オリコカードザポイントとVIASOカードの比較!どっちが得?

Orico Card THE POINTのサンプル画像

VIASOカードのサンプル画像

オリコカードザポイントとVIASOカードの違いを徹底的に比較していきます。
どちらも年会費無料のクレジットカードで、
ネットショッピングに強いカードと言われています。
すべての項目を比較していくので、
どちらのカードが迷っている人は、このページを読んでもらえば決められると思います。

還元率の違い

通常時の還元率は、
オリコカードザポイントが1%、
VIASOカードが0.5%なので、
オリコカードザポイントの方が還元率が高いです。

還元率0.5%だと、今の時代では普段使うメインカードとしてはちょっと弱いです。

カード独自のポイントアップ

オリコカードザポイントは、オリコモールを経由することで還元率がアップします。
VIASOカードでも、VIASO eショップを経由することで還元率がアップします。

つまり、両方ともネットショッピング時にモールを経由することで、
還元率をアップさせることができます。

なので、代表的なネットショッピングのお店で還元率を比較してみましょう。
なお、この表の還元率は、以下をすべて合計したものになっています。
クレジットカード自体の還元率+モール経由による加算分の還元率+お店で元々付くポイント還元率

オリコカードザポイント VIASOカード
Amazon 2% 1%
楽天市場 3% 2.5%
Yahoo!ショッピング 3% 2.5%

代表的なネットショップを比較してみると、
ネットショッピングでもオリコカードザポイントの方が還元率が高いです。

これは、オリコカードザポイントの素の還元率1%と、
VIASOカードの素の還元率0.5%のこの差が出た、と言えます。

もちろん、すべてのネットショップで比較すれば、
VIASOカードが勝つお店もあると思います。
しかし、VIASOカードがオリコカードザポイントに勝つためには、
ポイント加算時にも0.5%多くならなければいけないので、
VIASOカードが勝つケースは少なくなります。

つまり、クレ活的にはネットショッピング用カードとしては、
オリコカードザポイントの方が優れている、という結論になりました。

年会費の違い

どちらのカードも、
本会員、家族カード、ETCカードは、年会費永年無料となっています。

国際ブランドの違い

どちらのカードも、VISA、MasterCardがありますが、
オリコカードザポイントはさらにJCBを選べます。

ポイント交換先の違い

オリコカードザポイントは、以下のような様々なポイントと交換することができます。

  • Amazonギフト券
  • 楽天スーパーポイント
  • Tポイント
  • nanacoギフト券
  • iTunesギフトコード
  • LINEギフトコード

さらにポイントはリアルタイムに交換できるので、欲しい時にすぐ交換できるます。

VIASOカードは、自動キャッシュバック方式です。
これは、1,000ポイント貯まったら自動で自分の口座にキャッシュバックされます。
なので、手動でポイント交換する必要がなく、
勝手に1,000円ずつ振り込まれていくので、非常に楽です。

ポイント交換先については、
汎用性の最も高い現金に、自動で交換されるVIASOカードに軍配があがります。

ポイントの有効期限の違い

ポイントの有効期限は、どちらのカードも1年間になります。

ただ、ポイントを交換できる最低ポイントを考慮すると、
オリコカードザポイントは500ポイント(カード5万円利用)、
VIASOカードは1,000ポイント(カード20万円利用)、
となるので、オリコカードザポイントの方が優れています

電子マネーチャージの違い

オリコカードザポイントは、モバイルSuicaやSMART ICOCAでポイントが満額付与になります。
また、iD、QUICPayを付けることができます。

VIASOカードは、電子マネーチャージでポイントは付きません。

なので、オリコカードザポイントの方が電子マネーでもリードしています。

付帯保険の違い

オリコカードザポイントは、付帯保険は一切ありません。

VIASOカードは、利用付帯ですが海外旅行傷害保険が最高2,000万円、
ショッピング保険が海外利用やリボ・分割払いに限られますが最高100万円、
付帯しています。

なので、VIASOカードの方が優れています

ただ、VIASOカードの付帯保険も、
利用付帯であったり、条件が限定されていたりするので、
カード選びの決め手にはなり得ないと思います。

まとめ

今回の比較をしたことで、ハッキリとした結果が出ました。

オリコカードザポイントとVIASOカードでは、
オリコカードザポイントの方が断然おすすめです。

やはり決め手はポイント還元率です。
通常時の還元率が高いオリコカードザポイントの方があらゆる場面でお得です。
それ以外の項目でも差はあるものの、大きな差にはなりません。

なので、どちらのカードか迷っているのなら、
よりお得なオリコカードザポイントを選んだ方がいいと思います。

オリコカードザポイント
Orico Card THE POINT(オリコカードザポイント)の比較・まとめ
VIASOカード
VIASO(ビアソ)カードの比較・まとめ


関連記事一覧

サブコンテンツ

クレ活一押しの年会費無料&高還元率カード!

「Orico Card THE POINT」(オリコカードザポイント)は、年会費永年無料でポイント還元率は常時1%のカード。

 オリコモール経由でAmazon、楽天、Yahoo!ショッピングの還元率が常時2%になるネットショッピングに強い、メインカードにおすすめのカードです。

クレ活!クレジットカード4コマ

クレ活4コマ003
クレ活4コマ004

このページの先頭へ