クレジットカードの年間利用額を知ろう

クレジットカードの年間利用額を知る3つの理由

クレジットカードを選ぶ前に、
あなたが年間でどれくらいの金額をクレジットカードで使うかを知っておくと、
あなたにとってより得になるクレジットカードを選ぶことができるんです。
その理由は、3つあります。

1.還元率が変わる場合がある

年間利用額によって、還元率が変わるクレジットカードがあります。
カード会社はクレジットカードをたくさん使ってほしいので、
一般的には年間利用額が多いほど、お得になります。

2.ボーナスポイントが付く場合がある

年間利用額がXX万円以上なら、ボーナスポイントがもらえる場合があります。
これによって、実質年会費が無料となるカードも存在します。

3.年会費が無料になる場合がある

年会費のパターンの中に、条件付で無料になる場合があります。
これは、年間XX万円以上利用すれば翌年の年会費が無料、となるケースです。
だいたいは、30万とか50万に設定されています。

クレジットカードの平均年間利用額は、55~65万円くらいらしいので
これに基づいて、50万に設定しているようです。

年間50万というと多く感じるかもしれませんが、月に換算してみると約42000円です。
これは、固定費(電気、水道、ガス、ネット、電話等)と食費で簡単に超える金額です。
その他、買い物をしていけば月42000円を超えるのは難しくないと思います。

クレジットカード年間利用額を実際に見積もってみよう

では、実際にクレジットカードで年間どれくらい利用するのか見積もってみましょう。
とはいっても、そこまで細い計算は必要ありません。

だいたい、以下の範囲のどこに属するかを把握できれば十分です。

  • 0円~30万円未満
  • 30万円以上~50万円未満
  • 50万円以上~100万円未満
  • 100万円以上~

では、計算してみます。

まず、固定費から計算していきます。
固定費とは、毎月掛かっているお金のことです。
食費も固定費のようなものなので、ここに入れておきます。
なお、クレジットカード払いに対応しているもののみピックアップしてください。
例えば、家賃はクレジットカード払いに対応していない場合が多いです。

だいたいは、下記のようになります。

  • 光熱費(電気、ガス、水道)
  • 電話関連(固定、携帯、等)
  • 新聞、雑誌
  • テレビ(NHK、スカパー等)
  • インターネット(フレッツ等)
  • 保険
  • 定期的な何かの購入
  • 食費
毎月の固定費の見積もり例
光熱費 15,000円
電話 10,000円
テレビ 1,000円
インターネット 5,000円
定期的な何かの購入 1,000円
食費 40,000円
合計 72,000円

続いて、固定費以外の買い物を考えてみます。
例えば、服、マンガやゲームのような趣味の商品、娯楽費用などです。
毎月のように使うわけではないので、計算しにくいと思いますがだいたいで構いません。
わかる範囲だけでも大丈夫です。

毎月の固定費以外の見積もり例
マンガ代 2,000円
服代 3,000円
合計 5,000円

他に、年間で何か大きく使う場合があれば挙げてみます。
例えば、旅行、家電の買い替え、などです。
何かありそうでしたら、入れておくといいと思います。

年間の見積もり例
家電とか家具 50,000円
合計 50,000円

以上で見積もりは終了です。
もし、他に思い当たるものがあれば、加えてください。
これで、上記の合計した金額がクレジットカードの年間利用額の見積もりになります。

上記の例では、月77,000円、年間だと924,000円となります。
これに年間で使う50,000円を足して、合計は974,000円になりました。

見積もりが完了したので、以下の範囲に当てはまることがわかりました。

  • 50万円以上~100万円未満

ただ、この例の場合、年間97万円なので、ちょっとしたことで100万円以上になることもあるはずです。
あくまでも見積もりなので、100万以上になる可能性も十分にあります。
こういう境界ギリギリの場合は、どのように見積もりをしたかを考えてみるといいと思います。
少なく見積もった、多く見積もった、適当に見積もった、かなりきちんと見積もった、等です。
今回の例で言えば、例なのでわりとざっくりと見積もっています。
なので、おそらくこれ以外にも支出があるだろうと考え、年間利用額は100万以上になるだろうと予想します。

このように、毎月の固定費と固定費以外、年間で使う費用を出しておけば、
クレジットカードの年間利用額を計算することができます。

まとめ

  • クレジットカードの年間利用額を知っておくと、よりお得なカードが選べる
  • 年間利用額は、月毎の固定費、月毎の固定費以外、年間費用、で見積もる
  • 見積もり額が、境界ギリギリの場合、各自どちらになりそうか判断する

関連記事一覧

サブコンテンツ

クレ活一押しの年会費無料&高還元率カード!

「Orico Card THE POINT」(オリコカードザポイント)は、年会費永年無料でポイント還元率は常時1%のカード。

 オリコモール経由でAmazon、楽天、Yahoo!ショッピングの還元率が常時2%になるネットショッピングに強い、メインカードにおすすめのカードです。

クレ活!クレジットカード4コマ

クレ活4コマ003
クレ活4コマ004

このページの先頭へ