フィッシング詐欺

フィッシング詐欺とは、
クレジットカード番号などを盗む犯罪のことです。
クレジットカード会社などの金融機関になりすまして、
サイトやメール等で本人の情報を引き出そうとしてきます。

フィッシング詐欺の被害に遭ったら、クレジットカードを不正使用されてしまう可能性があります。
実際そういう被害が増えているそうです。
ん?怪しい・・・!と感じたら、すぐにクレジットカード会社に連絡してください。
サイトやメールや電話で個人情報を聞き出してきます。
そんなものに引っかかるわけがない、と思うかもしれませんが、
見た目が、本物のクレジットカード会社とそっくりの偽サイトを作って、そこから個人情報を抜き取っていたという例もあるようです。

そういうサイトはフィッシングサイトと呼びます。
フィッシングサイトを見分ける方法が2つあります。

1つ目は、ドメインが公式ページの物と違う場合です。
ドメインとは、、、クレ活で説明してみます。
クレ活のTOPページのアドレスが、
http://クレ活.com/
ですが、「クレ活.com」の部分がドメインです。
今読んでいるこのフィッシング詐欺を説明するページのアドレスは、
http://クレ活.com/yougo_phishingsagi.html
ですが、
「クレ活.com」の部分がドメインとなります。
「クレ舌.com」など、1部分でも違う所があったら偽サイトの可能性があります。
ちなみに、「活」(かつ)と「舌」(した)が違っています。

2つ目は、ドメインが公式ページの物と同じ場合です。
同じアドレスなのに、アドレスを偽装して本物の公式ページに見せかけている場合があります。
怪しいと思ったサイトのアドレスが表示されているURL欄の上に、なんでもいいので別のウインドウを重ねます。
そして、URL欄が不自然に前面に浮き出ていると、そのサイトは偽装されていることになります。

それから、個人情報を入力する画面では、通常はブラウザの下の方に鍵のマークが表示されると思います。
これは、SSL証明書と言って、本当に存在する組織がやってるサイトですよ、ということを証明するものです。
この鍵マークをダブルクリックすると、証明書が出てきます。
そこの詳細タブのサブジェクトを選ぶと、URLが出てきます。
鍵マークがついてるページのURLのドメインと、サブジェクトのURLのドメインが同じであれば、とりあえずは大丈夫だと思います。

安易に個人情報を入力せず、このページのことを思い出して、一旦立ち止まってみてください。
本物のサイトかな?本物のメールかな?本物のクレジットカード会社かな?と。
あと、ウイルス対策もしておくといいと思います。
ウイルス感染してしまうと、勝手に個人情報が流れてしまう可能性があります。
自分で防御できるところは守っていきましょう。

サブコンテンツ

クレ活一押しの年会費無料&高還元率カード!

「Orico Card THE POINT」(オリコカードザポイント)は、年会費永年無料でポイント還元率は常時1%のカード。

 オリコモール経由でAmazon、楽天、Yahoo!ショッピングの還元率が常時2%になるネットショッピングに強い、メインカードにおすすめのカードです。

クレ活!クレジットカード4コマ

クレ活4コマ003
クレ活4コマ004

このページの先頭へ