特徴まとめ

  • 世界に通用するステータスカード
  • 最大還元率・最大マイル付与率5%の高還元率カード
  • 初年度はボーナスポイントが豊富
  • ポイント有効期限が無期限
  • 空港ラウンジは同伴者1名まで無料
還元率 0.5~5%
マイル付与率 1~5%
国際ブランド AmericanExress
ポイント メンバーシップ・リワード
年会費 本人 35,000円+税
家族 17,500円+税
ETC 無料
付帯保険 海外旅行 最高5,000万円(利用付帯)
国内旅行 最高5,000万円(利用付帯)
ショッピング 最高500万円

入会特典

5,000ポイントプレゼント!

  1. 入会ボーナス(初回年会費支払後):5,000ポイント

メリット

概要

アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・プレミア・カードは、
アメリカン・エキスプレス・インターナショナル・インコーポレイテッドが
発行するクレジットカードです。

スカイトラベラーをさらに強化したアメックスカードです。

主な変更としては、年会費とポイント還元率です。

年会費は残念ながら上がってしまいますが、
ポイント還元率も増えています。

航空券や指定旅行商品の購入時にポイント還元率が5%になるので、
旅行が多い人ほどお得になるようになっています。

プレミアは普通のスカイトラベラーどちらが良いか、違いは何か、
ということについては、少し下に比較表を載せてあるので、
参考にしてみてください。

還元率

通常時の還元率は、0.5%~1%です。
100円ごとに1ポイント付き、その価値はポイント交換先によって変わります。
旅行関連にポイントを使うことで1ポイント=最大1円にできます。

「プレミア」の場合は、
対象航空会社27社の「航空券」、
対象旅行代理店2社の「指定旅行商品」の購入時は、
ポイント5倍となり、100円につき5ポイント貯まります。
スカイトラベラーは3倍だったので、ボーナスポイントが増えています。

対象会社は以下です。
3倍ボーナス対象一覧
対象航空会社:アシアナ航空、アリタリア-イタリア航空、エア タヒチ ヌイ、ANA、エールフランス航空、エティハド航空、エバー航空、エミレーツ航空、オーストリア航空、ガルーダ・インドネシア航空、カンタス航空、キャセイパシフィック航空、KLMオランダ航空、シンガポール航空、スイス インターナショナル エアラインズ、スカンジナビア航空、スターフライヤー、タイ国際航空、大韓航空、チャイナエアライン、デルタ航空、日本航空、バニラエア、フィリピン航空、フィンランド航空、ブリティッシュ・エアウェイズ、ルフトハンザ ドイツ航空

対象旅行代理店:日本旅行、アップルワールド(アメックスのカード会員限定サイト)

3つのボーナスポイント

アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・プレミア・カードには、
3つのボーナスポイントがあります。

  • 入会時:5,000ボーナスポイント
  • はじめての航空券を使った旅行(入会後1年以内):10,000ボーナスポイント
  • 毎年のカード継続:5,000ボーナスポイント

プレミアの場合でも、
やはり初年度は年会費をペイできるだけのボーナスポイントがあります。

ポイント加算対象外・ポイントが減る加盟店

通常レートの100円=1ポイントとならない加盟店は以下になります。

以下は、ポイント加算対象外です。

  • NHK
  • 電子マネー(Edy、、モバイルSuica、SMART ICOCA)
  • UNICEF

以下は、ポイントレートが半分(200円ごとに1ポイント)になります。

  • 電力会社(北海道電力、東北電力、東京電力、中部電力、関西電力、中国電力、九州電力、沖縄電力、北陸電力、四国電力)
  • ガス会社(北海道ガス、京葉ガス、東京ガス、東邦ガス、広島ガス、西部ガス、長野都市ガス、大阪ガス)
  • 水道局(札幌市水道局、東京都水道局、武蔵野市水道部、横浜市水道局、長崎市上下水道局、大阪市水道局)
  • その他(国税、東京都税、大阪府自動車税)

マイル

アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・プレミア・カードは、
以下の各種マイルへの交換も可能です。

移行先は以下です。
移行先のマイル一覧
アリタリア-イタリア航空 「クラブ・ミッレミリア」、ANA 「ANAマイレージクラブ」、 エティハド航空 「エティハド ゲスト」、 エミレーツ航空 「エミレーツ・スカイワーズ」、 エールフランス/KLM航空 「フライングブルー」、 カタール航空「プリビレッジクラブ」、 キャセイパシフィック航空 「アジア・マイル」、 シンガポール航空 「クリスフライヤー」、 スカンジナビア航空 「SAS ユーロボーナス」、 タイ国際航空 「ロイヤルオーキッドプラス」、 チャイナエアライン 「ダイナスティ・フライヤー・プログラム」、 デルタ航空 「スカイマイル」、 フィンランド航空 「フィンエアー・プラス」、 ブリティッシュ・エアウェイズ 「エグゼクティブ・クラブ」

交換レートは、1,000ポイント=1,000マイルです。

つまり、マイル付与率としては通常時が1%、
対象「航空券」や対象「指定旅行商品」の購入時はポイント5倍になり、
マイル付与率も5%になります。

これは、1マイル1.5円換算なら還元率7.5%、
1マイル2円換算なら還元率10%ということになります。

ただし、ANAマイルへの移行は手数料がかかります。
別途「メンバーシップ・リワード ANAコース」参加が必要となり、
年会費5,000円+税がかかります。(2年目移行自動更新、解除は可能)
また、年間8万ポイントまで移行可能です。

移行するときだけ年会費を支払い、
不要なときは解除しておけば年会費の節約になります。

それと、マイル交換先にJALマイルが無い点も注意してください。

年会費

年会費は35,000円+税です。

家族カードの年会費は17,500円+税です。

ETCカードの年会費は無料です。
ETCカードは、新規発行手数料が850円+税かかります。

ポイントの使いやすさ

ポイントプログラムは、アメックスの「メンバーシップ・リワード」になります。

アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・プレミア・カード の場合は、
ポイントの有効期限がデフォルトで無期限です。

ポイントの交換先は、利用代金への充当やマイルがメインになると思います。

  • 航空会社または指定旅行代理店(日本旅行、アップルワールド):1ポイント1円
  • ホテルや指定以外の旅行代理店:1ポイント0.8円
  • 旅行以外のカード支払代金充当:1ポイント0.5円
  • 各種マイル:1000ポイント→1000マイル
  • 楽天スーパーポイント:3,000ポイント→1,500ポイント
  • Tポイント:3,000ポイント→1,500ポイント
  • その他各種商品など

ポイント交換先は豊富なので、使い道に困ることはないはずです。

国際ブランド

国際ブランドは、もちろんAmericanExpressです。

アメックスに対応した店で使えるのは当たり前ですが、
JCBが使える店でもアメックスカードを使うことができます。

付帯保険

海外旅行傷害保険は、利用付帯で最高5,000万円です。
国内旅行傷害保険は、利用付帯で最高5,000万円です。
家族特約は利用付帯で最高1,000万円で、海外・国内両方に付帯します。

ショッピング保険は、最高500万円の90日間補償です。
(ショッピング・プロテクション)

さらに海外旅行の場合、「航空便遅延費用補償」も付帯します。
航空便や受託手荷物の遅延・紛失などにより、
臨時に宿泊や食事が発生した場合、その代金を補償してくれます。
1回あたり最高2万円、受託手荷物の紛失時は最高4万円となります。

付帯サービス

アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・プレミア・カードには、
上記以外にも以下の付帯サービスがあります。

空港ラウンジ

国内28空港、海外2空港の空港ラウンジを無料で利用できます。
本人だけでなく、同伴者1名まで無料です。

これは家族カードでも同じ効果なので、
本人カード1枚、家族カード1枚持っていれば、
最大で4人まで無料で利用できるということです。

手荷物無料宅配サービス

海外旅行から帰る時、
日本の空港から自宅までスーツケース1個を無料で配送してくれます。

対象空港は、成田空港、中部国際空港、関西国際空港です。

海外旅行先での日本語サポート

海外の旅行先からでも日本語にて、
レストランの予約や、医療機関の紹介など、
24時間通話料無料で対応してくれます。

キャンセル・プロテクション

急な出張や病気によって、
海外旅行やコンサート等が行けなくなった場合、
そのキャンセル費用などの損害を年間最高10万円まで補償してくれます。

オンライン・プロテクション

インターネット上での不正利用による損害を全額補償してくれます。

エクスペディアの優待特典

エクスペディアを優待料金で利用することができます。

エクスペディアは、国内外のホテルやツアーの予約ができるサイトです。

チケットアクセス

オンライン上から様々なエンターテイメントのチケットを購入できます。
e+(イープラス)との連携によるアメックス会員専用サービスです。

アメリカン・エキスプレス・セレクト

日本をはじめ、世界100ヶ国以上の地域で、
ホテル・食事、ショッピング等の優待や割引を受けられます。

アメリカン・エキスプレスの会員限定の優待プログラムです。

アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カードとの違い

スカイトラベラーと、スカイトラベラープレミアとの違いをまとめました。

アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・プレミア・カードのサンプル画像プレミア アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カードのサンプル画像ノーマル
航空券購入など ポイント5倍 ポイント3倍
入会ボーナスポイント 5,000ポイント 3,000ポイント
入会1年以内の
フライトボーナスポイント
10,000ポイント 5,000ポイント
継続ボーナスポイント 5,000ポイント 1,000ポイント
年会費 35,000円+税 10,000円+税
家族カード年会費 17,500円+税 5,000円+税
海外旅行傷害保険の
死亡・後遺障害
最高5,000万円 最高3,000万円
国内旅行傷害保険の
死亡・後遺障害
最高5,000万円 最高2,000万円
海外用レンタル携帯電話特別割引 あり なし
キャンセルプロテクション あり なし

やはり最も大きいのは、年会費と航空券購入時のポイントの違いです。
どういう状況ならどちらがお得になるのか計算してみました。

スカイトラベラーはプレミアとノーマルどちらを選ぶべきか?

まず、年会費の差は25,000円です。
つまり、得られるポイントに25,000円分の差が付けば、
プレミアの方がお得になるということです。
逆に25,000円以内であれば、普通のスカイトラベラーの方が得ということです。

まずは、航空券を購入した時に得られるポイント差を確認します。

航空券購入金額 アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・プレミア・カードのサンプル画像プレミア アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カードのサンプル画像ノーマル
25万円 12,500ポイント 7,500ポイント 5,000ポイント
50万円 25,000ポイント 15,000ポイント 10,000ポイント
75万円 37,500ポイント 22,500ポイント 15,000ポイント
100万円 50,000ポイント 30,000ポイント 20,000ポイント

表を見るとわかりますが、
航空券25万円に対して5,000ポイントの差が生まれます。

あとはこれに、継続ボーナスポイントの差の4,000ポイントを考慮します。

マイルは1マイル=1.5円と、2円の場合で計算します。
1マイル=1.5円で計算すると、25,000円分の差は、16,667ポイントです。
1マイル=2円で計算すると、25,000円分の差は、12,500ポイントです。

計算してみるとそれぞれの損益分岐点は、
1マイル=1.5円だと、航空券等を約63万円以上
1マイル=2円だと、航空券等を約43万円以上
になります。

この金額以上の航空券等を購入するのであればプレミアの方がお得、
それ以下であれば普通のスカイトラベラーの方がお得ということになります。

デメリット

アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・プレミア・カードのデメリットは、
年会費が高いことです。

初年度は3つのボーナスがあるので、ある程度はペイできると思います。

2年目以降については、航空券や旅行商品などの利用金額によります。
多くの金額を使うのであれば、
ものすごいマイルが貯まることになるので、
年会費以上にお得になってきます。
あまり使わないのであれば、デメリットの方が大きくなるので、
より年会費の安い「スカイトラベラー」の方を検討した方がいいと思います。

なお、スカイトラベラープレミアはアメックスのプロパーカードです。
アメックスはプロパーカードは原則1枚までなので、
アメックスグリーン、ゴールド等を持っている人は、
重複して持てないので注意してください。

総合評価

アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・プレミア・カードは、
旅行に特化したアメックスカード!

普通のスカイトラベラーよりも還元率がよりアップしています。
そのため、旅行によく行く人や、
1回の航空券代が高い人に非常におすすめです。

プレミアか普通のスカイトラベラー、どちらが良いかは、
少し上に損益分岐点を載せていませので、
参考にしてみてください。

初年度はボーナスポイントが最大15,000ポイントあるので、
もしこのカードを気になっているなら、まずはお試しという意味で、
一度アメックスのサービスを体験してみてはいかがでしょうか?


入会特典

5,000ポイントプレゼント!

  1. 入会ボーナス(初回年会費支払後):5,000ポイント

基本情報

還元率 0.5%~5%
マイル付与率 1%~5%
国際ブランド AmericanExpress
初期利用限度額 30万~100万
WEBサービス オンライン・サービス
年会費 本人 1年目 35,000円+税
2年目以降 35,000円+税
家族カード 1年目 17,500円+税
2年目以降 17,500円+税
ETCカード 1年目 無料
2年目以降 無料
発行手数料 本人 無料
家族カード 無料
ETCカード 850円+税
家族用ETCカード 850円+税
再発行手数料 無料
発行 発行資格 年齢20歳以上で、安定した収入がある日本国内に定住所をお持ちの方
発行期間 約3週間
発行会社 アメリカン・エキスプレス・インターナショナル・インコーポレイテッド
提携会社 なし
支払い 1回払い あり
2回払い なし
ボーナス払い あり
ボーナス2回払い なし
分割払い あり
リボ払い あり
支払日 20日締め翌月10日(一部21、26日)払い
ボーナス払い支払日 1月、8月
その他 なし
金利手数料 分割払い金利 14.9%
キャッシング金利
海外利用時手数料 2%

ポイント

ポイント ポイント名称 メンバーシップ・リワード
ポイント有効期限 無期限
ポイントレート 100円ごとに1ポイント
ポイント交換 <メンバーシップ・リワード・プラスあり>
・支払い充当
 1ポイント=0.5円
・楽天スーパーポイント
 3,000ポイント → 1,500ポイント
・Tポイント
 3,000ポイント → 1,500ポイント
・その他各種商品など
<メンバーシップ・リワード・プラスなし>
・支払い充当
 1ポイント=0.3円
・楽天スーパーポイント
 3,000ポイント → 1,000ポイント
・Tポイント
 3,000ポイント → 1,000ポイント
・その他各種商品など
ボーナスポイント 対象高級会社27社の航空券、対象旅行代理店2社の指定旅行商品はポイント5倍(100円=5ポイント)
ポイントモール アメリカン・エキスプレス オンライン・ショッピング・モール
電子マネー カードに付属する電子マネー なし
楽天Edy チャージ可、ポイント付与対象外
nanaco チャージ不可
モバイルSuica チャージ可、ポイント付与対象外
SMART ICOCA チャージ可、ポイント付与対象外
WAON チャージ不可
PASMO チャージ不可

付帯保険

海外旅行傷害保険 付帯条件 利用付帯
死亡・後遺障害 最高5,000万円(家族最高1,000万円)
障害治療 最高100万円
疾病治療 最高100万円
救援者費用 最高200万円
賠償費用 最高3,000万円
携行品損害
[自己負担額]
最高30万円
[3,000円]
家族特約 あり
国内旅行傷害保険 付帯条件 利用付帯
死亡・後遺障害 最高5,000万円(家族最高1,000万円)
入院費用
手術費用
通院費用
家族特約 あり
ショッピング保険 年間保証限度額
[自己負担額]
最高500万円
[10,000円]
補償期間 90日間
その他保険 紛失・盗難時の保険 あり
ネット不正利用の保険 あり