クレジットカードのランクやグレードで最高ランクと言われているのは、
ブラックカードになります。
しかし、その更に上のクレジットカードが存在していました。

その名も「JPモルガン パラジウムカード」です。

JPモルガンパラジウムカードのサンプル画像

見るからに普通の材質で作られていなそうなカードで、とても重そうです。
ということで今回は、このパラジウムカードについて調べてみました。

JPモルガン パラジウムカードとは?

まず、JPモルガンですが、これはアメリカの金融大手企業になります。

そしてパラジウムとは、何となく化学的な名前ですが、
実際にパラジウムといったレアメタル(希少金属)があり、
このパラジウムで作られているので、パラジウムカード、という名前になっています。
プラスチックではなく、本物の金属なので実際重そうです。

さらにパラジウムだけでなく23金も使われているので、
クレジットカード自体の価値だけでも1000ドル(約10万円)らしいです。
もうカード型の宝石って感じでしょうか。

youtube動画もありました。

パラジウムカードの年会費やサービスは?

パラジウムカードがものすごいカードというのはわかりましたが、
実際に使う時の使い勝手はどうなのでしょうか?

まず、年会費ですが600ドル(約6万円)なので、思ったよりも高くありません。
ブラックカードやプラチナカードには、
10万や30万といった年会費のカードもあるので、むしろ安いと言ってもいいくらいです。

利用限度額は上限が無いようです。
これは、まあそうなんでしょう。

サービスは様々なコンシェルジュサービスが充実していて、
1時間50万円のプライベートジェットを無料で手配もできるようです。
ちょっと豪華すぎて、想像しにくいです(汗)。

それと、カードが金属なので名前を入れるには、レーザーで彫る必要があります。
そして現在は約5000人の人が会員になっているそうです。

パラジウムカードを持つための条件!

JPモルガンのパラジウムカードを持つための条件は2つです。

  • JPモルガンのプライベートバンクを持っていること
  • 資産が3000万ドル(約30億円)以上持っていること

これは本当に指で数えるくらいの人しか持てなさそうです。。
日本人でも数十億円持っている人はいるようなので、
1人くらいは持っているかもしれませんね。

もしパラジウムカードが持てたらどうする?

もし、資産が30億円以上あって、パラジウムカードを持てたらどうしますか?

クレ活管理人なら、迷わず持ってみたいと思います!

持つための条件は非常に厳しいカードですが、
一旦持ってしまえば年会費は意外と掛からないし、
それ以上の価値のあるサービスもあるので、コスパは良いと言えそうです。

あと、金属のカードがどんなのか持ってみたいです。
金属の延べ棒を持っている感じなのでしょうか?
ひんやりと冷たそうです。
ただ、落としたらカード破壊とかもありそうですね。。

さすがにこのカードを無くしたら、再発行手数料は相当かかりそうです。

まあでも実際は半年くらい使ったら、
年会費高い、とか言って解約しそうです(笑)。

やっぱりクレ活管理人としては、
ポイントや割引がお得なカードが合ってます!

ということで、今回はブラックカードの上のパラジウムカードの話でした。