国内旅行ならともかく、
海外旅行に行く場合は何かと不安な面もあるので、
旅行保険を付ける人も多いと思います。
ただ、旅行会社の保険を付けると、
人数によってはバカにできない金額が加算されることもあります。

なので、クレジットカードの旅行傷害保険を使って、
無料で保険を付ける
賢い人が増えています。

でも、クレジットカードの旅行傷害保険って、
色々細かい条件があってわかりにくいと思いませんか?

妻に適用されているのか。
子供に適用されているのか。
親に適用されるのか。など、
特に誰に適用されているのかわかりにくいと思います。

そこで今回は、
クレジットカードの旅行傷害保険をうまいこと家族にも適用する方法を、
解説したいと思います。

万が一のために必要とはいえ、
多くは無駄になってしまう旅行保険料をできるだけ安くしたい人は必見です!

超基本だけど重要な1点

クレジットカードに海外旅行傷害保険が付帯している場合、
基本、その持ち主である本人のみが旅行保険の適用となります。

何を当たり前のことを、と思うかもしれませんが、
重要な1点です。

クレジットカードの持ち主本人が旅行保険の適用範囲です。

家族カード保持者には旅行傷害保険が適用される

家族カードは、家族が支払った分と自分が支払った分を1つにまとめられますが、
メリットはこれだけではありません。

クレジットカードに付帯しているサービスや保険は、
家族カードでも同じようにすべて使えます

例えば、多くのゴールドカードには空港ラウンジサービスがありますが、
家族カードを持っていれば、同じ空港ラウンジサービスを使えます。

同じように旅行傷害保険が付帯するカードなら、
その家族カードも同額の旅行傷害保険が付帯します。

つまり、家族カードを持っている本人も、
そのカードの旅行傷害保険が適用されるということです。

家族カードが発行できる人は?

ここで家族カードは誰に発行できるのか確認しておきます。

家族カードが発行できる可能性があるのは、
高校生を除く18歳以上の配偶者、両親、子供、です。

あとはカード会社によって条件が変わります。

1つ目は、同居しているか別居しているか、です。
ほとんどは別居している家族でも大丈夫ですが、
一部のカードは同居が必須条件になります。

2つ目は名字です。
名字が同じことが条件のカードも一部あります。

なので、まず配偶者や18歳以上の子供なら大丈夫ですが、
両親はカードによって家族カードが発行できるかどうかが変わります。
まあ、両親の場合は、
両親自身にカードを持ってもらうのが一番いいと思います。

家族カードの2つの注意点

それと、家族カードには注意点が2つあります。

1つ目は、カード会社によりますが、
家族カードの発行枚数に上限があることです。
少ない所で3枚が上限となっています。

もし家族カードに上限枚数があり、足りない場合は、
他のクレジットカードを発行するしかありません。

2つ目は、家族カードの年会費です。
有料でも問題ないならいいですが、
家族カードの年会費を無料にしたい場合は注意が必要です。

ゴールドカードの一部では、
家族カード1枚目までが無料で、2枚目以降は有料のものがあります。

もし1枚目の家族カードのみ無料だった場合は、
2枚目以降の家族カードは、
他のクレジットカードの家族カードで補う必要があります。

家族カードが持てない家族は、家族特約付きのクレジットカードを

理想を言えば、
旅行に行く人全員が旅行傷害保険付きのクレジットカードを持つことですが、
18歳未満の子供は家族カードでも持つことができません。

でも家族特約付きのクレジットカードがあれば、
18歳未満の子供にも旅行傷害保険を適用させることができます

家族特約付きのクレジットカードとは、
カードを持っていない家族にも旅行傷害保険を適用できるものです。

それなら家族カードはいらないんじゃないか、と思うかもしれませんが、
家族特約の「家族」には配偶者が含まれていないカードもあります。
子供は基本含まれます。

また、家族特約のデメリットとして、
補償金額が本人カードよりも低く設定されていることがほとんどです。

なので、おすすめの旅行傷害保険の持ち方としては、

  • 家族カードが持てる人は持つ
  • 家族カードを持てない家族は家族特約で旅行傷害保険を付ける


とするのがベストです。

旅行傷害保険用のおすすめクレジットカード

旅行傷害保険用としてのおすすめクレジットカードはいくつかありますが、
1枚だけ紹介するなら、このカードになります。

横浜インビテーションカードは、
まさに旅行傷害保険のためのクレジットカードと言うくらいのスペックです。
年会費無料、家族カードの年会費は無料で、
海外旅行傷害保険が自動付帯します。
保険の内容も一般カードとしてはトップクラスとなっており、
傷害や疾病時の治療が最高200万円となっています。
さらに国内旅行傷害保険も利用付帯ですが付くので、
最強クラスの旅行傷害保険用カードです。

既に旅行傷害保険が付帯しているクレジットカードを持っている人でも、
横浜インビテーションカードは持っておいて損はありません。
傷害治療や疾病治療は別のカード会社のクレジットカードなら、
合算することが可能だからです。

他の旅行傷害保険用カードとしては、
年会費無料で海外旅行傷害保険が自動付帯するクレジットカードを、
以下に一覧としてまとめてあります。
参考:「旅行傷害保険が自動付帯!年会費無料のクレジットカード

このページにあるクレジットカードを持っていれば、
海外旅行に持っていかずにタンスに入れっぱなしにしていても、
旅行傷害保険が適用されます。

また、家族カードも無料で発行できるものや、
中には年会費無料なのに家族特約が付くレアカードもあります。

是非参考にしてみてください。

まとめ

  • 旅行保険が適用されるのは、クレジットカードの持ち主本人
  • 家族カード保持者も、旅行保険が適用される
  • 家族カードは18歳以上の配偶者、両親、子供が持てる
  • 家族特約付きのクレジットカードなら、18歳未満の子供にも旅行保険を適用できる

クレジットカードに付帯する旅行傷害保険が、誰に適用されるのか、
このページを読んだ人ならわかったと思います。

基本はクレジットカードや家族カードを持っている本人となりますが、
家族特約があれば、家族にも適用範囲が増えます。

あとは、今自分が使っているクレジットカードを確認し、
もし旅行傷害保険が足りないと感じたら、
上記でも紹介した、
参考:「旅行傷害保険が自動付帯!年会費無料のクレジットカード
このページにあるクレジットカードで補強すればOKです。

中でも「横浜インビテーションカード」はイチオシです。

良いクレジットカードライフを!
クレ活管理人でした。