nanacoオートチャージ
こんにちは、クレ活管理人です。

nanaco使っていますか?

4月~6月は個人的にはnanacoの季節だと思っています。
4月には固定資産税、5月は自動車税、6月には住民税の納付書が届くからです。
それ以外には、毎月の水道代の支払いに使っています。
(千葉県はクレジットカード払いに対応していません)

本来の使い方?であるセブンイレブンやイトーヨーカドーで、
使うことは残念ながらほとんどありません。
いまのところ税金支払用電子マネーと化しています。

このようにnanacoは、税金を間接的にクレジットカードで支払えるので重宝しています。

そのnanacoが、2017年6月22日(木)から、
電子マネーのnanacoがオートチャージできるようになるようです。

ということで、今回はnanacoのオートチャージ機能について、
徹底的に見ていきたいと思います。

nanacoオートチャージ機能とは?

nanacoオートチャージ機能は、
「nanaco残高がXXXX円未満になったら、自動的にYYYY円チャージする」
という設定ができる機能です。

例えば、nanaco残高が3000円未満になったら、
自動的に5000円チャージするというように設定すると、
残高が2500円になったら、自動的に5000円チャージされ、7500円になります。

チャージされるタイミングは、
レジでnanacoを使った時に、同時にチャージされます。

まあ、Suica等のオートチャージと同じ機能ですね。

オートチャージできる金額はいくら?

もう少し細かい設定を見ていきます。

設定できる金額の部分は2つです。
「nanaco残高がXXXX円未満になったら、自動的にYYYY円チャージする」
のXXXX円と、YYYY円の2箇所です。

XXXX円の部分は、
1000円~10,000円(千円単位)、15,000円、20,000円が選べます。

YYYY円の部分は、
5,000円~10,000円(千円単位)、15,000円、20,000円、25,000円、30,000円、
が選べます。

チャージできる最低金額が5,000円なので、多いと思った人もいるかもしれませんが、
手動でのクレジットカードチャージでも5,000円~29,000円と、
5,000円が最低チャージ金額になっているので、同じです。

ちなみに、nanacoの上限額は5万円です。

オートチャージが使える条件

続いて、オートチャージが使える条件を見ていきます。

サービス開始日時 2017年6月22日(木)AM9時
使えるお店 セブンイレブン、イトーヨーカドーのレジ
(※一部使えないレジもある)
対象クレジットカード
  • セブンカードプラス
  • セブンカードプラスゴールド
  • セブンカード
  • セブンカードゴールド

使えるお店は、セブンイレブンと、イトーヨーカドーのみです。
nanacoを使うのはこの2つのお店がメインだと思うので、良いと思います。

問題なのが、対象クレジットカードです。
オートチャージ機能が使えるのは、セブンカードプラス系のみです。

セブンカードプラスのサンプル画像

これはちょっと残念ですね。

セブンカードプラスのnanacoチャージ時の還元率は0.5%です。

クレ活管理人は、nanacoチャージ時に還元率1.2%出るカードを使っているので、
使う機会はなさそうです。

どちらかというと、税金用にnanacoを使っている人ではなく、
普段からセブンイレブンやイトーヨーカドーを使っている人向けです。

nanacoオートチャージを使うには事前登録が必要

それと、オートチャージを使うには事前登録も必要です。

  1. nanaco会員メニューにログインし、クレジットカードを登録
  2. 店頭レジでオートチャージの設定反映を行う

事前登録は、クレジットカードを登録しておくことだけです。

あとは、店頭レジでオートチャージ設定をしてもらいます。

ネットやアプリ上でオートチャージ設定できないのは、ちょっと微妙です。

一応、nanacoオートチャージのキャンペーンがある

nanacoオートチャージ機能開始と同時にキャンペーンもあります。

2017年6月22日~2017年10月31日の間に、
オートチャージを1回以上利用すれば、
抽選で3010名に総額400万ポイントが当たります。

1等が10万ポイント(10名)、2等が1000ポイント(3000名)です。

nanacoオートチャージ機能のメリットは?

以上がnanacoオートチャージ機能の内容です。

メリットを考えてみました。

  • チャージする手間がなくなる
  • 残高不足で止められることもなくなる

つまり、残高を一切気にせずにレジで会計できる、のがメリットになります。

チャージが面倒だと思っていたり、残高不足の経験がある人は、
オートチャージ機能があれば、何も気にせずにレジで会計できるのは良いですね。

クレ活管理人の感想

クレ活管理人の場合は、nanacoアプリを使っているので、
残高はいつでも見ることができます。
そのため、残高不足になることはなかったですが、
税金を支払う場合、(上限が5万円なので)2回に分けて支払うことがあります。
そうなると、一度目の支払いの後に、その場でチャージしていました。
オートチャージであれば、この作業をしなくても勝手にチャージされるので、
非常に便利な機能だと思いました。

ただ、使えるクレジットカードがセブンカードプラス系のみというのが残念でなりません。
クレ活管理人は、「リクルートカード」を使っているので、
オートチャージサービスを使うことができません。
今後使えるようになることを祈っています。

nanacoオートチャージ機能は非常に便利なので、
使ってみたい人は、まずはセブンカードプラスを手に入れましょう。
参考:「セブンカードプラスのメリット・デメリットまとめ

また、nanacoチャージで高還元率なクレジットカードを探している人は、
以下にクレ活で厳選したカードがあるので参考にしてみてください。
(オートチャージ機能は使えません)
参考:「nanacoチャージで1%以上のポイントが付くクレジットカード

良いクレジットカードライフを!
クレ活管理人でした。