リクルートカード(プラス)の申し込み方法と注意点

すでにリクルートカード(プラス)に申し込もうと決めている人は、
特に注意すべき点があるので、一度読んでもらえればと思います。

このページと申込画面を照らし合わせながら、見てもらえればわかりやすいと思います。
申し込みは10~20分程度かかると思います。
申し込みサイトは、こちらです。

申し込みの流れ

  1. リクルートIDがなければ作成します(無料)。
  2. 申し込みサイトに行きます。
  3. 規約などに同意します。同意してから、次へ進みます。
  4. 自分の個人情報を入力していきます。自分、自宅、勤務先などです。
  5. カードやサービスの設定を入力します。
  6. 支払口座を入力します。
  7. 入力内容の最終確認をします。

以上で申し込みは完了です。
あとは、審査結果を待ちます。

入力内容や申し込む人によっては、
電話での確認が来たり、
身分証コピーの郵送を求められることがあります。

共通する注意点

入力内容が間違っていた場合、それだけで審査に落ちる場合もあります。
なので、間違いが無いかしっかり確認しておきます。

また、入力する情報は嘘を書かないようにしてください。
調べればわかるような嘘はほぼバレると思ってください。

これらを守らないと、下手をすれば信用も下がるかもしれません。
絶対に注意してください!

注意すべき項目

リクルートカードの申し込み時に、注意すべき項目について説明します。

カードの種類選択

リクルートカードの選択になります。
注意する場所ではありませんが、迷うかもしれないので説明しておきます。

リクルートカードの申し込み画面1

カードの種類は以下になります。

  • 年会費無料、還元率1.2%のリクルートカードのVISA
  • 年会費無料、還元率1.2%のリクルートカードのJCB
  • 年会費2,100円、還元率2%のリクルートカードプラスのJCB

まず、リクルートカード、リクルートカードプラスでカード内容が違うので、間違えないようにしてください。
黒いカードがリクルートカードプラスになります。

2つのリクルートカードは国際ブランドが違いますが、若干内容も変わってきますので、こちら「リクルートカード(プラス)の比較・まとめ」を確認して、決めておきましょう。

自動リボ設定(支払い名人)

ここが一番注意すべき設定です。
支払い名人は、自動リボ設定です。

リクルートカードの申し込み画面2

これを「登録する」にしてしまうと、支払いのデフォルトがすべてリボ払いになってしまいます。
なので、必ず「登録不要」にしておいてください!

支払い口座のオンライン設定

支払い口座をネット上で設定ができます。

ネット上で設定すると、カードが早く届くというメリットがあります。

オンラインで設定しない場合は、別途口座記入用紙が郵送されてきます。

単純にカード発送までのスピードに違いがでるだけなので、どちらでもいいと思います。

まとめ

申し込む際は以下に注意してください。

  • 嘘は書かない
  • 入力ミスに気をつける
  • 自動リボの設定(支払い名人)は「登録不要」にする

関連記事一覧

サブコンテンツ

クレ活一押しの年会費無料&高還元率カード!

「Orico Card THE POINT」(オリコカードザポイント)は、年会費永年無料でポイント還元率は常時1%のカード。

 オリコモール経由でAmazon、楽天、Yahoo!ショッピングの還元率が常時2%になるネットショッピングに強い、メインカードにおすすめのカードです。

クレ活!クレジットカード4コマ

クレ活4コマ003
クレ活4コマ004

このページの先頭へ