こんにちは、クレ活管理人です。

中国ネット通販最大手のアリババが、
日本に上陸するというニュースがありました。
参考:「アリババ日本上陸 スマホ決済の衝撃 日本は現金の呪縛から逃れられるか 【フィンテック最前線】

アリババというのは、中国でスマホ決済を広めた企業の1つです。
アリババよりも「アリペイ」とか「ウィーチャットペイ」の方が、
聞いたことがあるかもしれません。
以前のブログでも少し中国について触れました。
参考:「Apple Payを始めとしたスマホ決済の「何とかPay」。その種類を調べてみた

この記事では、日本のモバイル利用率が6%で、中国は98.3%だったことや、
中国のスマホ決済は割引があるため、急速に普及した、
ということを書いています。

そのアリババが上陸した、ということは、
日本でのスマホ決済を狙っているということだと思います。

そこで今回は、日本のスマホ決済がどうなるのか考えてみたいと思います。

スマホ決済とは具体的にQRコードによる決済

日本でのスマホ決済は、
現状だとFelicaによるおサイフケータイや、Apple Payがあります。

しかし、Felicaは日本独自の技術で日本でしか使えません。
いわゆる、ガラパゴスな技術です。
日本でしか使えないことや、導入に費用がかかるのがデメリットです。
そのため、多くのお店はFelicaに対応していません。

一方で、中国のスマホ決済はQRコードによる決済です。
QRコードを作るのはアプリがあれば誰でもできるし、
作った後は、印刷してレジの横に置いておけばいいだけです。
支払う方もQRコードを読み取るだけなので、
特殊なチップなどの必要もありません。
つまり、普通のスマホがあればOKということです。

これに加え中国では、
現金で支払うより、スマホ決済の方が安くなるため急速に拡大し、
普通のお店はもちろん、露天のようなお店、寄付や募金、
物乞いですら、このQRコード決済を利用しています。
(「アリペイ 物乞い」と検索してみると、色々出ます。)

それだけQRコード決済は、簡単に使えるということです。
これならば日本でも拡大する可能性はあると思います。

アリペイとクレジットカードは関係あるの?

アリペイを使った時の支払いでクレジットカードを使うことになります。
中国では、銀行口座を登録してそこから引き落とすこともできます。

そのため、もしアリペイが流行れば、
間接的にクレジットカードも流行ることに繋がると思います。

どうせ現金ではなくアリペイを使うのであれば、
その裏側はどれを使っても同じだし、
銀行口座より、クレジットカードの方が得ですからね。

スマホ決済が始まったら、日本で流行るのか?

外部のアンケートサイトの結果によると、
現在日本でのスマホ決済利用率は2割程度です。

利用者は満足している人が多いのに対し、
利用していない人は、セキュリティ、スマホの故障や紛失、登録や操作が不明、
というような理由で利用していません。
また、クレジットカードが無いという理由もありました。

たしかに現状のスマホ決済は、
スマホ内のアプリにチャージする必要があったりするので、
登録や操作が面倒だったり、スマホ紛失時の対処など色々課題があります。

もし、アリペイのようなQRコード決済になったら、
これらのほとんどの理由は解決できると言えます。

QRコードによる決済なら、
スマホの故障や紛失でも損をすることはないし、登録や操作も簡単です。
クレジットカードが必須というわけでもないので、誰でも使えます。

セキュリティに関しても、
パスワードロックはもちろん、指紋認証も用意されているので、
万全の大勢があると言えると思います。

以上から、スマホ決済に関する不満をほとんど解決できるので、
もしかしたら日本でも流行る可能性はあります。

クレ活管理人の予想

かなりメリットのあるアリペイですが、
今のところ日本では流行らない気がします。
日本人はあまり新しいものをやりたがらず、
現状維持を好む傾向にあるので、基本的に使ってみないからです。

あれだけ話題のあったApple Payですら、
そこそこしか流行っていません。

しかし、スマホ決済や電子マネーなんかは、
一度使った人は使い続ける人は多いので、
微増という感じで増えていくとは思います。

もし、アリペイによる決済に割引が付くのであれば、
爆発的に流行する
可能性もあると考えています。
800円のラーメンが700円になったりすれば、
みんなアリペイを使うようになるでしょう。

少しスケールは大きくなりますが、
アリペイが流行ったら、日本経済も良くなる可能性もあるので、
アリペイには頑張ってもらいたいです。

まとめると、
予想では流行らないだろうとは思いつつ、
期待として流行って欲しいといったところです。

良いクレジットカードライフを!
クレ活管理人でした。