ボーナスポイント(ワールドポイント)が1ポイント=4.455 ANAマイルになる仕組み詳細

三井住友カードのボーナスポイント(ワールドポイント)は、
普通にANAマイルに交換すると、1ポイント=3マイルにしかなりません。

しかし、色々なポイントを経由することで、
1ポイント=4.455 ANAマイルに交換することができます。

今回はどのようにすれば、このレートでANAマイルに交換できるのか、
その詳細を解説していきたいと思います。

具体的な手順は以下になります。

  1. ワールドポイントをGポイントに交換する
  2. Gポイントをメトロポイントに交換する
  3. メトロポイントをANAマイルに交換する(ここでソラチカカードが必要)

それぞれどういうレートで交換されていくか、具体例と共に見ていきます。
例としては、ボーナスポイントを1,000ポイント持っているとします。
1ポイント=4.455マイルのレートなので、
最終的には、4,455マイルになるはずです。

では、見ていきます。

手順1:ボーナスポイントをGポイントに交換する

まず、ボーナスポイント(ワールドポイント)をGポイントに交換します。

ワールドポイントからGポイントへの交換レート

交換レートは上記のように、200 ワールドポイント=990 Gポイントです。
今回は、1,000ポイントなので、
1,000ワールドポイントは、4,950 Gポイントに交換されます。

手順2:Gポイントをメトロポイントに交換する

次にGポイントをメトロポイントに交換します。

Gポイントからメトロポイントへの交換レート

交換レートは上記のように、100 Gポイント=100メトロポイントです。
先ほど交換したGポイントは、4,950 Gポイントなので、
これを交換すると、4,950 メトロポイントとなります。
(実際は100ポイント単位でしか交換できません。
今回は交換レートを出すためなので、1:1で交換したことにしています。)

この交換では、注意点が2つあります。

1つ目は手数料です。
実は2016年4月25日から、
Gポイントからメトロポイントへの交換に手数料が5%かかるようになりました。
ただ、この手数料は無料にできます。
今回は詳しくは書きませんが、
Gポイントのサイトで買物や会員登録などをしてポイントを獲得すればOKです。
例えば、楽天・Yahooなどでの買物、口コミ投稿、サービスへの申し込み、などです。
ハードルはかなり低いので、
Gポイントからメトロポイントの交換手数料を無料にすることは問題ないと思います。

2つ目は交換日数です。
ポイントの交換には1~2ヶ月かかります。
これが思った以上にネックなので、
ANAマイルを使いたい日が決まっているなら、計画的に交換する必要があります。

手順3:メトロポイントをANAマイルに交換する

無事にメトロポイントに交換できたら、
最後に、メトロポイントをANAマイルに交換します。
この時にソラチカカードが必要になります。

メトロポイントからANAマイルへの交換レート

交換レートは、100メトロポイント=90 ANAマイルです。
今までの例だと、
1,000ボーナスポイントを4,950 Gポイントに交換し、
さらに、4,950 メトロポイントに交換してきました。
4,950 メトロポイントを交換すると、4,455 ANAマイルになります。
(実際は、100ポイント単位でしか交換できません。
今回は交換レートを出すためなので、1:0.9で交換したことにしています。)

今までの交換をまとめると、
ボーナスポイント1,000ポイントは、4,455 ANAマイルになりました。
つまり、1ポイント=4.455 ANAマイルになるわけです。

通常なら、ボーナスポイントは1ポイント=3マイルにしかなりませんが、
これらの方法を使うことで、1ポイント=4.455マイルにすることができました。

ただ、この方法を使うためには、「ソラチカカード」が必要です。
ANAマイラーは、必須のカードなので、是非持っておいてください!


関連記事一覧

サブコンテンツ

クレ活一押しの年会費無料&高還元率カード!

「Orico Card THE POINT」(オリコカードザポイント)は、年会費永年無料でポイント還元率は常時1%のカード。

 オリコモール経由でAmazon、楽天、Yahoo!ショッピングの還元率が常時2%になるネットショッピングに強い、メインカードにおすすめのカードです。

クレ活!クレジットカード4コマ

クレ活4コマ003
クレ活4コマ004

このページの先頭へ