ショッピング枠とキャッシング枠の「枠」とは?

クレジットカードのショッピング枠、キャッシング枠に付いている、
「枠」の意味ですが、
これは、利用限度額の内訳という意味になります。

利用限度額の内訳として、
ショッピングで使える部分とキャッシングで使える部分があるということです。

ショッピング枠とは?

ショッピング枠とは、ショッピングで利用できる限度額のことです。

ショッピングというのは、
お店やネットでクレジットカードを使って買い物をすることです。
つまり、普通にカードを使っている分はすべてショッピング枠になります。

ショッピング枠が50万となっている場合、
クレジットカードで買い物できる金額は50万になります。

キャッシング枠とは?

キャッシング枠とは、キャッシングで利用できる限度額のことです。

キャッシングとは、直接現金を借りることです。
消費者金融からお金を借りるのとほぼ同じです。
借りた分のお金には、金利手数料がかかってきます。
(クレ活では、キャッシングの利用は断固反対のスタンスです)

キャッシング枠30万となっている場合、
クレジットカードでキャッシングできる金額は30万になります。

総利用枠(総枠)とは?

実は枠にはもう1つあります。
それは、総利用枠とか、総利用可能枠、総枠と言われるものです。
この枠はクレジットカードによっては、無い場合もあります。

これは何かというと、
そのクレジットカードで使える金額すべての枠のことです。
なので、ショッピング枠とキャッシング枠はこの総利用枠の中に含まれます。
式にすると、

総利用枠 = ショッピング枠 + キャッシング枠

になります。

ただ、世の中のクレジットカードでは、
総利用枠=ショッピング枠が割り当てられることがほとんどなので、
実質的にはショッピング枠が総利用枠ということになっています。

ショッピング枠とキャッシング枠の関係性

ショッピング枠とキャッシング枠には関係性があります。

ショッピング枠とキャッシング枠が別々に独立しているのではなく、
ショッピング枠の中にキャッシング枠が含まれている状態です。

図にすると、こんな感じです。
ショッピングとキャッシングのイメージ図

なので、キャッシング枠を使うと、同時にショッピング枠も使うことになります。
実際の例で見ていくのが一番わかりやすいと思うので、いくつか見ていきます。

ショッピング枠50万、内キャッシング枠20万のカードを使うとします。
例1:ショッピング30万使った場合
ショッピング可能額は、20万
キャッシング可能額は、20万

例2:キャッシング10万使った場合
ショッピング可能額は、40万
キャッシング可能額は、10万

例3:ショッピング40万使った場合
ショッピング可能額は、10万
キャッシング可能額は、10万

NG例1:ショッピング60万使おうとした場合
ショッピング枠50万を超えるのでNG

NG例2:キャッシング30万使おうとした場合
キャッシング枠20万を超えるのでNG

NG例3:キャッシング20万使っている時にショッピング40万使おうとした場合
キャッシング20万使った時点でショッピング枠が30万になり、
40万使おうとしたので合計60万になりNG

このように、キャッシング枠はショッピング枠の一部となっています。

ショッピング枠とキャッシング枠の金額変更

ショッピング枠とキャッシング枠は、利用限度額の内訳なので金額の増減ができます。

利用限度額の変更方法は、カード会社に電話するか、WEBから変更できます。
詳しくは、「クレジットカードの利用限度額について」に書いてあります。

上のページには、利用限度額(ショッピング枠)をいくらにするのがベストなのかを書いています。
なのでここでは、キャッシング枠をいくらにするのがベストかを書いておこうと思います。

クレ活の答えとしては2パターンあります。

1つ目は、キャッシング枠0円です。
キャッシングは一切使用しない方がいいので、0円にしておきます。
ほとんどの人は0円にしておくのが一番いいと思います。
クレ活も基本はこちらを強く押しておきます。

2つ目は、キャッシング枠5~10万円です。
なるべく低めに設定しておきます。
基本的にキャッシングを使わないのは変わらないのですが、
万が一現金が必要になった場合を考えて、一応、枠を用意しておきます。

特に海外に行くような場合だと、何かと現金が必要になるケースが出てきます。
海外で現金を下ろせない状態になってしまうと、結構困ると思うので、
そんな時のためにキャッシングがあれば安心だと思います。
(帰国後すぐに返済すれば利息は少ないです)

もう一度、誤解の無いように言っておくと、
もしも、万が一のために枠を用意するのであって、
普段お金に困った時に使うための枠ではありません。

キャッシングは非常に高い金利手数料を取れれてしまいますので、
使わないのが一番良いことは理解してくださいね。