クレジットカードには家族カードがあります。

クレジットカードを申し込む時には、
ほとんど家族カードを付けるかどうか、のオプションがあるし、
家族カードを付けることで入会特典がもらえるケースもあります。

ただ、意外と家族カードがどういうカードなのか説明されていません。
当然のように「家族カード」という単語が使われています。

「家族と言っても具体的には誰が対象なのか?」
「実際に使う時の本会員との関係はどうなる?」
「メリットやデメリットを知りたい」
など、家族カードを初めて使う人にとっては、
わからないことが多いと思います。

また、実際に使っていても知らない機能もあると思います。

そこで今回は、家族カードのよくある疑問点に回答しつつ、
メリット・デメリットをまとめてみました。

家族カードは誰が持てるの?

家族カードとは、
安定した収入を持っている本会員がいれば、
その家族も同じクレジットカードを利用できるサービスです。

ここで言う家族というのは、一般的に以下になります。

  • 生計が同一の配偶者
  • 生計が同一の親
  • 生計が同一の満18歳以上の子ども(高校生を除く)
  • 場合によっては「同居」「同性」が条件の場合もある

生計が同一というのは、経済的な関連があるということです。
同居はもちろんですが、
別居していても仕送りをしていたり、家賃を負担していれば、
生計が同一ということになります。

ただ、クレジットカード会社によっては、
「同居」「同性」が条件になっている場合もあります。
(ごく一部のカードでは、他人でも発行できる家族カードがあります。
参考:「SBIレギュラーカード」)

家族カードに審査はあるの?

審査は基本的にはありません
申し込み条件を満たしているなら大丈夫です。

しかし、本会員があまりにも滞納・延滞を繰り返している場合は、
見送られるケースもあります。

家族カードは家族間なら使い回しできるの?

できません。

クレジットカードに印字されている名前の人のみ、
つまりその家族本人のみが使えます。

複数人の家族カードが必要な場合は、
その人数分の家族カードを発行する必要があります

家族間で使い回しをしていて、不正利用などのトラブルにあった時は、
補償されなくなってしまうので注意してください。

家族カードの券面デザインはどうなるの?

本会員と同じデザインになります。

これは、券面が選べるカードであっても同じです。

カラーを選べるクレジットカードだっとしても、
本会員が青を選べば、家族カードも青になります。
これは、アニメやキャラクターのクレジットカードでも同様です。

家族カードの年会費はどうなるの?

家族カードは、本会員の年会費とは別に設定されています。

ほとんどの場合、本会員よりも安く設定されています。
そのため、本会員の年会費が無料であれば、
家族カードもまず無料だと思って問題ありません。

本会員の年会費が有料である場合は、
家族カードの年会費も有料である可能性もあります。
ただ、家族カードはそれでも無料だったり、
1人目は無料というケースが多いです。

中にはプラチナカードの家族カードでも、
1枚目は無料というカードもあります。

クレジットカードの種類によって家族カードの年会費は変わってくるので、
申し込む前に確認しておきましょう。

家族カードの支払いは誰がするの?

家族カードの支払いは、本会員になります。
正確には、本会員の引き落とし口座から一緒に引き落とされます

例えば、本会員が5万円、家族カードで3万円使ったとします。
合計8万円が引き落とされるということです。

家族が使った分をその家族に支払ってもらいたい場合は、
事前にお金をやり取りするなどが必要になります。
(ごく一部のクレジットカードでは、引き落とし口座を分けられます。
参考:「三井住友VISAゴールドカード(パーソナルアカウントタイプ」)

家族カードの利用状況は、本会員に見られるの?

基本的に、家族カードの利用状況は本会員に見られます

家族カードで利用した金額+本会員で利用した金額が、
引き落とされることになるので、
本会員はその明細を知ることができます。

ただ、上に紹介している引き落とし口座を分けられる一部のカードなら、
明細も別々にすることができるため、
本会員に利用状況を把握されることはありません。

家族カードの利用限度額はどうなるの?

利用限度額は、本会員の限度額と共有になります。

そのため、本会員が利用限度額に達した場合は、
家族カードも使えなくなります。
同様に、家族カードが利用限度額に達した場合は、
本会員カードも使えなくなります。

同じ利用限度額を共有しているので、
もし大きな買い物を予定している場合は、
事前に相談しておいた方がいいと思います。

ごく一部のクレジットカードでは、
家族に個別の利用限度額を設定できるものもあります。
その場合は、その設定した利用限度額が上限となります。
(参考:「SBIカード

家族カードを使った分のポイントはどうなるの?

家族カードを使った分のポイントは、本会員のポイントとして付きます

例えば、本会員で5万円、家族カードで3万円使った場合、
8万円分使ったものとしてポイントが付くことになります。

そのため、同じ家族で別々のクレジットカードを使うよりも、
効率的にポイントを貯めやすくなります。

家族カードの利用で年間利用額への影響はあるの?

家族カードで利用した分も合算されます。

例えば、本会員で年間70万円、家族カードで年間30万円使った場合、
年間利用額は100万円としてカウントされます。

クレジットカードの中には、
○万円以上使うと、何らかのボーナス、ステージアップなど、
特典がある場合があります。

こういった特典の年間利用額の条件にも、
家族カードで利用した金額が合算されるので、より有利になります。

付帯サービスに違いはある?

一部を除き、本会員と同様のサービスを受けることができます

クレジットカードの基本的な利用はもちろんですが、
海外旅行傷害保険、国内旅行傷害保険、ショッピング保険などの付帯保険各種、
空港ラウンジサービス等の付帯サービスについては、
本会員と同様に付きます。

ただ、特殊な付帯サービスについては、
家族カードには付帯しない場合があります。
例えば、本会員の誕生日・誕生月のサービスなどは、
本会員の誕生日・誕生月が適用されます。

家族カードを使えば、クレヒスは残るの?

家族カードをいくら使ってもクレヒスは残りません

家族カードは、実質は本会員が使ったことと同じなので、
家族の人のクレヒスではなく、
本会員のクレヒスとして残ることになります。

ただ、クレヒスには金額は関係ありませんので、
家族カードを使うことによるクレヒスへのメリットはありません。

家族の人が自分のクレヒスを育てたい場合は、
自分名義のクレジットカードを作る必要があります。

家族カードのメリット・デメリットまとめ

あとは、家族カードを作るメリット・デメリットをまとめてみました。

家族カードのメリット・デメリット

  • クレジットカード審査に通りにくい、配偶者、子ども、親に持たせられる
  • 本会員と同じ付帯保険、付帯サービスを受けられる
  • 年会費は本会員よりも安い
  • 家族カードの審査はなし
  • ポイントやマイルは貯まりやすい
  • 家族利用分も年間利用額としてカウントできる
  • 家族カードのデザインは選べない
  • 支払い口座は本会員の口座になり、分けることは基本できない
  • 利用限度額は共有される
  • 利用明細は本会員にバレる
  • 家族自身のクレヒスにはならない

メリット・デメリットに分けてはいますが、
状況によっては、メリットがデメリットになったり、
デメリットがメリットになったりします。

例えば、一人暮らしの子どもにカードを持たせることで、
何に使ったのか明細を把握できるため、
現金の仕送りでは実現できないメリットもあります。

家族カードを作る場合は、
これらをしっかりと把握してから使ってみてください。

良いクレジットカードライフを!
クレ活管理人でした。