セキュリティコード

セキュリティコードとは、
クレジットカード利用者がインターネットで買物をする時等に、本人確認として使う番号のことです。
カード確認コード、CVC、CVVと呼ばれることもあります。

インターネットで買物をする時に、カード番号や有効期限と同じようにセキュリティコードを入力します。
セキュリティコードは、クレジットカードの券面にしか書かれていないので、カードを持っている人しか知ることはできないはずです。
なので、より安全にインターネットで買物をすることができます。

セキュリティコードは、クレジットカードの券面に印字されています。
国際ブランドによって、印字されている場所が違います。

VISA・MasterCard・JCBは、クレジットカード裏面のサイン欄の右にあります。
「4桁+3桁」の数字の内、下3桁がセキュリティコードです。

American Expressは、クレジットカード表面の会員番号の右上にあります。
4桁の数字がセキュリティコードです。(AMEXだけ4桁)

DinersClubは、クレジットカード裏面のサイン欄の右にあります。
「4桁+6桁+4桁+3桁」の数字の内、下3桁がセキュリティコードです。

また、古いクレジットカードにはセキュリティコードが無い場合もあります。
現在では必ずセキュリティコードは付いています。

注意点は、セキュリティコードを他人に知られないようにすることです。
クレジットカード番号や有効期限も同じです。
インターネット上に入力する時に必要になる情報は、出来る限り知られないようにしておきましょう。

ただ、ネットショップ側はクレジットカード番号やセキュリティコードを知ることができてしまいます。
でも、普通のネットショップなら全く心配する必要はありません。
ネットショップ側は正常に取引をすることができたら、セキュリティコードを破棄することを義務付けられているからです。

注意しなければいけないのが、フィッシングサイトなどの偽物のサイトです。
偽物のサイトに入力した情報は、ほぼ間違いなく盗まれて悪用されてしまいます。
必ず、本当のサイトかどうかURLを確認してから入力してください。

セキュリティコードは、暗証番号や3Dセキュアと似ていますが、別物です。
暗証番号は、リアルのお店で使います。
3Dセキュアは、ネットで使いますが、これはクレジットカード申し込み時に自分で設定したパスワードのことです。

サブコンテンツ

クレ活一押しの年会費無料&高還元率カード!

「Orico Card THE POINT」(オリコカードザポイント)は、年会費永年無料でポイント還元率は常時1%のカード。

 オリコモール経由でAmazon、楽天、Yahoo!ショッピングの還元率が常時2%になるネットショッピングに強い、メインカードにおすすめのカードです。

クレ活!クレジットカード4コマ

クレ活4コマ003
クレ活4コマ004

このページの先頭へ