2017年度になりました。

が、クレジットカードではあまり良いニュースはなく、
むしろ改悪のニュースが話題になっています。

あまり聞きたくはない話だと思いますが、
改悪についてはやはり知っておかなければ対処ができないので、
しっかりと確認していきます。

該当する人はしっかりと内容を把握し、
今後の移行先などを検討してみてください。

特にライフカードをメインで使ってきた人には、
大きな影響がある内容です。

それでは、具体的に改悪の内容を見ていきましょう。

ライフカードの誕生月5倍から3倍に改悪など

ライフカード(Bタイプデザイン)のサンプル写真
ライフカード(JCB)の写真

クレ活管理人も、一時期はメインカードとして擦り切れるくらい使ったのが、
ライフカードでした。
当時のCMに影響を受けた人は多かったと思います。

そんなライフカードの強み、象徴とも言える、
「誕生月にポイント5倍」これが3倍に変更されてしまいます。
還元率で言えば、2.5%から1.5%です。
誕生月のみ還元率1.5%ってどうなんでしょうか?

残念ながら、もうその価値は非常に薄いです。
なぜなら、P-one Wiz、REXカードなどは、常時還元率1.5%を出せるので、
誕生月しか還元率1.5%にならないカードに、居場所があるとは思えません。
ライフカードは、強み、武器を自ら捨ててしまったのです。

実は他にも変更点があるので、一覧で見ていきます。

  • 誕生月のポイント5倍が3倍に
  • ETCカードを利用してもポイントなし
  • 楽天Edy、nanacoへのチャージでポイントなし
  • ライフカード販売のJCBギフトカード購入でもポイントなし
  • JCBギフトカード、図書カードNEXT、QUIカード、JTB旅行券、Amazonギフト券、Vプリカの1万円以上の交換廃止
  • Vプリカへの交換が、590ポイント→3,000円分から、600ポイント→3,000円分に
  • Vプリカへの交換が、980ポイント→5,000円分から、1,000ポイント→5,000円分に
  • ANAマイルへの交換が、300ポイント→900マイルから、300ポイント→750マイルに
  • Gポイントへの交換が、300ポイント→1,500Gポイントから、300ポイント→1,200Gポイント
  • ポイントギフト(家族間でポイントを分け合える)廃止
  • 年間利用額100万円以上で、翌年度ポイント1.8倍になるステージが新設
  • 築地の食材をポイント交換可能に

誕生月の大改悪に比べると影響は少なめですが、相当の改悪ラッシュですね。
クレ活管理人でも、ここまでの改悪ラッシュを見るのは初めてかもしれません。

強みを捨て、ポイントが付かない場面が増え、還元率を下げ、と・・・
これに他のクレジットカードが続かないことを祈ります。

一応、他の変更内容も見ていきます。

ポイント付与がなくなる

ETCカード利用、楽天Edy・nanacoへのチャージ、JCBギフトカードの購入時に、
ポイントが付かなくなりました。
ETCカード利用でポイントが付かなくなるのは、
もうメインカードとして使わなくていい、と言っているようなものですね。。

ポイント交換レートが悪化

さらに、ポイントの交換にも改悪があります。
各種商品券などの1万円以上交換がなくなります。
これにより、さらに還元率が下がります。。

Vプリカ、ANAマイル、Gポイントへの交換レートが悪化。

ポイントギフト廃止

家族間でポイントを分け合えるポイントギフトという制度も廃止。
まあ、家族カードでいいと思います。

改善もあるが、、

ライフカードは年間利用額に応じてポイントが増える制度があります。
その制度に、年間利用額100万円でポイント1.8倍となるステージが新設されました。

また、ポイント交換で築地の食材を交換できるようになります。

ただ、そもそもカードを解約されてしまうような大改悪をしている以上、
焼け石に水。
築地(笑)とか、そんなことをする余裕がある別のことをするべきでしたね。

サイトの告知方法もに悪意を感じる

改悪の内容は以上ではありますが、
それを伝えるライフカードの姿勢にも疑問を感じました。

http://www.lifecard.co.jp/card/service/point/pointrenewal2017.html

改悪を「リニューアル」と表現し、
いかにも改善したかのように書かれています。
なんかいいニュース的な印象になっています。

これを見ると、新ステージを作った真の理由は、
「リニューアル」と言い、改悪を濁すためと疑われても仕方ないと思います。

ジャックスの高還元率カードが改悪した時は、堂々と伝えていました。
http://www.jaccs.co.jp/service/card_lineup/teikei/kampo/kaitei.html

「改悪」は2017年7月から、既存ユーザーの誕生月変更は2018年4月から

これらの改悪は、2017年7月1日以降からとなります。
既存のユーザーの誕生月改悪は2018年4月からとなります。

それまでに、ポイントの交換を済ませたり、
メインカードに使っていた人は、移行先を検討しておいた方が良さそうです。

SBIカードのボーナスポイントが終了

SBIレギュラーカードのサンプル画像
SBIゴールドカードのサンプル画像

SBIカードが、「また」改悪されてしまいました。
(既に適用されています)
https://www.sbicard.jp/news.html#news_20170323

最初は、年会費無料で還元率も1.2%と非常に優秀なカードでしたが、
前の改悪で、年会費有料で還元率最大0.75%のカードになりました。

そして今回の改悪では、ボーナスポイントが廃止されます。
ボーナスポイントとは、年間利用額によってもらえるポイントのことです。
年間利用額100万円以上なら、XXXXXポイントもらえる、というようなやつです。

特にSBIゴールドカードは、年間利用額200万で還元率1.2%、
年間利用額100万以上で年会費無料にもできたので、なかなか良いカードでした。

しかし、今回ボーナスポイントがなくなってしまうので、
SBIレギュラーカード、SBIゴールドカード、SBIプラチナカードの、
還元率は0.4%~0.5%程度ダウンします。

もはや還元率目当てに持つカードではなくなりました。
ただ、SBIカードは独自サービスがウリのカードなので、
まだ持つ価値はあると思います。

ファミマTカードからLINE Payカードへのチャージ不可

ファミマTカードのサンプル画像

LINE Payカードは、還元率2%のプリペイドカードで、
クレジットカードからチャージして使うことができます。

ファミマTカードからチャージすることで、今まで還元率3%で使えていましたが、
これができなくなりました。

http://www.family.co.jp/card_point/info/info170321.html

こちらも人によっては、大改悪と言えますが、
クレジットカードから電子マネーなどへのチャージの改悪は、
まあ想定の範囲内だと思います。

アメックスのANA以外のマイル交換レートが20%ダウン

アメリカン・エキスプレス・カードのサンプル画像
アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードの写真

アメックスにも改悪がありました。
https://www.americanexpress.com/japan/contents/point_program/images/rate-change.pdf

2017年4月1日から、マイル交換レートが20%ダウンします。
ANAマイルはそのままですが、
ANAマイル以外のマイルへの交換レートが悪くなります。

今まで1,000ポイント→1,000マイルでしたが、
1,250ポイント→1,000マイルになります。

他に改善点もありました。
カードの支払い代金充当が、還元率0.3%から0.5%にアップしています。

そもそも、アメックスは還元率目当てで持つカードでもないと思うので、
そこまでは問題にならないと思います。

ふるさと納税の返礼品の上限金額が3割に

ふるさと納税

クレジットカードではありませんが、ふるさと納税にも悪いニュースがありました。

総務省から、ふるさと納税の返礼品の上限金額を3割にするように、とのお達しです。
1万円の寄付に対して、3,000円までの返礼品にしろ、ということです。

ただ、このお達しには強制力はないようで、
今後自治体がどのように対応するかは、わかりませんが、
お礼の品の還元率は下がっていくと思われます。

まとめ

  • ライフカードが、誕生月ポイント5倍から3倍に
  • SBIカードのボーナスポイントが終了
  • ファミマTカードからLINE Payカードへのチャージ不可に
  • アメックスのANA以外へのマイル交換レードがダウン
  • ふるさと納税の返礼品の還元率が減るかも

以上、最近起きた&直近で起きる、改悪ニュース5つでした。

特にライフカードをメインで使っている人には、多大な影響がある内容です。
移行先のカードを早めに検討していってください。

良いクレジットカードライフを!
クレ活管理人でした。