「マイナンバー制度」は聞いたことあるでしょうか?

マイナンバー制度はもう実施が確定していて、
2015年10月、つまり来月からマイナンバーの通知が始まります
そして、実際に利用開始されるのが2016年1月。

まだまだ先のことだろう、とは言っていられません。
企業ではマイナンバーの管理のために、
もう既に色々な準備をしているはずです。

このマイナンバーですが、少しクレジットカードとも関連性があります。
まだマイナンバー制度はすべてが確定したわけではないので、
正確には関連する可能性がある、といったところです。

ということで今回は、
マイナンバー制度と、クレジットカードへの関連性がテーマです。

マイナンバー制度とは?

まずはマイナンバー制度についてですが、
下の動画が個人向けとしてわかりやすいので、見てみてください!

マイナンバー制度による国民のメリット・デメリット

まだ未確定の部分もありますが、簡単にメリット・デメリットを書いておきます。

国民のメリットは、基本的には薄いです。

  • 生活保護の不正受給や、企業の社会保険未納がなくなる
  • 何かしらの申請で住民票等が不要になり、マイナンバーのみでよくなる
  • 年金や健康保険などが一元化される

デメリットは結構あります。

  • マイナンバーの管理をしっかりする必要がある
  • マイナンバーが漏洩すると、なりすまされて、勝手に確定申告とかクレジットカードを作成される可能性がある
  • 銀行の預金がすべて国にバレる
  • 税金をごまかすことができなくなる(メリットでもある)
  • おそらくマイナンバー詐欺などの新しい犯罪が増える

まあ、基本的には国にメリットのある制度です。

なんか新しいオレオレ詐欺的なもので、
マイナンバーを聞き出そうとする輩(やから)が増えそうで嫌ですね。
悪人「もしもし、市役所のものですが、マイナンバーを確認させてください。」
自分「はい、○○です。」
悪人(マイナンバーGET!)
とかね。

マイナンバー制度で覚えておくこと

上の動画を見れば、マイナンバー制度の概要はわかったと思います。

それで、結局国民は何をすればいいのか、ということになりますが、
2015年9月時点では、とりあえず下のことを覚えておけばOKです。

  • 2015年10月からマイナンバー通知開始
  • 2016年1月からマイナンバー制度の利用開始
  • 通知されたマイナンバーは厳重管理すること
  • マイナンバーは一生ものだけど、紛失や不正利用されたら番号変更ができる
  • 2016年1月から市町村に申請すれば、個人番号カードが交付可能

個人番号カードというのは、以下のようなものです。

個人番号カードのイメージ画像

自分の名前、住所、性別、顔写真、個人番号(マイナンバー)などが載っています。
そのため、身分証明書として使うこともできます。

おそらく詳しい内容は、
2015年10月のマイナンバー通知時に、
同封されてくる書面などに書いてあると思います。

なので、今のところは上記5点くらいを覚えておけば十分です。

クレジットカードとの関連性

それで、ようやくクレジットカードとの関連になります。
関連しそうな部分は、今のところ2点あります。

個人番号カードにクレジットカード機能が付く可能性

1つ目は、個人番号カードにクレジットカード機能も付く可能性です。

国としては、カードの利便性を高めることで、
マイナンバー制度の普及を促す狙いがあるらしいです。

他には、個人番号カードに以下のものが付く可能性があると言われています。

  • 健康保険カード
  • 年金手帳
  • 運転免許証
  • 印鑑登録証、
  • 図書館カード
  • 銀行のキャシュカード等
  • クレジットカード
  • など

クレ活管理人的には、健康保険カードや年金手帳、印鑑登録証、図書カードなど、
市役所が発行する系のものは、まとめて欲しいかな、と思います。

ただ、クレジットカードを一体化させるのはやめて欲しいです。
まず、紛失や盗難時。
一気にクレジットカードとマイナンバーが無くなる、って相当ヤバイです。

次に、クレジットカードの券面が好きって人は結構いると思うので、
それが個人番号カードのような素っ気ないデザインになるのや嫌ですね。
ゴールドカードを持っていても、それが個人番号カードに統合されたら、最悪です。

あとは、現実的に無理なんじゃないか、と思っています。
クレジットカードはいつでも解約できるし、
複数のカードがあるし、まとめるとか無理だと思います。

国の独自のクレジットカードが付く、という可能性はありますが、
それだと個人番号カードを欲しがる人が激減しそうなので、
結局はクレジットカードを統合するのは無理なんじゃないかと、予想してます。

クレジットカードの審査に影響が出る可能性

2つ目は、クレジットカードの審査に影響がでる可能性があります。

マイナンバーに銀行やクレジットヒストリーなどの金融系が紐付けられると、
個人の資産などがすべて把握できることになります。

そうなると、住宅ローンや車のローンを組む時や、
クレジットカードの審査など、個人の信用を確認する時に、
その国のデータに照会する可能性が高くなります。
今までは、「CIC」等の信用情報機関に照会していましたが、
これからはマイナンバーを使って、国に照会することになるかもしれません。

なので、もしかしたら、
クレジットカードの審査にも影響が出る可能性があります。

ただ、基本的には照会する機関が変わるだけになると思うので、
ほとんどの人はあまり影響は出ないと思います。
でも、隠れて借金とかしているような場合、
今まではバレなかったけど、これからはバレるようになるかもしれません。

まあ個人の信用って結局何のか、と考えると、
お金をきっちり支払える能力、のことになります。
なので、今まで通りクレジットカードを使って、きっちり払っていけば、
結局は問題ないような気がします。

まとめ

マイナンバー制度で今覚えておくことは以下です。

  • 2015年10月からマイナンバー通知開始
  • 2016年1月からマイナンバー制度の利用開始
  • 通知されたマイナンバーは厳重管理すること
  • マイナンバーは一生ものだけど、紛失や不正利用されたら番号変更ができる
  • 2016年1月から市町村に申請すれば、個人番号カードが交付可能

クレジットカードの関連性は以下です。

  • 個人番号カードにクレジットカードが付く可能性がある
  • クレジットカードの審査に影響が出る可能性がある

まだ未確定な部分が多いので、これくらい知っておけば大丈夫だと思います。