実はここ3ヶ月くらい、クレ活の問い合わせの中で、
審査関係が多くなっています。

時期が関係しているのか、よくわかりませんが、
審査については興味のある人や不安な人は多いと思うので、
今回のテーマは審査にしてみます。

問い合わせでいただいた質問を含め、
審査に関するQ&Aということでまとめました。

質問1:クレジットカードの延滞記録はどれくらい残るか?

クレジットカードで延滞したという記録は、
CICという個人信用情報機関に記録されます。

CICでは延滞の情報は5年間残すと言っています。
なので5年経てば、完全に真っ白の状態になって再スタートできます。

ただ、5年って長いですよね?

これはクレ活管理人の独自の体験や考えからくる予想ですが、
2年でも大丈夫だと思っています

理由は、まずCICから信用情報を取り寄せると、
(参考:「実際に信用情報を取得してみた(CIC)」)
延滞したか、支払ったか、という情報が2年分しかありません。
おそらくですが、5年というのはCICの内部データ保存期間の話であって、
外部の人に渡すのは2年分、ということだと思われます。

もう1つの理由はクレ活管理人の体験です。
若干、記憶が曖昧ですが、
クレ活管理人が延滞を半年に1回ペースでしていたり、
毎月限度額まで行き、リボやキャッシングにまで手をつけているような、
金遣いが荒れていた時期がありました。
その時期から4年目くらいの時に住宅ローンに申し込んでいますが、普通に通りました。
ちなみに複数社住宅ローンに申し込みましたが、すべてOKでした。

まとめると、延滞記録は5年間保存と言われているので、
5年待てば完璧に大丈夫ですが、
5年は長い、という人は2年経ってからの挑戦でもいいと思います。

質問2:クレジットカードの審査に落ちてから再申込する時、どれくらい待てばいいか?

どうしても欲しいカードがあっても、
そこで審査に落ちてしまうことはあると思います。

クレジットカードの申し込みは何回でも可能なので、
1度落ちてしまっても、2回目の申し込みで受かればOKです。

ただ、1度落ちた後、すぐに申し込んでいもいいのか、
待つならどれくらいの期間を空けてから申し込むのがいいか、
という質問になります。

まず、一般的には6ヶ月あけろ、と言われています。
これには根拠はありませんが、今まで色々な人の体験からくる数字なので、
それなりに信用はできます。

クレ活管理人の考えでは3ヶ月くらいでもいいと思っています。
6ヶ月という数字は昔の話であって、
現代はクレジットカードを持つのも当たり前だし、
平均所持枚数も増えてきているので、
ちょっと事情が変わってきていると思います。

実際の事例としては、
クレ活管理人が審査に落ちてから1ヶ月以内に再度申し込みをしたところ、
審査に通過したということがありました。
(参考:「クレジットカード審査落ち後、1ヶ月以内に再申し込みをした結果・・・」)

もちろん6ヶ月待てるという人は待った方が確実です。
でも、色々なカードに申し込んだ経験から言うと、
3ヶ月でも大差ないかな、といった感じです。

なお、クレ活管理人が1ヶ月以内で再度申し込んだ理由としては、
カード環境に変化があったからです。
具体的には、いらないカードを解約したり、
持っているカードの限度額を引下げたり、など、
色々な整理をしたからです。
こういった状況が変わったので結果が変わるかもしれない、と思い、
申し込んでみたところ、見事に審査通過しました。

なので、何ヶ月というよりも、
審査に落ちた原因を解決していれば、
すぐの申し込みでもいいんじゃないかと思います。

質問3:信用情報を良くする方法はありますか?

個人信用情報を良くするには、裏ワザなどはなく、
コツコツ地道に毎月クレジットカードを使って支払う
これを繰り返していくしか道はありません。

ただ、だからといって無理やり毎月使う必要はありません。
使わない月が出てきても全く問題はありません。

なので、審査に困っている人は、
今持っているクレジットカードを使って確実に支払う、
これをとにかくやってみてください。

もし手持ちにクレジットカードがなければ、
ACマスターカード」に申し込んでみてください。
このクレジットカードは、他のカードと個人信用情報機関が違うので、
他のカードで審査が通らない人でもカードを持てる可能性があります。

もし審査に通過することができたら、
ACマスターカードを使って支払う、これをコツコツ繰り返していけばOKです。

質問4:申し込み時に、内定中の会社名を記載しても大丈夫か?

これは会社によってきます。

会社によっては、問題ない、という場合や、
申し込み時に、「○○株式会社 内定者」と書く場合もあるようです。
もしかしたらNGのところもあるかもしれません。

なので、まずは内定した会社の人事の人に電話して聞いてみましょう。
人事の指示に従っておけば問題はありません。

慎重な学生さんは、こういう質問をすると何かあるのか、
と心配する人もいるかもしれませんが、
人事の人が言うには、よく聞かれる質問の1つらしいので、
普通に聞いてしまって何の問題も無いと思います。

質問5:ブラックリストに載っているかもしれません

まず、ブラックリストというのは存在しません。
正確には個人信用情報機関にある信用情報のことで、
そこに連続して延滞をしているような状態になると、
どのクレジットカードでも審査に通らなくなります。

この状態のことを、ブラック状態のように言われています。

このブラック状態から脱出するためには、
まだ既存のカードが使えるなら、
カードを使って支払うことをコツコツ繰り返していきます。

使えるカードがないなら、
まずは上にも紹介した「ACマスターカード」に申し込んでみましょう。
これがダメだったら、まずは2年経ったあたりで一度カードに申し込んでみましょう。
これがダメだったら、5年間待って、
ブラックな記録が消えるまで待つしかありません。

質問6:こういう条件ですが審査通りますか?

申し込む予定のクレジットカードの申し込み条件を見て、
それに当てはまっていれば大丈夫です。
心配するよりも、一度申し込んでみた方がいいです。

基本的には安定的な収入があれば大丈夫なので、
アルバイトでも問題ないはずです。

ただ、銀行系のクレジットカードは、
他のカードよりも審査が厳し目なので、
心配なら避けておいた方がいいと思います。

質問7:固定電話がありませんが大丈夫でしょうか?

個人であれば問題ありません。
クレ活管理人も固定電話は持っていませんが、
審査は普通に通っています。

法人であれば若干問題があります。
携帯電話だけでも大丈夫な場合もありますが、
マイナスポイントになると思います。

なので固定電話を取得するか、
費用を掛けたくないなら、無料の050電話を取得すると良いです。

質問8:在籍確認の電話は来るのでしょうか?

これは何とも言えません。
クレジットカード会社とあなた自身の状況によります

在籍確認の電話が来るケースとしては、
まず、初めてクレジットカードを作る場合、
この場合はほぼ確実に在籍確認があると思っておいた方がいいです。

2枚目以降のクレジットカードでは、
きちんと支払いをしていて、
会社や年収に大きな違いがなければ、
在籍確認の電話が来ることはほとんどないと思っていいです。

次に、独立して会社員から自営業になった場合、
これは在籍確認が来る場合があります。
ただ、自営業なら電話が来ても何の問題もないと思います。

転職してからクレジットカードを作る場合、
これも在籍確認が来る可能性がありますが、
クレ活管理人は来たことがありません。

人によっては来ることもあるので、
2枚目以降のクレジットカードの場合は、
申し込みした本人の属性や、事故歴などを見て、
カード会社側で不安を持ってしまった場合に、
在籍確認をすることがあるようです。

例えるなら、書類審査と面接審査があるようなものです。
書類だけでOK、NGという人もいるだろうし、
書類だけでは判断しにくい、という人には、
面接(在籍確認の電話)をする、という感じです。

なので、初めての申し込み時には在籍確認がある、
2枚目以降なら、きちんと支払っていて環境が変わっていないなら、
在籍確認が来る可能性はかなり低い、ということです。

質問9:個人信用情報を自分で取得すると審査に影響ありますか?

個人信用情報を自分で取ることによって、
クレジットカードの審査に影響はありません。
なので、特に心配する必要はありません。

デメリットを挙げるとしたら、
個人信用情報を取得するのに少額ですが費用がかかるくらいです。

まとめ

今回は審査関連のQ&Aをまとめてみました。

  • クレジットカードの延滞記録は5年残る。ただ、信用情報を取得すると2年分しか見れないので2年でも大丈夫な可能性あり。
  • クレジットカードの審査に落ちてから再申込する時は、一般的に6ヶ月待つ。条件が変わった場合ならもっと早い申し込みでもOK。
  • 信用情報を良くする方法は、コツコツ地道に毎月クレジットカードを使って支払うこと。
  • 内定者のクレジットカード申し込みは、人事の人に確認する。
  • ブラック状態になったら、ACマスターカードに申し込み、2年後に挑戦、5年後に挑戦を順にやる。
  • 申し込み条件に当てはまれば、心配するよりも一度申し込む。
  • 個人なら固定電話がなくても問題なし。法人なら050の無料電話でも取っておいた方がいい。
  • 在籍確認の電話は初めてクレジットカードを作る場合は来る。それ以外は来ない場合が多いが、カード会社や申し込み者の状況次第。
  • 個人信用情報を自分で取得しても、クレジットカードの審査には影響なし

もし上記以外の質問がありましたら、
問い合わせからクレ活管理人宛てにお気軽に質問してください!
(メールアドレスは間違いのないようにお願いします)

クレジットカード活動の助けになれば幸いです。
クレ活管理人でした。