ICカード

ICカードとは、
情報を記録したり演算する機能を持つICチップが埋め込んであるカードのことです。
本人確認をする時に使います。

例えば、次のようなものがあります。

  • ICチップ搭載のクレジットカード
  • ICチップ搭載のキャッシュカード
  • 電子マネー
  • 社員証・学生証
  • 電車などの乗車カード
  • ETCカード
  • おサイフケータイ
  • 住民基本台帳カード
  • ICチップ搭載の免許証
  • ICチップ搭載のパスポート
  • など

ICチップ搭載のクレジットカードなら、サインせずに暗証番号で買物をすることができます。
また、ICチップだとセキュリティが高いため安全性も抜群です。
クレジットカードの券面に金色のマークがあれば、ICチップが搭載されています。

ICカードには、2種類の使い方があります。
暗証番号を入力するための端末「PINパッド」にICカードを挿す接触型と、
ICカードに対応している専用端末の「カードリーダーライタ」にICカードをサッとかざすだけの非接触型です。

接触型は、セキュリティを重視している場合に使われています。
例えば、ICクレジットカードで買い物をするとします。
レジの人にICクレジットカードを渡すと、すぐにPINパッドという端末にICクレジットカードが挿入されます。
そしていくら売れたのかなどの売り上げの処理をしているので、数秒間待たされます。
処理が終わったら購入した分の金額が表示されるので確認します。
暗証番号を求められるので、入力します。
本人確認をするので、セキュリティが強くなっています。
暗証番号が正しければ、レジの人に渡したICクレジットカードと買った商品が自分の元に戻ってきて、買い物完了です。

非接触型は、利便性を重視している場合に使われています。
例えば、Suica(乗車カード)を使って駅の改札口を通って電車に乗るとします。
約1秒、サッとSuicaと書かれている専用端末にかざすだけで改札を通ることができます。
本来なら、切符を機械に吸い込ませて、出てきた切符を受け取ります。

日本では非接触型が普及しているのですが、海外では接触型が多いです。
なので、かざすだけの非接触型を海外で使いたくても使えない場合があります。
そもそも、日本の中でもICカードの仕組みがあまり普及していません。
ICカード自体は増えてきていますが、ICカードを使えるお店がまだ少ないのです。

クレジットカードの場合、ICカードと磁器ストライプカードが一体になっているものがあります。
ICカードに対応していないお店でもクレジットカードを取り扱っていたら磁器ストライプカードが使える場合が多いです。
なので、2種類を使い分けることができます。

さらに、ICカードの中には生体認証(指静脈のパターン等)も登録することもできます。
銀行やATMなどの金融機関で利用することができます。
ただし、生体認証は専用の端末が設置されている所でなければ利用することができません。

サブコンテンツ

クレ活一押しの年会費無料&高還元率カード!

「Orico Card THE POINT」(オリコカードザポイント)は、年会費永年無料でポイント還元率は常時1%のカード。

 オリコモール経由でAmazon、楽天、Yahoo!ショッピングの還元率が常時2%になるネットショッピングに強い、メインカードにおすすめのカードです。

クレ活!クレジットカード4コマ

クレ活4コマ003
クレ活4コマ004

このページの先頭へ