上限金利

上限金利とは、
利息制限法と出資法で定められた金利のことです。

事務手数料などを含めると、最大の上限金利は1年間で20%とられます。
事務手数料などを除くと、最大の上限金利は1年間で18%になっています。
お金を借りる金額によって、上限金利の数字は変わってきます。

クレジットカードの場合、キャッシングがついているカードが対象となります。

上限金利は、借りた金額によって変わってきます。
以下の表のようになります。

元本(借りた金額) 上限金利(事務手数料など含む)
10万円未満 20%
10万円以上 ~ 100万円未満 18%
100万円以上 15%

5万円借りると、最大20%の金利がつきます。
50,000 × 0.20 = 10,000
なので、5万円の他に、1万円をプラスして返さないといけません。

10万円借りると、最大18%の金利がつきます。
10,0000 × 0.18 = 18,000
なので、10万円の他に、1万8000円をプラスして返さないといけません。

100万円以上借りると、最大15%の金利がつきます。
1,000,000 × 0.15 = 150,000
なので、100万円の他に、15万円をプラスして返さないといけません。

借りる額が増えるにつれて、だんだん上限金利の数字は小さくなっていきますが、
実際に支払う額は多いので、気をつけましょう。

サブコンテンツ

クレ活一押しの年会費無料&高還元率カード!

「Orico Card THE POINT」(オリコカードザポイント)は、年会費永年無料でポイント還元率は常時1%のカード。

 オリコモール経由でAmazon、楽天、Yahoo!ショッピングの還元率が常時2%になるネットショッピングに強い、メインカードにおすすめのカードです。

クレ活!クレジットカード4コマ

クレ活4コマ003
クレ活4コマ004

このページの先頭へ