賠償費用 最高2,000万円
携行品損害
[自己負担額]
最高20万円
[3,000円]
家族特約 なし
国内旅行傷害保険 付帯条件 なし 利用付帯
死亡・後遺障害 最高1,000万円
入院費用 なし
手術費用 なし
通院費用 なし
家族特約 なし
ショッピング保険 年間保証限度額
[自己負担額]
なし 最高200万円
[3,000円]
補償期間 90日間

オリコカードザポイントには付帯保険はないので、
リクルートカードが完全に有利です。

リクルートカードは一般カードとしては、
付帯保険は充実しています。

ただ、旅行傷害保険に関しては、
別のカードでいくらでも補強できるので、あまり意味は無いと言えます。

まとめ

どちらも優れた年会費無料カードです。
カードを決めるのに考えるのは1点だけで良いと思います。
それは、「リクルートのサービスをよく使うかどうか」です。

リクルートカードで得になるのは、
ほぼリクルートのサービスを使う時になります。
なので、これを使わないのであれば、
そもそもリクルートカードを使うメリットがなくなります。

リクルートのサービスも、他のネットショップも両方使うような場合は、
その比重によってきます。
リクルートのサービスが多ければリクルートカード、
その他のネットショップが多いなら、オリコカードザポイントが良いでしょう。

オリコカードザポイント
Orico Card THE POINT(オリコカードザポイント)の比較・まとめ
リクルートカード
リクルートカード(プラス)の比較・まとめ


関連記事一覧

サブコンテンツ

クレ活一押しの年会費無料&高還元率カード!

「Orico Card THE POINT」(オリコカードザポイント)は、年会費永年無料でポイント還元率は常時1%のカード。

 オリコモール経由でAmazon、楽天、Yahoo!ショッピングの還元率が常時2%になるネットショッピングに強い、メインカードにおすすめのカードです。

クレ活!クレジットカード4コマ

クレ活4コマ003
クレ活4コマ004

このページの先頭へ