デビットカードはクレジットカードとは違い、
利用限度額が自分の銀行口座に入っている金額までになります。
その分、自分が払えなくなるような金額を使うことはありません。

でも、カードを失くしてしまったり、盗まれたりして、
第三者に不正利用されてしまった場合はどうなるのでしょうか?

最悪を想定すると、
クレジットカードの場合は利用限度額まで使われ、
デビットカードの場合も銀行口座にあるお金まで使われてしまいます。

クレジットカードの場合は、カード会社に連絡することで、
カードの使用をストップすることができたり、
不正に利用された分は保険があるので損することはありません。

では、デビットカードの場合はどうなるのでしょうか?
ということで、このページではデビットカードの不正利用時の保険について、
説明したいと思います。

デビットカードにも不正利用保険がある!

どのデビットカードにも不正利用時の保険はあります。

自分に過失が無い場合で、不正利用された場合は、
ほとんどの場合お金は戻ってきます。

過失というのは、カード管理が甘かったような場合です。
例えば、サイフごと盗まれて、
そのサイフにデビットカードの暗証番号を書いた紙もある場合、
盗んだ・拾った人は、簡単にデビットカードを使えます。

もしくは、自分の生年月日とか、住所の番地、電話番号など、
推測しやすい番号を暗証番号に設定していた場合も過失になります。
あとは、家族や身内に使われた場合も過失です。

つまり、暗証番号がわかってしまうような材料と、
デビットカードを一緒に保管している状態がダメということです。
第三者でもカードが使えてしまう可能性になければ過失にはなりません。

で、これらの過失が無く、紛失や盗難によって不正利用された場合は、
しかるべき手続きをしていれば、お金が戻ってきます。
デビットカードによっては、保険の上限金額が決まっている場合もありますが、
大抵は数百万の上限なので、あまり気にしなくても良いと思います。

デビットカードを不正利用された時の手続き

次に、デビットカードが不正利用されてしまった時の手続き方法です。

手続きは色々ありますが、最低限やればいいことは1つだけです。
それは、カード会社(銀行)に電話すること、です。

デビットカードの裏面の電話番号に電話すればOKなのですが、
カードを盗まれているとカード自体が無いので、
カード会社の電話番号は、携帯電話に登録しておきましょう
(まあ、ネット検索でその場で調べてもいいと思いますが)

電話で不正利用されたことを連絡さえすれば、
あとはオペレーターがやるべきことを伝えてくれます。

まずはカードの利用停止と、再発行の手続きに入ります。
そして、カード被害があった場合、その補償についての説明を受けます。
大抵は書類を送るという点と、警察に被害届を出す、という2点です。

書類は、後日カード会社から届くので、記入して返送しましょう。

警察への被害届は必ず出しておきましょう。かなり重要です。
これが無いと補償を受けられない場合があります。
なので、速やかに警察に行き、被害届とか盗難届を出しておきましょう。
また、この時の受理番号が書類を書く上で必要になる場合もあります。

あと、カード会社としては、保険詐欺の可能性も考えてきます。
カード利用者側がグルになって不正利用をされたと嘘を付き、
その補償額を不正にもらおう、という詐欺です。
そのため、どうしてもカード利用者側としては、
本当に盗まれたという証明が必要になってくるので、
警察に行ったかどうかが重要になってきます。

手続きとしては以上になります。
自分が起こすアクションをまとめると、

  • カード会社に電話する(電話帳に登録しておこう)
  • 警察に被害届を出しに行く
  • カード会社から来た書類を返送する

基本的にはこれだけやっておけば大丈夫です。
あとは、カード会社の指示に従いましょう。

不正利用にいち早く気付くための方法

デビットカードの不正利用時の対処方法はわかったと思いますが、
不正利用に気付けなければ、対処することができません。

また、カード会社に連絡してからさかのぼって60日くらいまでしか補償されません。
(日数等はカード会社によります)

なので、不正利用にいち早く気づき、すぐに連絡する必要があるわけです。

そこで使いたいのが、
カードを使った時にメールで通知してくれる機能です。
ほとんどのデビットカードに付いています。

これさえあれば、自分の心当たりの無い取引はすぐにわかるので、
通知機能を使えるようにしておきましょう。

そして、身に覚えがない取引があったら、
すぐにカード会社に連絡できるようにしておけばバッチリです。