こんにちは、クレ活管理人です。

8月になり本格的な夏になってきました。
暑いのもきついですが、虫が出てくるのも嫌です(笑)。
今はマンションの4階に住んでいますが、普通にベランダとかに虫が出ます。
ただ、1階に住んでいた時よりは頻度は減りました。
タワーマンションの高層ならさすがに虫は来なそうですね。

さて、前回のブログでは、お金持ちはカード主義という話をしました。
参考:「お金持ちは現金主義?クレジットカード主義?
理論上はクレジットカードの方が得なのはわかると思いますが、
それがなかなかうまくいかない、という人もいると思います。

そこで今回はクレジットカードを合理的に使えるようになるために、
5ステップで使い過ぎを防ぐ方法を考えてみました。

「クレジットカードを使いたいが、使い過ぎが怖い」
「クレジットカードで使い過ぎた経験から、今は使っていない」
というような人は、是非この5ステップを試して、
クレジットカードを使う「スキル」を身に付けてください。

「お金を使う」ことは一種のスキル

クレ活管理人は最近、「お金を使う」ということはスキルなのだと感じます。

お金は誰だって簡単に使うことができます。
子どもにだって使えます。
しかし、無駄なく適切に使えるかどうか、
と言われると、なかなか自信を持って「YES!」と言えないんじゃないでしょうか。

お金を使うと言っても色々な使い方があります。
節約すべきところを節約したり、
浪費や無駄遣いはなるべくせず、
必要なものにはケチらず使ったり、
時には借金をしてまで買うことが有効になることもあるでしょう。

今回はその中でも、節約や浪費、無駄遣いについて考えていきたいと思います。

お金の使い方を身に付けるコツは「習慣」

お金の無駄遣いを辞めるコツは「習慣」です。

節約や無駄遣いをやめる、と聞くと、
「我慢」する必要があると考える人は多いと思います。

実は少し前まではクレ活管理人も、ポテチなどをよく買っていました。
ポテチをよく買う人が、それを辞める場合、
我慢が必要だと思いますよね?

でも今のクレ活管理人には、ポテチを我慢して買っていないのではなく、
普通に欲しいと感じなくなっているので、
別に我慢をしているわけではないんです。

この答えが「習慣」になります。
要は、慣れて当たり前のようになっていったら、
我慢する必要はなくなる
ということです。

お金の使い方も節約や無駄遣いしないことが、当たり前になると、
何の苦労することなく、息を吸うのと同じように、
節約、無駄遣いなし、ということができるようになります。

クレジットカードを合理的に使えるようになる5ステップ

では、クレジットカードで無駄遣いをしないようにするには、
どうすればいいでしょうか?

ヒントはやはり「習慣」にあります。

クレジットカードを使うにも、「慣れ」が必要です。

少しずつ慣れていき、無理なく合理的に使えるようになるように、
以下5ステップを実践していってください。

ステップ1:クレジットカードを使う前の準備

まずは基本的な準備をしましょう。

  • クレジットカードの裏面にサイン
  • Web明細の見方の確認
  • スマホアプリに対応しているならダウンロードしておく

クレジットカードをどこでいくら使っているのかわかる、
「Web明細」やアプリを使えるようにしておきましょう。

ステップ2:まずは固定費のみにクレジットカードを使う

いきなりクレジットカードをサイフに入れて持ち歩くのはやめておきましょう。

まずは、毎月引き落とされる固定費をクレジットカードで支払うようにします。

電気代、水道代、ガス代、新聞、NHK、ネット代、携帯代、その他、
どれかは必ずあると思うので、
こういった定期的な請求をカード払いにしておきます。

1ヶ月後か2ヶ月後には、引き落とされると思うので、
カード払いが発生した時や、口座から引き落とされる状態を、
Web明細などで確認しておきましょう。

1回目の引き落としが発生するまでは、このステップに留まっておきます。

ステップ3:ネットショッピングにもクレジットカードを使う

ステップ2の固定費のカード払いが慣れてきたら、
次のステップに移ります。

ネットショッピングをするタイミングがあれば、カード払いをしてみます。
もちろん買う必要性があるものです。
「現金でも買うか?」と自問してみて、答えが「YES」ならOKです。

この時のコツは、クレジットカードを登録しないことです。
クレジットカードを登録しない場合は、
毎回買う時にカード番号や有効期限を入力する必要があるので手間になります。

最初はこの手間を残し、面倒だと感じながら買うようにしておきます。

これも1~2ヶ月は続けましょう。
ネットショッピングをカード払いした時に、Web明細などを見たり、
引き落とし金額も確認してみてください。

ステップ4:目的のある買い物時に、サイフにクレジットカードを入れる

次に、リアルでクレジットカードを使ってみましょう。

ただ、サイフに入れっぱなしにするのではなく、
「今日はXXXで買い物をする」という、用件を決めてからにしてください。
お金を使う用件を決めたら、サイフにクレジットカードを入れ、
実際にカード払いで買い物をします。

家に着いたら、一旦サイフからクレジットカードを抜いて
Web明細などの確認をしておきます。

これも1~2ヶ月は続けます。
これにより、普段現金で使う時と同じようにクレジットカードを使えているはずです。

ステップ5:常時カード払いにしてみる

もし、ステップ4までで無駄遣いが発生していなければ
最後のステップを実践してみましょう。

この頃には、自分の感情をコントロールして、
クレジットカードを使うスキルが身に付いているはずです。

そのため、ネットショッピングではカード登録をしたり、
サイフに常にクレジットカードを入れ、なるべくカード払いにしても、
特に無駄遣いは発生しないはずです。

もちろん、お金を使った後は、Web明細やアプリを見たり、
毎月の引き落とし時に確認する癖も付いていると思います。

ここまで来れば、クレジットカードを使うのが当たり前になっています。
当たり前になっていれば、欲望に負けてしまったり、
舞い上がって、自分の支払い能力以上のものにお金を使わないと思います。

もし、無駄遣いが発生したと感じたら、
前のステップに戻ったり、使わないことに慣れるようにしてみてください。
習慣の力を味方に付けられれば、無理なく理想を実現できます。

まとめ

  • お金を使うこともスキルだと考える
  • お金の使い方は「習慣」を使えば、我慢することなく自然に身に付く
  • クレジットカードは上記5ステップを使って、無理なく段階的に使うようにしよう

クレ活管理人のクレジットカードの使い方を振り返ると、
「慣れ」が強く影響していると思います。
最初は慣れていなかったので、色々なものにカード払いをしてきましたが、
最近ではもう慣れているので、特に使おうとは思いません。

もし現金が存在しておらず、
カード払いだけしかない状態だったらどうでしょうか。
おそらく、そういう人は普通にカード払いで無駄遣いをしないと思います。
なぜなら、それが普通のことだからです。

こういうレベルになるように、クレジットカードも徐々に使い慣れ、
無理なく、節約・無駄遣いをしないように試して見てください。

お金を使うスキルを身に付けられれば、一生役に立ちますよ。

良いクレジットカードライフを!
クレ活管理人でした。