ポイント目的でクレジットカードを選ぶ方法

ポイントがお得なクレジットカードの選び方

クレジットカードを「ポイントで選ぶ」場合、
最終的にお金の面で得をする事が最重要になります。

そのため、お金に絡む以下の3つの項目を重視することが最適な方法になります。

還元率

還元率は、最も重要な項目です。

還元率とは、ポイントの貯まりやすさを表すパラメータであり、
ずばり「使った金額に対して、いくら戻ってくるか」を表します。

例えば、還元率1%のクレジットカードで10,000円使ったとします。
この場合、10,000円の1%が100円なので、100円分のポイントをゲットできます。
重要なのは、単位がポイントではなく円であることです。

10,000円使って100ポイント戻ってくる場合、還元率は1%とは言い切れません。
何故なら、1ポイント=1円とはまだわからないからです。
1ポイント=1円なら還元率1%ですが、1ポイント=1.5円なら還元率は1.5%になります。

還元率は、高ければ高い方がいいです。

年会費

続いて、年会費です。
年会費は無料である方が望ましいですが、
総合的にお得になるのであれば必ずしも無料でなくても大丈夫です。

例えば、
年会費無料で還元率1%のクレジットカードを年間20万円使うと、2,000円還元されます。
年会費1,000円で還元率1.5%のクレジットカードを年間20万円使うと、3,000円還元されますが、年会費が1,000円なので、最終的には2,000円還元されます。
つまり、年間利用額が20万円ちょうどなら、どちらのクレジットカードでも同じということになります。
年間利用額が20万円未満なら年会費無料還元率1%のクレジットカードが得、
年間利用額が20万円より多いなら年会費1,000円還元率1.5%のクレジットカードが得になってきます。

また、家族カードを必要とする場合、
家族カードの年会費も考慮する必要があります。

年間利用額が一定以上なら、年会費が無料になるクレジットカードもあります。

年会費は無料、もしくは条件付きで無料になるものが良いですが、
還元率と総合的に考えて一番得になるものを選びます。

ポイントで交換できるもの

最後に、ポイントで交換できるもの、つまり、ポイントの使い道です。
いくら還元率が高いクレジットカードでも、
貯まったポイントを活かせなかったら全く意味がありません。

ポイントで交換できるものは、
クレジットカードによって変わりますが
だいたいは以下の3種類になります。

  • クレジットカード利用金額から現金値引き
  • 特定の場所で使えるポイント(商品券含む)
  • 商品

上にあるものほどオススメです。
ポイントが使いやすいほど、良いということです。

詳しくは、「クレジットカードのポイント交換で損をしないための考え方」も参考にしてみてください。

まとめ

  • 還元率は、高いほど良い
  • 年会費は、安いほど良い
  • ポイントで交換できるものは、使いやすいほど良い

ポイントがザクザク貯まる高還元率カードは、
ポイントが貯まるおすすめクレジットカード」を参考にしてみてください!


関連記事一覧

サブコンテンツ

クレ活一押しの年会費無料&高還元率カード!

「Orico Card THE POINT」(オリコカードザポイント)は、年会費永年無料でポイント還元率は常時1%のカード。

 オリコモール経由でAmazon、楽天、Yahoo!ショッピングの還元率が常時2%になるネットショッピングに強い、メインカードにおすすめのカードです。

クレ活!クレジットカード4コマ

クレ活4コマ003
クレ活4コマ004

このページの先頭へ