クレジットカードの中には、
個人向けカードと法人向けカードがあります。

法人向けカードは、その名の通り、法人向けのカードで、
主に会社の経費支払いに使うことで、経理を効率化できるようになります。

ただ、会社の規模が小さければ個人カードでもできなくはないし、
使い方などは個人でも法人でも全く同じなので、
どの辺が法人向けなのかが、わかりにくいかもしれません。

そこで、ここでは法人カードの基本として、
法人カードとは何か、その種類、個人カードとの違いについて、
見ていきたいと思います。

法人カードとは?その3つの特徴

法人カードとは、その名の通り法人向けのクレジットカードではありますが、
どの法人カードにも3つの特徴があります。

これらを満たすカードは、法人カードと言えることになります。

特徴1:法人名義の口座で支払うことができる

どの法人カードも法人名義の口座で支払うことができます。

この特徴が法人カードかどうかを決定づける一番確実な特徴になります。

これができないカードは法人カードではありません。
逆に個人カードは、法人名義の口座を指定することはできません。
一部、個人・法人どちらの口座でも支払い可能なクレジットカードも存在しますが、
こういうカードも法人カードに分類されます。

特徴2:社員向けカードを発行できる

法人カードは、社員向けカードを発行することができます。

これは、個人カードの家族カードみたいなものですが、
家族等に縛られることはなく、社員なら誰でも発行することができます。

また、家族カードだと数枚の発行が限度でしたが、
社員向けとなるので、カード発行枚数は数十枚可能だったりと、
発行可能枚数が多いことも特徴です。

また何と言っても、社内の経費を効率化することができます。
クレジットカードが無い場合は、社員が何か経費になるものを買うと、
社員が自分のお金で立て替え、その分を会社から社員に支払うことになります。
クレジットカードがあれば、社員はカードを使うだけになるので、
経理の効率がアップします。

もちろん、社員がカードを使ったら支払いは会社の口座1本で済むし、
誰が何に使ったかが明細でわかるようになっています。

特徴3:利用明細が取り込めるようになっている

多くの法人カードは、経理の効率化を謳っているので、
クレジットカードを使った履歴を会計ソフトに取り込んだりできるようになっています。

そのため、経費が発生するごとにいちいち会計入力をする必要がなくなり、
一括ですべての履歴を取り込めます。
ただ、法人カードによっては、対応しているかどうかが変わってきます。

最低限、利用明細を見ることで、
いつどこで何に使ったかは確認することができます。

法人カードの種類

法人カードには、さらに種類があります。

  • 法人カード
  • ビジネスカード
  • コーポレートカード

法人カードは、法人向けクレジットカード全体のことを指します。

ビジネスカードとコーポレートカードについては、
クレジットカード会社によっても認識がバラバラのようです。

社員の発行カード枚数が少ない、つまり中小企業向けのものがビジネスカード、
社員の発行カード枚数が多い、つまり大企業向けのものがコーポレートカード、
と分ける場合が多いです。

クレジットカード会社によっては、
ビジネスカードは会社で申し込むが支払口座は個人であるカード、
コーポレートカードは支払口座が法人であるカード、
となっている場合もあります。

また、人によってはただ単純に呼び名が違うだけと言うこともあります。

なので、どの呼び名だったとしても法人に向いたクレジットカードのことを指している
と思っていれば問題ありません。

法人カードと個人カードの違いのまとめ

最後に法人カードと個人カードの違いについて、まとめます。

以下の特徴を持っているのが法人カードになります。

  • 法人名義の口座で支払うことができる
  • 社員・役員向けのカードを発行できる
  • カードを使った履歴を効率的に取り込める(カードによる)

逆に個人カードだとこうなります。

  • 個人名義の口座で支払う
  • 家族カードが発行可能
  • カードを使った利用明細を確認できる

これら以外は、個人カードでも法人カードでも基本的には同じになります。

次に、法人カードのメリット・デメリットについて確認してみてください。
法人カードのメリット・デメリット