Rポイントカード開始!楽天ポイントが街で使えるようになります

ついに、2014年10月1日、Rポイントカードが始まりました。
もしかしたら、今後のポイント業界が変わるかもしれません。

Rポイントカードとは、
楽天の新しい共通ポイントサービスです。
自分の楽天IDとRポイントを紐付けることができるので、
楽天スーパーポイントがネットでもリアル店舗でも使えるようになります。

クレジットカードではなく、ただのポイントカードになります。

クレ活管理人も近いうちに、Rポイントを使いたいと思うので、
Rポイントの作り方や使い方などを調べてまとめてみました!

Rポイントカードの作り方

まずは、Rポイントカードの作り方です。

現在だとRポイントカードは6種類あります。
とはいっても基本は同じで、デザインが違うだけです。

Rポイントカードの種類

  • 楽天GORA一部加盟店
  • サークルK・サンクス
  • ポプラ
  • 出光サービスステーション
  • ミスタードーナツ
  • 楽天Edy

これらのお店にてRポイントカードが配布・販売されているので、
お店に行って入手します。

楽天EdyのRポイントカードだけ少し特殊で、
このカードはEdyが付帯していて、他カードよりも便利です。
ネットからの申し込みになります。

1人3枚まで作れるので、家用、仕事用など、使い分けも可能です。

さらにRポイントカードアプリも

Rポイントカードは、カード型だけじゃありません。
アプリでも使えるんです。

アプリの場合は、アプリ上にバーコードを表示させ、
それをお店に読み取ってもらうことで使えます。

クレ活管理人は近くにRポイントカード作れる場所が無さそうなので、
アプリにすると思います。
ただ、今時点だとアプリのダウンロードが中止になっています(汗)。。

人気すぎて中止になったのか、致命的なバグがあったのかはわかりませんが、
アプリ待ちの人はお待ちください。

ただ、アプリの場合だと使えない店が一部あるようなので、
カード型の方が使える確率は高くなります。

Rポイントカードを使う前に利用登録が必要

Rポイントカードの注意点として、
手に入れたとしてもすぐに使えるわけではないんです。

利用登録が必要になります。

利用登録は、Web上で行う必要があるので、
人によってはRポイントカードを手に入れても、
家に帰ってから登録しないと使えないことになります。

Rポイントカードを作る人は注意してください。

Rポイントカードを使える場所

現在、Rポイントが使えるRポイントカード加盟店は以下になります。
順次拡大されていくので、もっと増えていくはずです。

  • サークルK、サンクス
  • ポプラ
  • 出光サービスステーション
  • 大丸
  • 松坂屋
  • ミスタードーナツ
  • プロント
  • カフェソラーレ
  • パレットプラザ
  • 55ステーション
  • スタジオパレット
  • ミュゼプラチナム
  • 得タク
  • 引越しは日通
  • アリさんマークの引越社
  • 和商市場

正直、現状だと使える場所少ないので今後に期待です。
クレ活管理人としては、牛丼屋あたりで使えると嬉しいです(笑)。

Rポイントカードの紛失に注意!

Rポイントカードのようなカード型として、
楽天スーパーポイントを持ち歩けるようになるのはいいのですが、
紛失にはくれぐれも注意してください!

第三者に使われてしまった場合は、
保険が効くことはなく自己責任になります。
つまり、使われてしまったら、もう取り戻せません。

万が一紛失してしまった場合は、利用の一時停止ができるので、
早めに停止してください。
その後、見つからなかった場合は、カードの削除手続きもできるので、
削除しておきましょう。


関連記事一覧

サブコンテンツ

クレ活一押しの年会費無料&高還元率カード!

「Orico Card THE POINT」(オリコカードザポイント)は、年会費永年無料でポイント還元率は常時1%のカード。

 オリコモール経由でAmazon、楽天、Yahoo!ショッピングの還元率が常時2%になるネットショッピングに強い、メインカードにおすすめのカードです。

クレ活!クレジットカード4コマ

クレ活4コマ003
クレ活4コマ004

このページの先頭へ