スウェーデン
最近、テレビでニュースを見ていた所、
クレ活管理人的に衝撃だったものがありました。
それは、スウェーデンの話でした。

スウェーデンは、ヨーロッパの北にある人口約960万人の国です。
世界で最もキャッシュレス化が進んでいるそうです。
別名「現金が消えた国」と呼ばれることもあります。

世界中でこのようなキャッシュレス化が進んでいったら、
もしかしたら、日本でもキャッシュレス時代が来るかもしれません。

ということで今回は、スウェーデンのキャッシュレス化のお話です。
初めて聞く人はきっと衝撃を受けます

現金払いはお断り!スウェーデンのキャッシュレス状況

スウェーデンではほとんどの物は、
電子マネーの「スウィッシュ」で買うことができます。
スマートフォンのアプリで使えるようです。

このスウィッシュは、6つの銀行が共同で立ち上げた電子マネーで、
国民の半数以上が使っているそうです。
(こういう協力体制はうらやましいですね)

では、驚くべき実態を。

  • 道端で雑誌を売っているホームレスですら、現金ではなく電子マネーで販売
  • 友達とのお金の貸し借りも、電子マネー
  • 教会の献金もクレジットカード払いOK
  • 飲食店では、「現金お断り」と書かれた看板も普通
  • 銀行の半分くらいの店舗は、現金を置いていない
  • 首都ストックホルムの公共交通機関では、現金の使用が明確に禁止
  • 中央銀行は現金の紙幣ではなく、電子通貨の発行を検討

電子決済が可能です、というレベルを飛び越え、
現金が禁止され電子決済オンリーとなっているのがすごいです。

もちろん、電子マネーだけでなく、デビットカードやクレジットカードも、
ほとんどのお店で使うことができます。
日本ではクレジットカードが使えないマクドナルドでも使えます。
(日本のマクドナルドでも今後カードが使えるようになります。)

この辺の話を聞くと、カルチャーショックを受けますね。
現在の日本は完全な現金主義で、
カードが使えるお店で、カード払いを断ってくるお店もありました(笑)。

スウェーデンの話に戻すと、
電子決済は98%に対し、現金決済はなんと2%のようです。
そして、人口の97%がデビットカードを持っているそうです。

観光客が現金を使うことが多いようなので、
実質スウェーデン国民の現金利用はもっと少ないかもしれません。

キャッシュレス化のメリット

なぜここまでキャッシュレス化が進んでいるのでしょうか?
それは、以下のようなメリットがあるからです。

強盗などの犯罪防止

国民の誰もが現金を持っていないような状況なので、
ひったくり、空き巣、強盗などの犯罪が減っているそうです。

銀行にも現金がないので、銀行強盗も激減したそうです。

利便性・生産性の向上

利用者は、いつも同じ電子マネーなどを使え、
決済も素早くでき、お釣りなんか不要なので便利です。

お店側でも、お金の管理を電子上でできるため、
お金を管理する時間などの生産性が向上したそうです。

金融関連のコスト削減

現金の発行にはお金がかかります。

例えば、1円玉を作るのには1円以上のコストがかかっていたりします。
参考:「1円玉を作れば作るほど赤字に。将来、1円玉はなくなるかも?

現金が不要になれば、こういったコストはなくなります。

資金の透明性の向上

お金がデータ化されることで、お金の動きを完全にモニターできるようになります。

そのため、脱税や、マネーロンダリングの防止につながります。

キャッシュレス化によるデメリット

キャッシュレス化によるのはメリットばかりではなく、デメリットもあります。

カードやネットによる詐欺の増加

現金を直接奪うような犯罪は減った一方で、
詐欺によって、電子マネーを送金させようとする動きが増えたそうです。

何でもアプリで支払えるので、使い過ぎや借金の問題

お金を使い過ぎてしまうことの問題です。

これは、スウェーデンの国民も認識しているようで、
「現金だとお金を使う時にもっと考えると思う」
のような話もあります。

やはり、簡単・お手軽に決済できるようになるほど、
お金を気軽に使ってしまう傾向はあるようです。

機器トラブル時

電子マネーなどの決済をする機器が故障してしまうと、
現金以外でのやり取りが一切できなくなってしまいます。

将来の日本ではキャッシュレス化が進むのか?

スウェーデンでキャッシュレス化が進んだ理由として、
銀行や政府が強く推進した背景があります。

銀行が現金を扱わない宣言をしたり、
政府がカード決済を主導したり、
クレジットカード加盟店は減税制度を設けるなどです。

おそらく結構強引に進めていったのだと思います。
そうでもしないと、国民のほとんどが電子決済なんて、
なかなかできないと思います。

日本でこういったことが起こるか、と考えると、まず起こらないですね。
日本は頭が固く意思決定が遅かったり、保守的な人が多いので、
周りの国がみんなキャッシュレス、のような状況にならない限り、
なかなか進まないと思います。

スウェーデンのキャッシュレス状況でも、まだデメリットがあります。
それらが解消され、キャッシュレス化のメリットがより大きくなったら、
それを参考に色々な国がキャッシュレス化をすると思われます。
そして、アメリカもキャッシュレスが進んできたら、
ようやく日本でも、という流れになると予想しています。

キャッシュレス化に備えること

日本では当分キャッシュレス化は来ないと思います。

クレ活管理人は30代ですが、60歳まではあまり変わらないような気がしています。
逆に今の子供は、キャッシュレス時代に突入するかもしれません。

そういった場合に備えることは、
やはり、「お金の使い過ぎを防ぐ」ということです。
もっと言えば、電子マネー、クレジットカード、デビットカードに使い慣れる
ということです。

我々は、現金に慣れて、それから電子決済に移行しています。
そのため、簡単に決済できるようになった反動で、使い過ぎてしまいます。

最初から電子決済が普通のものと認識していれば、
お金の使い過ぎにはなりにくいと思います。

なので、キャッシュレス時代への備えとしては、
電子決済に早いうちから慣れておく、というのが良いと思います。

世間では一切そういったことは教えてくれないので、
家庭で「正しいお金の使い方」を教えるしかないですね。

まあ、今回の話は、雑談ネタにでも使ってください!

良いクレジットカードライフを!
クレ活管理人でした。