三井住友VISAカードのパルテノン神殿
仕事やデートのような場で、
普段使っているクレジットカードを出してしまい、
恥ずかしい思いをしたことがある人はいると思います。
今回は、そういう場面でも恥ずかしくないクレジットカードをテーマにしたいと思います。

恥ずかしい、恥ずかしくないカードはあるのか?

まず、そもそも論として、
恥ずかしいクレジットカードというのがあるのかどうか、という点です。

これは結論から言えば、ある、になります。

でも、恥ずかしいかどうかって自分が決める、感じることです。
なので、全く気にしない人であれば、
恥ずかしいクレジットカードなんて存在しないんじゃないか、
と思うかもしれません。

クレ活管理人もカード自体にそういうランク付けは好きではないし、
誰がどんなカードを使っていても、気にはなりません。

でも、たとえ自分がどう思っていても、
恥ずかしいかどうかを決めるのは、相手や周り、なんです。
なので、相手が恥ずかしいと思ってしまえば、
それは恥ずかしいクレジットカードということになってしまいます。

服で例えるとわかりやすいです。
何かの面接に行く時、基本的には服装は自由のはずです。
でもほとんどの人はスーツで行きますよね。
そんな中でTシャツGパンだと、おそらく恥ずかしいと感じると思います。
自分は何も気にしなくっても、周りの人はどう思うでしょうか?
周りの人も全く気にしない、ということは残念ながらなく、
人は見た目であたなを判断してしまうことになります。

クレジットカードでも、規模は小さくはなりますが、
服装と同じようなことが言えます。

デートでカッコいいクレジットカードだと有利

デートでもカッコいいクレジットカードは有利です。

もちろんこれは、相手によって変わってきます。
ただ、一般的にこういうのはダメ、ああいうのはダメ、
と言われている節があるので、実際に優劣は存在すると思った方がいいです。

まずは現金とクレジットカードの比較です。
現金なら特にかっこ悪いとかはないので、印象が悪くなることはありません。
ただ、クレジットカードと比べるとスマート差は欠けます。
現金だと支払いに手間取ることもあったり、
サイフから出す金額が見えてしまったりするためです。

クレジットカードであれば、支払いはスマートだし、
大人な部分を感じてもらえるかもしれません。

次にクレジットカードでも、
スーパーで使うようなカードと恥ずかしくないクレジットカードでは、
相手に与える印象が変わります。

スーパーで使うようなカードだと、
気にする人だとカッコ悪い、と思われるでしょう。
恥ずかしくないクレジットカードであれば、
カッコいいと思うかもしれないし、
気を遣ってくれている、と思ってくれるかもしれません。
少なくとも印象がダウンすることはありません。

クレ活管理人的には、全く気にしないことですが(笑)、
こういう細かいところで好感を持つ人もいるので、
やはり恥ずかしくないクレジットカードが1枚あると便利だと感じます。

どこで出しても恥ずかしくないクレジットカードとは?

それでは、どこで出しても恥ずかしくないクレジットカードは、
どういうカードになるのでしょうか。
条件を挙げていってみます。

まずは銀行系カードです。
三井住友や三菱東京などのクレジットカードです。
銀行系の名前は社会人であれば、誰でも知っている名前だし、
その名前を聞くだけで安心できる信頼性もあります。
ビジネスの話に最も適したカードだと言えます。

次に外資系カードと言われることもありますが、
海外の会社のカードです。
アメックス系やダイナースクラブ系のカードです。
ステータスカードと言われることもあります。
どちらかというと、デートに適したカードです。

あと、プロパーカードであることも重要です。
プロパーカードとは、どことも提携しておらず、
そのカード会社単体で出しているクレジットカードのことです。
どこかと提携したカードになると、
カード券面がごちゃごちゃして、落ち着かない雰囲気が出てしまうからです。

逆に恥ずかしいと思われるクレジットカードとしては、
普段使っているようなカード、になります。
どこかのお店用のカードや、お得が全面に出ているようなカードです。
こういう何かしら特化したカードは、
公共の場ではダサいと思われてしまう傾向があります。

以上を踏まえて、どこで使っても恥ずかしくないクレジットカードを、
具体的に挙げてみました。

どこでも使えるクレジットカードのおすすめ5選

三井住友VISAカード

三井住友VISAクラシックカードのサンプル画像
まずは、三井住友VISAカードです。
クレ活管理人が最もおすすめするカードです。

日本で知名度もかなり高く、信頼性の高さで有名な銀行系カードのプロパーカードです。
ビジネスの場ではもちろんですが、デートの場でも問題なく使え、
どんな場面でも恥ずかしい思いをすることはありません。

また、三井住友VISAカードは他のカードに比べ、
年会費無料にすることが簡単なカードなので、
普段用のカードとは別に1枚サイフに入れておくことが簡単です。

将来的にゴールドカード以上になれば、ステータスカードとしても使えます。

デメリットはほとんど無い(サイフが厚くなる程度)ので、
1枚入れておいても損はありません。
クレ活管理人的には、イチオシのカードになります。

JCBオリジナルシリーズ

JCB一般カードのサンプル画像
次は、JCBオリジナルシリーズです。

JCBカードは、たくさんの種類がありますが、
オリジナルシリーズは、国際ブランドであるJCBのプロパーカードになります。

JCBも非常に有名なため、どんな場面でも使うことができます。

年間利用額50万円以上なら年会費無料にすることも可能です。
ただ、サイフにとりあえず入れておく程度であれば、
年会費はかかってしまうのが欠点です。

将来的にゴールドカード以上のステータスカードを目指す気があるのなら、
メインカードとして使っていくのが良いと思います。

アメリカン・エキスプレス・カード

アメリカン・エキスプレス・カードのサンプル画像
続いてアメリカン・エキスプレス・カードは、アメックスのプロパーカードです。

恥ずかしくないどころか、ステータス性もあるカードなので、
どんな場面にも使うことができます。
どちらかというと、デートの場面で効果を発揮しやすいと思われます。

ただ、年会費が他のカードに比べて高いです。

ダイナースクラブカード

ダイナースクラブカードのサンプル画像
そして、ダイナースクラブカードは、ダイナースクラブのプロパーカードです。

こちらもアメックス同様、ステータス性のあるカードで、
おそらくアメックスよりもステータス性は高くなっています。

ただ、その分年会費が高かったり、使えないお店も出てくるので、
アメックスよりも使いにくいと思います。
また、最大のデメリットは審査に通るのが難しい点です。
それなりの年齢や年収が無いと、持つのは難しいです。

審査や使いやすさはデメリットがありますが、
その分、ダイナースクラブカードを持つ人は少なくなり、
ステータス性も高くなっています。

ANAやJALカード

ANA JCB一般カードのサンプル画像

JAL普通カード(VISA)のサンプル画像
最後は、ANAJALカードです。

これは賛否両論あるかもしれません。
銀行系でもプロパーでもないからです。

ただ、ANAやJALカードは飛行機を使う人、というイメージがあるため、
ビジネスやデートの場でも比較的、問題ないカードです。

ビジネスでは出張などもあるので、飛行機は使うことがあると思います。
デートでも、よく飛行機を使う人というイメージになれば、
印象が悪くなることもないし、旅行好きな相手ならより好印象になると思います。

最大のメリットは、普段用のカードとしても使いやすいことです。
マイレージを貯めている人なら、普通に使っているカードなので、
わざわざビジネスやデート用にもう1枚持つ必要がなくなります。

まとめ

今回は、仕事やデート等、どこで使っても恥ずかしくないカードについてでした。

恥ずかしいかどうかは、自分ではなく相手が受ける印象によってきます。
そのため、普段使う用のカードしか持っていない、という人は、
イザという時のために、どこでも出せるような恥ずかしくないクレジットカードを、
1枚サイフに入れておくと安心できると思います。

クレ活管理人も仕事上、そういう場面がたまにあるので、
1枚はサイフに入れています。
こういうカードがあると、印象が良くなったと感じることもあるし、
話のネタになることもあるので、結構おすすめです。

こういったどこで使っても恥ずかしくないクレジットカードを、
1枚サイフに入れることを検討してみてはいかがでしょうか?