ステータス目的でクレジットカードを選ぶ方法

ステータスカードと一口で言っても、
世界のステータスカードであるダイナースクラブカードや、
日本で人気の三井住友VISA等、種類があります。

そこでクレ活では、ステータスカードを色々な角度から比較したので、
ステータスカード選びの参考にしてみてください!

ステータスカードの選び方

クレジットカードを「ステータスで選ぶ」場合、
まずは取得目標とするステータスカードを決めます。
次に、その下位カードを取得し、後はクレヒスを育てていく流れになります。

目標とするステータスカードを決めるには、
細い数値よりも、自分が一番魅力を感じるカード、を目指すのが一番良いです。

例えば、人によってブランドに対するイメージは全然違うと思います。
また、こういうブランドの好みはフィーリングの場合が多く、
好きである理由を論理的に説明できる人はほとんどいません。
単純に、なんとなく気に入っている、好きだから、という人が多いんじゃないでしょうか。

これはステータスカードにも同じ事が言えるんです。
なので還元率や年会費のようなスペックをそこまで気にしないで、
好みや直感で決めてしまってOK。
それが、ある意味その人にとってのステータス性ということになるからです。

ただ、どのステータスカードも魅力的で決められない!という場合もあると思います。
ということで、もしまだステータスカードを決めていない人は、
以下に選び方の方向性がありますので、参考に読んでみてください。

ステータスの格で選ぶ

やはり、ステータスカードなので、ステータス性の高さは重要だと思います。
このステータス性というのは、社会的な地位や、知名度が高い事を指します。

ただ、このステータス性というのは数値で比較できるものでもなく、
人によって違うものでもあるので、確実なことは言えません。

ただ、一般的な格の違いはある程度あります。
代表的なステータスカードの格付けは以下の表になります。

ステータスカード 格付けランク
アメリカン・エキスプレス・センチュリオン・カード ★★★★★
ダイナースプレミアムカード ★★★★
アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード ★★★★
SBIワールドカード ★★★★
シティ セレクト VISAプラチナカード ★★★
三井住友VISAプラチナカード ★★★
JCB the Class ★★★

★の数が違うところは、明らかな差があると思われる部分です。
★が同じ部分は、正直判断が難しいところで、人によると思います。

こういった格付けをしてしまうと、勘違いしやすいんですが
ここに挙げられているクレジットカードは、どれも最高ランクの格といってもいいステータスカードです。
その最高ランクの中で頂上決戦をして、さらに格付けをしているので
この表で一番低いカードが悪いか、というとそんなことは全くなく、
どれもすごい魅力的なステータスカードであることには間違いありません。

国際ブランドで選ぶ

やはりクレジットカードは使ってなんぼ、使えてなんぼですから
最も使いやすい国際ブランドを選ぶのもひとつの方法です。

一般カードにも同じことが言えますが、一般カードでは国際ブランドはある程度選べます。
しかし、ステータスカードの場合、国際ブランドはほぼ固定で決まっているので
国際ブランドを決めると、目標とするクレジットカードも自動的にほぼ決まります。

また、ステータスカード同士でサービス内容を比較してもそこまで差がないので、
国際ブランドの違いは意外と大きな判断材料になったりします。

実際の国際ブランドの選び方は、「クレジットカードの国際ブランドの選び方」をご覧ください。

国際ブランド 目標ステータスカード
VISA 三井住友VISAプラチナカード
シティ セレクトVISAプラチナカード
MasterCard SBIワールドカード
JCB JCB the Class
American Express アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード
アメリカン・エキスプレス・センチュリオン・カード
Diners Club ダイナースプレミアムカード

年会費で選ぶ

ステータスカードって、使えるサービスは似たり寄ったりで実はそこまで大差はありません。
だいたい、以下のサービスは揃っています。

  • 空港系のサービス(ラウンジ無料、送迎、手荷物宅配)
  • コンシェルジュ
  • 各種保険
  • ホテルやレストランの優待

なので、同じサービスなら年会費が安い方が良いっていう考え方です。
コストパフォーマンスが良く、年会費の元は取りやすくなります。

表の上にあるほど、コストパフォーマンスが高いカードと言えます。

ステータスカード 年会費(円)
シティ セレクト VISAプラチナカード 36,750
三井住友VISAプラチナカード 52,500
JCB the Class 52,500
ダイナースプレミアムカード 100,000
SBIワールドカード 157,500
アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード 136,500
アメリカン・エキスプレス・センチュリオン・カード 367,500

取得のしやすさで選ぶ

ステータスカードは、欲しいからといって手に入れられるとは限りません。

誰でも簡単に手に入れられるのではステータスとは言えません。
取得するためには、審査に通るそれなりの属性が必要になってきます。

なお、この取得のしやすさは、ある程度口コミや経験を元にしていますので、
確実なものではありません。
ただ、ある程度の目安にはなると思います。

ステータスカード 取得難易度
シティ セレクト VISAプラチナカード ★★
三井住友VISAプラチナカード ★★
JCB the Class (招待必須) ★★★
アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード (招待必須) ★★★★
ダイナースプレミアムカード (招待必須) ★★★★
SBIワールドカード (招待必須) ★★★★
アメリカン・エキスプレス・センチュリオン・カード (招待必須) ★★★★★

まず、招待制(インビテーション)の有無によって、取得難易度は大幅に違ってきます。
当然、招待制が無いカードの方が取得難易度は低いです。

あとは、プラチナカードとブラックカードによるグレードの差が、取得難易度に響いてきます。

まとめ

目標とするステータスカードの選び方について紹介しました。
ここで紹介した比較方法やあなた自身のフィーリングから、
目指すステータスカードを決めてみてください!

その後は、そのステータスカードの下位カードを取得し、クレヒスを育てていきましょう。
ステータスカードの取得方法は、
ステータスカードの取得方法」を参考にしてみてください。

ステータスカードを持つのは難しいかもしれませんが、
是非取得を目指して頑張ってみてください!

具体的にステータスカードの内容を見たい人は、
おすすめステータスカード」を参考にしてみてください!


関連記事一覧

サブコンテンツ

クレ活一押しの年会費無料&高還元率カード!

「Orico Card THE POINT」(オリコカードザポイント)は、年会費永年無料でポイント還元率は常時1%のカード。

 オリコモール経由でAmazon、楽天、Yahoo!ショッピングの還元率が常時2%になるネットショッピングに強い、メインカードにおすすめのカードです。

クレ活!クレジットカード4コマ

クレ活4コマ003
クレ活4コマ004

このページの先頭へ