リーダーズカードを使うならAmazon限定デポジットを選ぶべし

※2015年12月の改悪により、そもそもリーダーズカードを選ぶべきではなくなりました。そのため、このページに書いてあることは意味がなくなっていますのでご注意ください。また内容も当時の古いままとしています。

リーダーズカードは、使った時にもらえるポイントの交換先が2種類あります。
JデポとAmazon限定デポジットです。
恩恵を多く得るためにも、交換する際に必ずAmazon限定デポジットを選ぶようにしてください!

なぜAmazon限定デポジットの方が良いか説明していきますが、
まずはJデポとAmazon限定デポジットの違いから説明します。

JデポとAmazon限定デポジットの違い

まず、共通点として
リーダーズカードで使った物に対して、現金値引きすることができます。

例えば、10,000円分カードを使い、デポジットが5,000円分あれば
請求金額は、

10,000 - 5,000 = 5,000円

となります。
請求金額からデポジットの金額分、値引きされるのが特徴です。

Jデポは、購入したすべての物に対して現金値引きされます。
一方、Amazon限定デポジットは、Amazonで買った物に対してのみ現金値引きされます。

つまり、Jデポはすべての物に有効なのに対し、
Amazon限定デポジットはAmazonで買った物のみに有効、というのが違いになります。

なぜ、Amazon限定デポジットに交換するのか?

理由は、Amazon限定デポジットを選ばないとリーダーズカードを選ぶ意味が無くなってしまうからです。

というのも、交換先によって還元率が変わるんです。

ポイント交換先 還元率
Amazon限定デポジット 1.8%
Jデポ 1.5%

Amazon限定デポジットの方が還元率が高くなってます。
Jデポにすると還元率が下がってしまうので、別のカードの方がお得になってしまうんです。
次の表を見てください。

クレジットカード ポイント交換先 還元率
リーダーズカード Amazon限定デポジット 1.8%
リーダーズカード Jデポ 1.5%
REXカード Jデポ 1.75%
漢方スタイルクラブカード Jデポ 1.75%

同じジャックスのREXカードと、漢方スタイルクラブカードを追加しました。
Jデポを選ぶのなら、他のジャックスカードを選んだ方がお得なのがわかると思います。

なので、リーダーズカードを選ぶのならAmazon限定デポジットにしないと意味がないんです。
特にREXカードとリーダーズカードは、年会費などの内容もほぼ同じなので、Jデポを選んだリーダーズカードはREXカードの劣化カードに成り下がってしまいます。
クレ活では、リーダーズカードはAmazon限定デポジットを選ぶ前提で書いています。

ただ、これはあくまで最も得をしたい場合に限ります。
どうしてもリーダーズカードのデザインが好きだけどJデポを使いたい、というような場合はJデポに交換していいと思います。


関連記事一覧

サブコンテンツ

クレ活一押しの年会費無料&高還元率カード!

「Orico Card THE POINT」(オリコカードザポイント)は、年会費永年無料でポイント還元率は常時1%のカード。

 オリコモール経由でAmazon、楽天、Yahoo!ショッピングの還元率が常時2%になるネットショッピングに強い、メインカードにおすすめのカードです。

クレ活!クレジットカード4コマ

クレ活4コマ003
クレ活4コマ004

このページの先頭へ