日本のクレジットカードのほとんどは、
当たり前のように3Dセキュアに対応していますが、
アメックスやCitiのような海外系のカード会社は、
なぜか3Dセキュアに対応していませんでした。

それがついに、アメックスが3Dセキュアに対応しました!
これでネットショッピングもより安全に利用できるので、
アメックスカードホルダーは、非常に嬉しい事だと思います。

ということで、今回はアメックスの3Dセキュアについてまとめてみました。

3Dセキュアとは?

一応、3Dセキュアとはどういうものかも説明しておきます。
わかる人は飛ばしてください。

3Dセキュアとは、ネットショッピングをより安全にするための本人認証サービスです。

ネットショッピングでカードを使う場合は、
カード番号、有効期限、名前、セキュリティコードが必要です。
すべて、カードを持っていればわかってしまう情報になります。

これだと、カードの盗難・紛失によって、第三者に簡単に使われてしまいます。

そこで登場したのが3Dセキュアです。
あらかじめ設定しておいたパスワードを入力しないと、
ネットでの買物ができない仕組みです。

そのため、カード以外にもパスワード情報が必要となり、
第三者が使える可能性はかなり低くなります。

アメックスの3Dセキュア「American Express SafeKey」とは?

アメックスの3Dセキュアは、
「American Express SafeKey(アメリカン・エキスプレス・セーフキー)」という名前が付いています。

ネットショッピング時に、カード番号や有効期限だけでなく、
さらにパスワードが必要になるのは同じなんですが、
アメックスの3Dセキュアはさらに安全な仕組みになっています。

それは、ワンタイムパスワードが必要になっている点です。

ワンタイムパスワードとは、
発行後10分のみ1回限り有効なパスワードです。

このワンタイムパスワードがネットショッピング時に、
あらかじめ登録しておいたメールアドレスに送られてきます。

このワンタイムパスワードを入力することで、ショッピング完了になります。

そして、ワンタイムパスワードを入力し終わったら、
そのパスワードはもう無効になっているので、
誰かに使われる可能性もなくなります。

使い捨てのパスワードを毎回入力しないのはやや面倒ですが、
これなら安心してネットショッピングできそうですね。

American Express SafeKeyの利用方法

その「American Express SafeKey」を利用する方法なんですが、非常に簡単です(笑)。

それは、アメックスのサイトのお客様情報にメールアドレスを登録するだけなんです。
登録したメールアドレスにワンタイムパスワードが送られてきます。

ユーザーとしての設定は、上記のとおりメールアドレスの設定だけですが、
設定したからといって、必ずワンタイムパスワードが必要になるわけではありません。

「American Express SafeKey」に対応しているお店じゃないと、
3Dセキュアは利用できません。
対応しているお店には、「American Express SafeKey」のロゴがあるようです。

どれだけのお店が対応しているかどうかはわかりませんが、
とりあえずはメールアドレスを登録して、
3Dセキュアを使えるようにしておきましょう。