「Amazon Prime Rewards Visa Signature Card」リリース

なんとアメリカのAmazonで、新しいクレジットカードの発表がありました!

しかも、年会費無料でAmazon利用時の還元率が5%という、
かなり期待のできそうなスペックです!

クレ活管理人としては、
Amazonはネットショッピングサイトの中でも一番利用するサイトなので、
これは是非調べなければ、と思い調査してみました。

ただ、以前にも紹介しましたが、
Amazonでは7%オフくらいで購入する方法があるので、
どちらの方法が優れているのか、検証も必要です。

ということで今回は、
米アマゾンの新クレジットカードのスペック調査と、
アマゾンでの最適な購入方法を検証してみたいと思います。

Amazonの新クレジットカードのスペック概要

クレジットカードは「Amazon Prime Rewards Visa Signature Card」です。
アメリカのクレジットカードなので英語名です。

このカードのスペック概要は以下のとおりです。

  • 米Amazon(amazon.com)での利用で還元率5%(上限なし)
  • レストラン、ガソリンスタンド、ドラッグストアでの利用は還元率2%
  • その他での利用は還元率1%
  • クレジットカードの年会費は無料
  • 海外旅行などの国外利用でも外国為替手数料なし
  • 旅行傷害保険とショッピング保険付帯
  • 24時間365日のコンシェルジュサービス
  • 申込条件は、Amazonプライム会員(年会費3,900円)

これを見る限り、相当ハイスペックなクレジットカードです。
Amazonプライム会員である必要はありますが、
Amazonで還元率5%はもちろん、年会費が実質3,900円で、
コンシェルジュサービス付きとは、すごいです。

Amazon以外では還元率1%になるようなので、
基本的にはAmazon用のクレカになりそうです。

旅行保険やショッピング保険、コンシェルジュサービス等は、
日本だとコスト的に厳しそうなので、
このままは来ないかもしれません。
(そもそもこのカード自体が日本に来るかもわかりませんが)

どちらにしろ、このクレジットカードの注目すべき点は、
やはり「Amazonで還元率5%」という点ですね。

クレ活管理人の感想

仮にこのままのスペックで日本に来たとします。
その場合でも、クレ活管理人はこのカードの申込はしないと思います。

理由は2つです。

1つ目は、現在Amazonプライム会員でないことです。
既にプライム会員なら迷うこと無く申し込むと思いますが、
このクレジットカードのためにプライム会員になるのは、
得策ではないと思ったからです。
プライム会員になってもそこまで欲しい特典もないです。

2つ目は、還元率が5%な点です。
現在、Amazonは7%オフくらいで利用できているので、
還元率が5%程度では、還元率が下がってしまいます

つまり、プライム会員の年会費3,900円を出して、
還元率を下げることになってしまうので、
クレ活管理人的にはこのクレジットカードは不要と判断しました。

個人的な見解ではありますが、
プライム会員でない人、プライム会員の特典が不要な人は、
このクレジットカードは無理して申し込む必要はないと思います。

その理由を解説します。

Amazonは誰でも7%オフくらいで購入できる

Amazonは、誰でも簡単に7%オフとかで購入する方法があります。

それは、最近流行ってきた「ギフト券の個人売買」サイトです。
以下のようなネット上で使えるギフト券の売買ができます。

  • Amazonギフト券
  • iTunesカード
  • GooglePlayカード
  • LINEプリペイドカード

金券ショップのネット版だと考えてもらえばわかりやすいと思います。

例えば、Amazonギフト券1万円分を9,000円で売った人がいて、
それを9,200円で購入する、というような感じです。

クレ活管理人が目撃した最高還元率は、9%オフ=91%でした。
ここまでの割引率だとなかなか購入できませんが、
7%オフ程度なら割と簡単に購入できます。

なので、こういったギフト券の売買サイトで安くAmazonギフト券を購入し、
あとはAmazonギフト券で買物をしていけば、
Amazonで常時7%オフ以上で購入できるわけです。

クレ活管理人はこういったサイトを2年以上使っており、
最近はAmazonでクレジットカードは使っていません(笑)。

ギフト券売買サイトでAmazonギフト券を購入する3ステップ

では、ギフト券売買サイトでのAmazonギフト券の購入方法を簡単に解説します。

詳しい解説は以前にも書いた以下ページにあります。
参照:「最大7%オフも可能!amazonで最もお得に買い物をする方法

ステップ1:会員登録する

ギフト券売買サイトに行き、会員登録します。
もちろん無料です。
入力する情報は、メールアドレスやパスワードくらいです。

ステップ2:入金する

お金をアカウントにチャージします。

ギフト券売買サイト上で、どの銀行にいくら入金するか、
あらかじめ入力申請します。
すると、振込先の口座番号が表示されるので、
その口座に振り込めばOKです。

振込手数料はこちら負担になってしまいますが、
住信SBIネット銀行や新生銀行など、振込手数料が無料な銀行を使ったり、
同じ銀行同士で手数料無料になるものをうまく使えば、
振込手数料は無料にできます。

ステップ3:購入する

アカウントに振り込んだお金が反映されたら、あとは購入です。

購入したいギフト券を選び購入ボタンを押すだけです。

購入後は、Amazonギフト券ならギフトコードが表示されるので、
Amazonのアカウントに登録すれば完了です。

なんか怪しそう?

こういうサイトを見た時の第一印象って、多分「あやしい」だと思います(笑)。
クレ活管理人も最初はそうでした。

でも、きちんとした会社が運営しているし、
電話もしてみましたがきちんとした対応でした。

また、こういうサイトで一番怖いのが、
「買ったギフト券が使えなかった」という点です。
でもこの点は全く問題ありません。
そもそも、ギフト券を購入した時が売買完了ではなく、
ギフト券が正しくAmazonアカウントに反映された時点が売買完了になるので、
もしギフト券が使えなくても、
使えなかった旨を報告することで返金してもらえます。
(クレ活管理人は10回以上利用していますが、
使えなかったことは一度もなかったです)

出品者と購入者の間に、運営会社が第三者として、
取引が適正に行われるかを見てくれるので、心配は不要です。
(エスクロー取引といいます)

おすすめのギフト券売買サイトは「ギフル」

Amazonギフト券売買の「ギフル」の画面

ギフト券売買サイトでイチオシは「ギフル」です。

このサイトは、ギフト券売買サイトの中でも後発組のサイトです。

有名所としては、「Amaten」があります。
クレ活管理人が少し前まで使っていたのは「ギフトレ」です。

この2つとしばらく比較しても、安いギフト券が多かったです。
また、多くのユーザーは、Amaten等に集まる傾向になるので、
有名所だと安いギフトが競争になってしまい買いづらいです。

そういった意味で、この「ギフル」は後発ということもあり、
今のところはイチオシのサイトだと思います。

まとめ

  • 米Amazonで新クレジットカード発表
  • 主なスペックは、Amazonで還元率5%で年会費無料
  • Amazonプライム会員(年会費3,900円)の必要あり
  • ギフト券売買サイトなら、7%オフ以上で購入できる
  • 現在のイチオシギフト券売買サイトは「ギフル

米Amazonの新クレジットカードはかなり魅力的です。
現在、Amazonプライム会員の人は迷わず申し込んでいいと思います。

Amazonプライム会員じゃない人、不要な人は、
年会費を払ってまでこのクレジットカードに申し込む必要はないと思います。
こういう人は、ギフト券売買サイトを使って、お得に購入するのがおすすめです。

ただ、ギフト券売買サイトは銀行振込などの手間が面倒です。

なので、今回調査した結果を踏まえると、、

  • Amazonプライム会員なら新クレジットカード
  • それ以外なら「ギフル」等のギフト券売買サイト

を利用するのがベストだという結論になりました。

早くAmazonの新クレジットカードが日本に来てほしいところですね。

良いクレジットカードライフを!
クレ活管理人でした。