P-oneカードは初めて持つ1枚目のカードにも向いている

クレ活では最初の1枚目のカードとして、
P-oneカードもおすすめしています。

その3つの理由と、注意点について説明したいと思います。

P-oneカードを1枚目に検討している人は、
特に見ておいてほしい内容です。

理由1:年会費無料で還元率1%

年会費は無料、還元率は1%と、
メインカードとして使っていけるスペックとなっています。

同じ年会費無料カードの
楽天カードやYahoo! Japan JCBカードも1%であることから、
十分なスペックであることが言えます。

もしここの意味がよくわからなければ、
無料なのにポイントが付きやすいカード、と考えてもらえば大丈夫です。

一応、クレ活の基礎知識ページも見てもらった方がいいかもしれません。
知識が無いまま、カードを使うのはやや危険なので。

理由2:使いやすさ抜群

初心者におすすめの理由は、使いやすさが抜群だからです!

カードで使った分から1%オフになるので、
ポイントの使い忘れなどが絶対に発生しません。

カード初心者だと、ポイント交換を忘れてしまったり、
使い方がわからない場合もあると思います。

P-oneカードは、カードを使うだけで自動で1%オフになるので、
何も意識しなくても勝手に割引してくれます。
クレジットカードを使う自信のない初心者ほどおすすめです。

100%恩恵を受けられるので、失敗の無いカードと言えます。

理由3:カード変更しても損が無い

ほとんどの人は1枚目のクレジットカードを持ち続けず、途中で変えるそうです。

よく考えると当たり前で、初心者のうちからベストなカードは選べないと思います。
また、生活環境が変われば、使うカードも変わる可能性があります。

そのため、特に1枚目のクレジットカードは、
後でカード変更される前提で考えた方が良いです。

そうすると、別のカードに変えた時に、
半端なポイントを捨ててしまうようなことになってしまいます。
このようなロスが無いカードを1枚目に選ぶのもポイントになってきます。

そしてP-oneカードも、ポイントロスの無いカードです。

P-oneカードは、ポイントが付くわけではなく
毎月、1%割引になるカードです。
そのため、いつカード解約をしても、
ポイント等が残ること自体が発生しません。
使ったら使った分だけ、確実に割引されます。

P-oneカードの便利さに慣れると他カードで困るかも

P-oneカードから他のカードに切り替えた場合の注意点です。

他カードは、ポイントを自分で交換申請などしなければいけません。
(当たり前なんですけどね(笑))
ポイント交換を忘れ、ポイント失効にならないように注意してください。

何もしなくても1%オフとなるのは、P-oneカードだけです。
P-oneカードが特別なだけで、
他のカードでは手動でポイント交換が必要なことは覚えておいてください。


関連記事一覧

サブコンテンツ

クレ活一押しの年会費無料&高還元率カード!

「Orico Card THE POINT」(オリコカードザポイント)は、年会費永年無料でポイント還元率は常時1%のカード。

 オリコモール経由でAmazon、楽天、Yahoo!ショッピングの還元率が常時2%になるネットショッピングに強い、メインカードにおすすめのカードです。

クレ活!クレジットカード4コマ

クレ活4コマ003
クレ活4コマ004

このページの先頭へ