2016年9月16日に、
新しいVISAプリペイドカードの「Vanlde」(バンドル)が発行開始されました。

プリペイドカードは世の中に色々ありますが、
Vanldeは、今の時代に合わせ進化した新しいプリペイドカードです。

最近では、学生もスマートフォンを持つようになり、
有料アプリや、アプリ内の有料コンテンツを購入するなど、
若い人でもクレジットカードが欲しい機会が増えています。

ただ、クレジットカードは、基本的には大学生以上でしか作れません。
また、申し込めたとしても審査が通るかもわかりません。

そこで誰でも簡単に持てるプリペイドカードのVandleが誕生しました。

今回は、Vanldeがどういうものなのか、
クレ活管理人視点で見ていきたいと思います。

Vandle(バンドル)とは?

Vandle

Vandle(バンドル)は、
株式会社カンムと株式会社オリエントコーポレーションが提携した、
VISAプリペイドカードになります。

(プリペイドカードとは、事前にチャージして使うカードのこと。
他にはau WALLET、LINE Pay、Suica、PASMOなどがあります。)

年齢制限なく発行が可能なので、
未成年でも保護者の同意があれば発行できます。
もちろん、年会費は無料です。

VISAプリペイドカードなので、VISAが使えるお店ならどこでも使うことができます。

ここまでは普通のプリペイドカードと同じですが、
違うところがバーチャルカードになります。

バーチャルカードとリアルカード

Vandleにはバーチャルカードとリアルカードの2種類があります。

バーチャルカードとは、実物のカード型のカードでは無く、
カード番号のみがアプリ内でもらえるカードになります。
そのため実店舗では利用できず、ネットショップでのみの利用になります。
初回は無料で発行できますが、2回目以降は100円の発行手数料がかかります。

ただ、現在はiOS版のみの提供となっています。
iTunes Storeからアプリ「バンドルカード」をインストールして使います。
今後、Android版、Web版の提供も予定されています。

もう1つのリアルカードは、実物のプラスチックカードになります。
こちらは実店舗でもネットショップでも使えます。
こちらは300円の発行手数料がかかります。

バーチャルカードは即時発行できますが、
リアルカードは発行まで時間がかかります。

Vandle(バンドル)はとにかく発行が簡単!

クレジットカードは申し込むまでが結構面倒です。
自分の情報だけでなく、勤務先の情報まで、
大量の個人情報を入力しなければならないので、
これが面倒でカードを作らない人もいるかと思います。

一方で、Vandleは作るのが非常に簡単です。
バーチャルカードなら、5分ほどでカード発行まで完了してしまいます!

まずはアプリをダウンロードします。
現在は、iOS版のみとなっています。

続いてアプリを開き、
ユーザーID、パスワード、生年月日、電話番号を登録します。
必要な入力項目はこの4つだけです。

そして、即時バーチャルカードが発行されます。

非常に簡単、かつ素早くVISAプリペイドカードが発行できるので、
今すぐにカードを使いたい場合でも対応することができます。

どうやってチャージするのか?

ただ、プリペイドカードなのでカード発行しても、
チャージしなければ使うことはできません。

現在は、3種類の方法でチャージすることができます。

  • コンビニ決済(ファミリーマート、ローソン、ミニストップ、サークルKサンクス、セイコーマート)
  • クレジットカード決済(VISA、Mastercard)
  • キャリア決済(NTTドコモ)

今後は、ペイジー決済やネットバンク振込からでもチャージできるようになります。

ただ、クレ活管理人的にこのチャージ部分は気になりました。

まず、コンビニ決済にセブンイレブンがありません
クレ活管理人が引越し前に住んでいたところでは、
周りのコンビニはセブンイレブンしか無かったので、
これだとチャージに苦労する人が結構いるんじゃないでしょうか。

次のクレジットカード決済はJCBからはチャージできませんが、
VISAとMastercardからチャージできるなら、だいたいは大丈夫なはずです。
ただ、Vandleを作ろうとしている人は、
クレジットカードを持っていない人が多いと思うので、
あまり関係ないかもしれません。
(学生なら親に頼むのが良いと思います。)

最後のキャリア決済もドコモのみなので、
au、ソフトバンクも今後追加していってほしいところです。

やはりいちばん気になるのがコンビニ決済です。
Vanldeを作ろうとしている人の多くは、クレジットカードがないので、
コンビニ決済が多いと思います。
対応しているコンビニが少ないので、身近でチャージできるところがなければ、
そもそも使えないということになってしまいます。

Vandleの利用を検討している人は、
チャージが自分の周りでできそうか確認しておいてください!

Vandleの仕様データ

もう少しVandleを細かく見ていきます。

カードの有効期限 5年間
年会費 無料
発行手数料 バーチャルカード:初回無料(通常100円)
リアルカード:300円
口座維持費 120日未利用の場合、それ以降30日ごとに100円。残高が100円未満になったら自動的に解約
解約手数料 すべての残高
海外事務手数料 4.5%
1回あたりのチャージ上限額 3万円
月間のチャージ上限額 12万円
有効期限内のチャージ累計額 100万円
残高の上限額 10万円

気になる点は3つで、手数料、海外利用、チャージ上限です。

1つ目の手数料系は、年会費は無料ですが、発行手数料がかかる場合があります。
初回のバーチャルカードは無料発行になりますが、
それ以降は100円かかります。
リアルカードは300円かかります。

そして最も気になるのが、口座維持費として120日(約4ヶ月)使っていない場合だと、
30日ごとに残高から100円引かれていくことです。
100円未満になったら、そのままカード解約になってしまいます。

なので、チャージをするなら使う予定がある場合にしておいた方がいいです。
とりあえずチャージしておいて、いつか使う、という使い方だと、
どんどん口座維持費を取られてしまいます。

2つ目の海外利用は、事務手数料が高めなので、
やめておいた方が無難です。
クレジットカードの海外事務手数料が約1.6%、
海外専用プリペイドカードだと1%切るものもあるので、
Vandleの4.5%は相当高いのがわかると思います。

3つ目のチャージ上限ですが、
これは使う人それぞれが問題なければ大丈夫だと思います。
一般的な電子マネーよりも上限が高いので良いと思いますが、累計額には注意です。
5年間の有効期限の中で、チャージ累計額が100万円を超えられないので、
実質1年間で20万円が使えることになります。
ちょっと少ない気もするので、確認しておいてください。
ただ、もし累計を超えた場合は、
再度プリペイドカードを発行すればいいだけなので、
そこまで問題にはならないと思います。

Vandleの3つのメリット

さて、これまでVandleについて紹介してきましたが、
メリットについて見ていきます。

年齢制限なし・簡単発行

やはり一番のメリットは、年齢制限がなく簡単に発行できる点です。
欲しい時にすぐに誰でも発行できるのは、
クレジットカードには到底できません。

カードを使ったらすぐ分かる

Vandleは、カードを使った時にアラートで知らせてくれるので、
使い過ぎだけでなく、不正利用にもすぐに対応することができます。

広告が少なめ

こういった金融系のアプリだと、
色々なキャンペーンやら広告であふれることが多いです。
しかし、Vandleは自分の興味ある広告だけに限定されています。

Vandleの3つのデメリット

続いてデメリットです。
Vandle単体のデメリットだけでなく、
クレジットカードなどとの比較も含みます。

口座維持費

常に使う人には問題ありませんが、
たまに使う人だと口座維持費が掛かる可能性があります。
120日未利用だと残高から100円が取られてしまいます。

現状チャージ関連は弱め

現状だと、チャージする手段が少なめなのと、
5年間の累計上限が100万円なので、
使う人によっては、使いにくく感じると思います。

ポイントは付かない

クレジットカードと違い、使ってもポイントは付きません。

まとめ

では、特徴のまとめです。

  • Vandleは年齢関係なく誰でも発行可能なプリペイドカード
  • VISAが使えるお店ならどこでも使える
  • バーチャルカードなら即時発行可能(現在iOSのみ。今後Android、Web版)
  • リアルカードの発行も可能(発行手数料300円)
  • 120日未利用時に、口座維持費が発生
  • 5年間のチャージ累計上限額が100万円

クレジットカードが持てなかったり、抵抗がある人に、
おすすめのプリペイドカードになります。

VISAなのでクレジットカード対応しているお店ならほぼ使えますし、
バーチャルカードなら簡単に即時発行することができます。

ただ、出たばっかりの新しいプリペイドカードなので、
iOS版のみしか対応していなかったり、
チャージ手段が少なめだったりしますが、
今後に期待を持てるプリペイドカードです。

興味の出た人は、さっそくアプリをインストールしてみてはいかがでしょうか?

良いクレジットカードライフを!
クレ活管理人でした。