クレジットカードについて調べていると、
たまにデビットカードについても耳に入ることがあると思います。

でも、これらの何とかカード、という言葉を初めて聞くと、
何が何だか混乱してしまうと思います。

そこでデビットカードの第一歩として、
ここではデビットカードとはどういうものかを紹介します。

デビットカードとは?

デビットカードとは、
自分の銀行口座からお金を即時に支払うことができるサービスのことです。

デビットカードは銀行が発行しているもので、
自分の銀行口座と紐付きます。

例えば、自分の銀行口座に10万円お金があったとします。
その銀行が発行しているデビットカードで1万円の支払いをすると、
自分の銀行口座から1万円即時に引き落とされます。

自分の銀行口座を持ち歩けて、直接使えるイメージです。

デビットカードの種類

デビットカードは大きく分けて2種類あります。

1つ目は、VISAデビットカードです。
VISA加盟店であればどこで、海外でも利用することができます。

2つ目は、JCBデビットカードです。
こちらもJCB加盟店ならどこでも利用できます。

JCBデビットカードは比較的新しいので数は少なく、
VISAデビットカードが主流です。

デビットカードの使い方

デビットカードの使い方は簡単です。
ほぼクレジットカードと同じになります。

VISAデビットカードならVISA加盟店、
JCBデビットカードならJCB加盟店で、カードを支払い時に出せばOKです。

支払いもその場で即時引き落としになるので、
難しいことは考えなくても大丈夫です。

また、インターネットでの買い物にもデビットカードは使えます。
クレジットカードと同じように番号を入力すればOKです。

デビットカードのメリット

デビとカードは現金にもクレジットカードにも無いようなメリットがあります。

ほぼ審査が無い!

15歳以上であれば誰でも発行が可能です。
一般的には審査も無く、銀行口座を開設すれば利用できます。

そのため、15歳以上の学生や、収入の無い主婦、
クレジットカードの審査が不安な人でも、
ほぼ確実に持つことができます。

なお、銀行によっては16歳以上だったりと、
微妙に条件が違う場合があります。

使いすぎる心配が無い!

デビットカードは、自分の銀行口座から引き落とすサービスなので、
口座にある金額以上に使うことができません。

そのため、お金を使い過ぎてしまい支払うことができない、
という状態にはなりません。

ほとんど現金のようなものなので、
カードが嫌という人でもデビットカードなら持てると思います。

どこでも使える!

VISA加盟店やJCB加盟店であればどこでも使えます。

自分の銀行口座を常に持ち歩けるようなものなので、
急な出費があったり、
海外に行くような場合でも安心できます。

また、ATM手数料を払ってお金を下ろすことがある人は、
デビットカードなら下ろす必要がなくなるので、
手数料分は得になります。

デビットカードのデメリット

デビットカードのデメリットは、
メリットがそのままデメリットにもなります。

自分の入金した金額までしか使えないので、使いすぎる心配はありません。
しかし、その金額を1円でも超えてしまった場合は使えません。
また、毎回毎回入金しなくてはいけないので、その分も手間になります。

それと、クレジットカードと比較した際に、
カード利用時に付くポイントが低いという点もあります。

その分、リスクが低く、自分でお金をコントロールしやすくなっています。

まとめ

デビットカードとは、
自分の銀行口座から即時引き落とせるサービスのことです。

審査がほぼ不要なので誰でも持つことができ、
クレジットカードが使える場所ならどこでも使うことができます。