iPhone7が発売されて約1ヶ月ほど経ちました。
iPhone7で注目したい機能は色々あると思いますが、
今回クレ活で取り上げたいのは、Suicaが使えるようになったことです。

おサイフケータイは、携帯(今はスマホが主流ですが)がお財布代わりになり、
コンビニや駅など色々な場所でピッとかざすだけで決済できるすごいやつです。

おサイフケータイを使うにはお金をチャージする必要があり、
その背景にはクレジットカードを使うことがほとんどです。

なので、おサイフケータイを使う人が増えれば、
クレジットカードユーザーも増える、ということになります。

クレ活管理人もおサイフケータイを使う1人で、
Suica、nanacoを主に使っていたりします。
JRであれば電車の定期もモバイルのみで済み便利です!
(定期はJRに限りますが)

そこで今回、iPhone7のおサイフケータイ(主にSuica)について色々と調べてみました!

iPhone7で何故おサイフケータイ対応したのか?

おサイフケータイと言われていますが、
その正体は、「Felica」(フェリカ)と呼ばれるチップです。

このチップが搭載されていれば、おサイフケータイが使えるわけです。
ただ、Felicaは日本の技術なので、
今までは海外のスマホ等には搭載されることがありませんでした。

なので、iPhoneはもちろん、海外のAndroid端末なども、
おサイフケータイには対応していません。

海外で代わりに対応しているのは、
世界の主流である「NFC」というもので、
Felicaと同じく、非接触でデータを読み取ってくれます。

そのため、iPhoneでは世界標準規格のNFCが採用され、
Felicaが載ることはないと言われていました。

しかし、iPhone7では「Felica」が採用されました。

これは最近のAppleの業績不振が影響しているようです。
iPhoneは基本的に値段が高いので、世界で見るとあまり売れていません。
ただ、日本だけはキャリアの努力のおかげもあり、
iPhoneは非常に人気があります。

そのためAppleは、日本に焦点を絞り、
今回のFelica搭載をしたということです。

iPhone7のおサイフケータイ機能でできること

正確には、iPhone7で使えるのは、
「Apple Pay」と言うものになります。
なので、今までAndroid端末やガラケーで使っていたおサイフケータイとは別物になります。

じゃあ、Apple Payはどういうものかと言うと、
クレジットカード、プリペイドカード、Suica等をiPhoneの中に入れられるサービス
のことです。

例えるなら箱のようなもので、
その箱に色々な決済方法を入れられます。

現状Apple Payに対応しているのが、Suica、iD、QUICPayとなります。
なので、nanacoやWAONは使えないようです。
(今後対応する可能性はもちろんあります)

Suicaに対応しているので、
改札をiPhoneをかざすことで通れるようになります!

iDやQUICPayは対応しているクレジットカードを登録することで使えます。
現状だと、JCB、MasterCard、アメリカン・エキスプレスが対応していて、
VISAには非対応とのことでした。
(もう少し細かい内容は少し下を見てください。)

ちなみにApple Payは、2016年10月25日から使えます。

iPhone7でのSuicaの使い方

Suicaが使えるiPhone機種は、「iPhone7」「iPhone7 Plus」になります。

Suicaを使えるようにするには大きく2種類の方法があります。

1つ目の方法はカード型のSuicaです。
「Walletアプリ」にSuicaのカードを登録すれば使えるようになります。
登録も簡単で、Suicaカードの上にiPhoneを乗せれば読み取ってくれて登録が完了します。
ただ、一度読み取って登録完了すると、カード型の方のSuicaは使えなくなるので注意してください。

2つ目の方法はモバイルSuicaです。
こちらはカード型のSuicaは使えず、アプリ上での登録になります。
新規で登録もできますし、既存のモバイルSuicaからも移行できるらようになります。
ただ、モバイルSuicaについてはまだ情報が少ないです。

どちらにしてもSuicaを登録した後はチャージが必要になってきて、
チャージをする時は、クレジットカードが必要です。
クレジットカードもApple Payに登録しておき、
その登録したクレジットカードからSuicaにチャージします。
オートチャージももちろん可能です。

ただ、先程少し書いたとおり、VISAには対応していません。

iPhone7でSuicaを使う時におすすめのクレジットカード!

じゃあどのクレジットカードが良いかという話に移ります。

まず、対応しているクレジットカード会社は以下の通りです。

  • アメリカン・エキスプレス
  • JCB
  • MasterCard
  • イオン
  • au
  • オリコ
  • クレディセゾン
  • ソフトバンク
  • TS CUBICカード
  • dカード
  • ビューカード
  • 三井住友カード
  • MUFG CARD

この中で特におすすめなのが、
やはり何と言っても「ビューカード」になります。
この中でもイチオシなのが、「ビックカメラSuicaカード」です。
クレ活管理人も使っています。

ビックカメラSuicaカードのサンプル画像

ビューカードは年会費がかかってしまうクレジットカードが多いんですが、
このビックカメラSuicaカードは、年1回の利用で年会費無料になるので、
実質年会費無料で持つことができます。

さらにJR関連へのチャージはポイント3倍で還元率1.5%になるので、
一番お得なクレジットカードになります。

また、モバイルSuicaを使う人もビューカードがおすすめになります。
モバイルSuicaは一応他のクレジットカードからもチャージできますが、
年会費がかかってしまいます。
ビューカード系の場合はモバイルSuicaの年会費はかかりません。

おそらくですが今後他のクレジットカードが出てきても、
JRがビューカード以上にお得になるようにしないと思うので、
ビューカードは1枚持っておいて本当に損がありません。

まとめ

  • iPhone7からApple Payが搭載され、Suica、iD、QUICPayが使用可能に
  • Apple Payは2016/10/25から
  • Suicaの使い方は、カード型の登録かモバイルSuica
  • Suicaへのチャージは、Apple Payに登録したクレジットカードからできる
  • Suicaチャージでおすすめのクレジットカードは「ビックカメラSuicaカード

いよいよあと約1週間後に、iPhone7のSuica機能が使えるようになります。

もしまだSuicaチャージ用のクレジットカードを用意していなければ、
早めに用意することをおすすめします。
クレジットカードが手元に届くまでにはだいたい2~3週間くらいはかかるからです。

普段持ち歩いているスマホで改札を通れるのは非常に快適なので、
是非iPhone7のおサイフケータイ機能を試してみてください!

良いクレジットカードライフを!
クレ活管理人でした。