前回のブログ「クレジットカードに関する総合調査(2015年度)のレビュー」は、
クレ活管理人的には衝撃的な内容でした。

それは思っていた以上に、
クレジットカードを活用できていない人が多かったからです。
クレジットカードを持っているのに、
普段の生活でそれを活かせていないということです。

特に電気料金のクレジットカード払いは、
公共料金の中でも基本的な部類と勝手に思っていますが、
そのクレジットカード払いの割合が53.1%、と結構低かったんです。

クレジットカードのサイトを運営している側としては、
もっとお得に活用してもらいたいと思っているので、
今回は電気料金に絞った活用方法を書こうと思います。

といっても、クレジットカードで電気代を支払うデメリットもあるので、
まずは、電気代をクレジットカードで支払うべきかどうか、を判断してください。
もしクレジットカードで支払う方が良さそうであれば、
下のクレジットカード払いに変更する方法を参考に、変更手続きをすると良いと思います。

電気代をクレジットカードで支払うメリット

まずは、電気代をクレジットカードで支払うメリットを見ていきます。
といっても、メリットの大部分はクレジットカードのポイント、になります。

メリット1:ポイントが付く

クレジットカードを利用すればポイントが付きます。
これは、公共料金も例外ではなく、
還元率1%のクレジットカードであれば、電気代の1%分がポイントとして付きます。

例えば、1年間10万円(月8333円)電気代として使ったとします。
すると、1年で1,000円分(月83円)のポイントが付くので、
普通に支払った時よりもお得になります。

ちなみにクレ活管理人の電気代は以下です。(2人世帯)
オール電化なのでやや多めだと思います。
クレ活管理人の電気料金

このグラフは、TEPCOの「電気家計簿」というWebサイトで見れます。
ぱっと見、平均14,000円くらい(年16万8000円)です。
クレ活管理人の場合は、還元率2%のカードで支払っているので、
3,360円分のポイントが付いていることになります。

これだけ電気代を支払っているなら、カード払いが最もお得です。

メリット2:支払日がわかりやすい

こちらは人によって感じ方は変わります。

例えば、電気、ガス、水道などを個別に口座引落にしてしまうと、
引き落とされる日にちは違うし、
いくら残高を確保しておかなければいけないか、
気にする点が多くなってしまいます。

一方でクレジットカードの場合は、
口座引落日は常に同じで1つなので、いついくら引き落とされるかが、
わかりやすくなります。

電気代をクレジットカードで支払うデメリット

一方で、電気代をクレジットカードで支払うデメリットもあります。

デメリット1:電気代が月5400円以下の場合、損になる

1つ目は、クレジットカードで支払うと損になってしまうケースがあります。

実は現在、主な電力会社で口座引落をすると、
口座振替割引として、月54円(年648円)の割引が付きます。

なので、電気代の金額によっては、
クレジットカードのポイントよりも口座振替割引の方が多くなります。

その境界を還元率1%のクレジットカードで計算すると、月5400円になります。
月5400円未満であれば口座引き落としの方がお得で、
月5400円以上ならクレジットカードの方がお得です。

還元率が0.5%のクレジットカードだと、
この境界は2倍の10800円になります。

デメリット2:クレジットカードの有効期限

クレジットカードにした場合、有効期限を気にする必要が出てきます。

5年に1度くらいになりますが、クレジットカードは有効期限があります。

ほとんどのクレジットカード会社では、
有効期限が切れるとクレジットカード番号も変わるので、
たとえ同じカードだったとしても、
クレジットカードの変更手続きが必要になります。

ただ、クレジットカードの変更手続きは、
インターネット上でもできるのでそこまで面倒ではありません。

電気代をクレジットカードで支払う方法(新規・変更)

以上のメリット・デメリットを見て、
電気代をクレジットカードで支払った方が良い人は、
クレジットカード払いに変更しましょう。

方法は以下の3つになりますが、
基本的にはインターネット申し込みがおすすめです。

なお、もうすぐ電力自由化が始まりますが、
今回の内容は、東京電力、中部電力、関西電力などの主な電力会社が該当します。

1:インターネット申込

GoogleやYahooで「電力会社名 クレジットカード」などで検索します。
例えば、「東京電力 クレジットカード」です。

すると、ほとんどの場合検索結果の一番上のページに、
クレジットカードでの申し込みページが出てくると思います。
「インターネットでの申し込みはこちら」というボタンがあるので、
そこから申し込みます。

入力の際には、契約情報が必要になってくるので、
以下の様な検針票を手元に用意しておきましょう。

電気料金の検針票サンプル

なお、TEPCOの「電気家計簿」というWebサイトに登録している人は、
そこの各種お手続きから、カード払いに変更することもできます。

2:郵送申し込み

郵送申し込みは、クレジットカード支払申込書が家に郵送されてくるので、
それに記入し、返送するタイプです。

郵送申し込みする方法は、インターネットから申し込む場合と、
電話での方法があります。

インターネットから郵送申し込みをするなら、
1の方法で直接申し込んだ方が早いし、簡単ではあります。

電話番号から申し込む場合は、上の検針票に電話番号が書いてあるので、
そこから問い合わせればOKです。

3:窓口申込

インターネットを利用しなかったり、よくわからないという人は、
窓口に直接行くか、電話で聞いてみるのが一番簡単だと思います。

電力会社によって対応は変わりますが、
窓口で申し込めば、おそらく郵送での申込書がもらえるので、
そこに記入して出せばOKです。

まとめ

電気代は公共料金の中でも多く占めるので、
できるだけクレジットカード払いにしておきたいところです。

上記で紹介したメリット・デメリットを確認し、
クレジットカードで支払った方がメリットある場合は、
クレジットカード払いにしておきましょう。

毎月勝手にカード払いになり、ポイントも付くようになるのでお得です。
是非活用してみてください!