信販

信販とは、
消費者を信用して、商品やサービスの後払い決済を認める販売方法です。
信用販売を略して信販と呼びます。
販売信用と言う場合もあります。

信販は、消費者とお店だけでなく、第三者として信販会社が登場します。
消費者がお店から後払いで商品を買う場合は、
信販会社がその代金をお店に立て替え払いして、その後に消費者から信販会社に代金を払う仕組みになります。

これは、クレジットカードの仕組みと同じです。
例として、クレジットカードを使って1万円の服を1個買う時の流れを説明します。
消費者がお店で服をクレジットカードで購入する時、クレジットカード会社がお店に1万円を立て替えてくれます。
その際、クレジットカード会社は1万円そのままをお店に払うのではなく、手数料を差し引いた分(1万円-手数料)を支払います。
手数料はお店が負担します。
そして、消費者がクレジットカード会社に1万円を支払えば、購入が完了となります。

このクレジットカードですが、もちろん信販に含まれます。
キャッシングやローンは信販ではなく、消費者金融(サラ金)となります。

信販は、経済にかなり影響を与えました。
昔は所得の低い人が多かったので、車などの高額な買い物をするとき、その場で全額を支払うのは困難でした。
信販を取り入れることにより、数ヶ月後にまとめて支払ったり、分割払いにして少しずつ支払ったりすることができるようになり、買い物がしやすくなりました。
そして、現在ではクレジットカードが普及し、日常的に信販が行われています。

このように便利な信販ですが、審査が必要になります。
立て替えてもらって買い物するためには、消費者の信用を確認する必要があります。
この人は支払いをする能力がある、と信用されれば、信販で買い物をすることができるようになります。

信販のメインは、ほぼクレジットカードと言っていいと思いますが、
クレジットカードを発行しないで販売者と購入者の間で信販する場合もあります。
これを、個別信用購入あっせんと言います。
クレジットカードを発行して信販する場合は、包括信用購入あっせんと言います。
信用購入あっせんの業者は、経済産業省に登録することが、割賦販売法で決められています。

サブコンテンツ

クレ活一押しの年会費無料&高還元率カード!

「Orico Card THE POINT」(オリコカードザポイント)は、年会費永年無料でポイント還元率は常時1%のカード。

 オリコモール経由でAmazon、楽天、Yahoo!ショッピングの還元率が常時2%になるネットショッピングに強い、メインカードにおすすめのカードです。

クレ活!クレジットカード4コマ

クレ活4コマ003
クレ活4コマ004

このページの先頭へ