今日は成人の日なので、各所で成人式が行われていますね。
これを機にクレジットカードを持とう、と思う人も多いんじゃないでしょうか?

成人=20歳になれば、たしかにクレジットカードを持つことができます。
ただ、19歳の場合はちょっと勝手が違ったりもします。

なので今回は、クレジットカードに関わる年齢について書こうと思います。

クレジットカードは18歳以上なら持てるが・・

ほとんどのクレジットカードは、18歳以上なら持つことが可能です。

ただし、未成年=20歳未満の場合は、親権者の同意が必要になってきます。

親権者の同意とは、クレジットカード会社にもよりますが、
同意書のような書面を送る必要や、電話での確認が必要になります。

どちらにしろ、未成年の人は申し込む前に親に話しておく必要があります

ただし、18歳以上でも高校生は持つことができせん。
学生ならクレジットカードを持てるといっても、
ここで言う学生は大学生以上のことで、高校生以下の学生は持つことはできません。

これらをまとめると、
18歳以上で、学生なら大学生なら持てる、ということになります。

20歳以上なら問題なくクレジットカードを持てる

20歳以上になれば、基本的には問題なくクレジットカードを持てるようになります。

ただし、学生であれば学生向けのクレジットカードでないと、
審査に通るかどうかはわかりません。
学生カードであれば、今までに携帯料金などの延滞がなければ、審査は通ると思います。

この理由としては、通常のクレジットカードは安定収入が必要になります。
ただ、学生カードの場合は、学生になるので、
収入についてはあまり求められません。

なので、学生が一般カードに申し込むと、
この収入部分で審査落ちしてしまう可能性がやや高くなります。

一方で、学生でない社会人やフリーターの場合は、
安定した収入が必要になってきます。

60歳以上でもクレジットカードは持てる!

それと高年齢の場合も見ていきます。

基本的に上限の年齢は設定されていませんが、
やはり年齢が高くなっていくにつれて、
クレジットカードの審査は厳しくなってきてしまいます。

60代ならまだ大丈夫だと思いますが、
70代だとちょっときついと思います。

この理由は、クレジットカード会社が貸し倒れを警戒するためです。
70歳以上になると、病気や死亡する可能性が高くなり、
クレジットカードの支払いを返せなくなる場合もあります。

そうなってしまうとクレジットカード会社的には損になりやすいので、
審査に通りにくくなってしまいます。

ちなみに、クレジットカードの支払いが残ったまま死亡した場合、
家族に借金として、相続されることになります。
相続放棄をすれば、支払う必要はありませんが、
相続する場合は、借金も相続することになるので、支払う必要が出てきます。

最初の1枚目のクレジットカードと年齢で注意したいこと

クレジットカードは、ブラックになると持てなくなる、と聞いたことがあると思います。
ここで言うブラックは、カードの延滞などをして、
もうお金を借りられなくなったり、カードが作れなくなる状態のことです。

一方で、ホワイトの状態も注意が必要です。
ホワイトとは、個人の信用情報が真っ白の状態のことを言います。
つまり、ローンなどを全く利用したことが無い状態です。

このホワイトの状態でも、審査が通りにくくなる時があります。
それは年齢が高くなっている時です。
通常は、初めてクレジットカードを持つのは20代が多いです。
遅くても30代です。
なので、年齢が高いのに初めてクレジットカードを持つ場合は、
ちょっとクレジットカード会社に警戒されることがあります。

なので、クレジットカードを持つなら、
20代で持っておいて、個人の信用情報を育てておいた方が、
今後何かと信用情報を使う審査がある時に、有利になります。

まとめ

  • クレジットカードは18歳以上なら持てる
  • 未成年の場合は、親権者の同意が必要
  • 18歳でも高校生だと不可
  • 20歳以上だと普通に申し込みが可能だが、審査あり
  • 学生カードなら、審査は軽め
  • 60歳以上になると、審査に通りにくくなってくる
  • 最初の1枚目は、20代の時には持っておこう