エポスデザインカードのサンプル画像1

エポスデザインカードのサンプル画像2

エポスカードには、74種類のデザインから選べる、
「エポスデザインカード」があります。

基本的にはエポスカードと同じスペックになります。
参考:「エポスカードのメリット・デメリットまとめ

ただ、エポスカードとエポスデザインカードでは、
3つの違いがあるので、それをまとめてみました。

違いその1:発行手数料が500円(税込)かかる

エポスデザインカードは、発行手数料が500円かかってしまいます。

発行手数料なので最初の1回だけかかりますが、
年会費は無料なので、そこまで気にする手数料ではないと思います。

なお、再発行時は同じデザインか、通常のデザインなら無料です。
他デザインに変更する場合はまた500円かかりますが、
途中でデザイン変更もできるので、デザインに飽きたら変更するのもアリですね。

違いその2:74種類のデザインから選べる

何と言っても74種類のデザインから選べるのが強みです。

カテゴリーとしては以下のように分かれています。

  • カラフル
  • フラワー
  • ファッション
  • スイーツ
  • キュート
  • ガールズ
  • トラベル
  • ジャパン
  • アニマル
  • オーシャン
  • ユニーク
  • スペース(宇宙)

クレ活管理人が全部のデザインを見た印象では、
女性向けのデザインが多いような気がしました。
もちろん、男性向けのデザインもあります。

ちなみに、クレ活管理人が個人的に気になったデザインはこれでした。

エポスデザインカードのサンプル画像3

トランプのような面白いデザインです。
これをクレジットカードだとすぐに分かる人はいないと思います(笑)。

他にも色々なデザインがあるので、是非見るだけ見てください。

違いその3:マルイでの即日発行受け取りはできない郵送のみ

最後の違いは、即日発行受け取りができないことです。
普通の郵送のみ対応しています。

ごく普通にクレジットカードが家に届くというだけなので、
まあこれは問題ないと思います。

上記以外はエポスカードとスペックは同じ

以上の3つがエポスカードとの違いになります。
この違い以外はエポスカートと全く同じスペックになります。

エポスデザインカードを一言で言うなら、
500円でたくさんのデザインから選べるエポスカード、
ということです。

エポスデザインカードにどんなデザインがあるのか気になった人は、
こちらから見ることができます。