特徴まとめ

  • 年間利用額100万円以上なら翌年度の年会費無料
  • 還元率は常時1%
  • 家族特約付きの海外・国内旅行傷害保険
  • 住信SBIネット銀行のスマートプログラムで2ランクアップ
還元率 1%
国際ブランド JCB
ポイント ミライノポイント
年会費 本人 3,300円(税込)(年間利用額100万円以上で翌年度無料)
家族 なし
ETC 無料
付帯保険 海外旅行 最高5,000万円(自動付帯、家族特約1,000万円)
国内旅行 最高5,000万円(自動付帯、家族特約1,000万円)
ショッピング 最高50万円(海外利用時、支払い名人設定時)

メリット

概要

ミライノ カード GOLDは、
住信SBIネット銀行株式会社が発行するクレジットカードです。

今は終了した「SBIカード」の後継カードとなります。

後継カードだけあって、
ゴールドカードなのに還元率が常時1%、
さらに年間100万円以上利用で年会費が無料になります。
メインカードとして使っていけるスペックになっています。

ポイント交換先も現金、つまりキャッシュバックとなるので、
非常に使い勝手は良いです。

ただ、空港ラウンジサービスが無いのはちょっと残念です。
その代わり他の部分が充実しています。

特に、住信SBIネット銀行のスマートプログラムのランクが2ランクアップします。
これによって、ATMの無料利用回数や銀行振込の無料回数がアップします。

住信SBIネット銀行を使っている人にとっては、最強のゴールドカードです。

還元率

通常時の還元率は、1%となります。
1,000円ごとに5ポイントもらえます。

ポイント交換時にポイント価値が2倍になります。

海外ショッピング利用時は、ポイントが2倍の還元率2%までアップします。

年会費

年会費は3,300円(税込)です。
年間利用額100万円以上で、翌年度無料になります。

年間100万円利用ということは、月換算すると約8.33万円になります。
ハードルはやや高いですが、
公共料金などの毎月固定費や、生活費などをすべてカード払いにすれば、
一般家庭であれば達成可能な数字だと思います。

家族カードはありません。

ETCスルーカードの年会費は永年無料です。

ポイントの使いやすさ

ポイントプログラムは、ミライノ ポイントになります。
有効期限は3年間です。
ゴールドカードは一般カードより1年間増えています。

ミライノ ポイントの交換先は2つですが、
還元率を考えると実質1つです。

1つ目は、クレジットカードの利用額から差し引くことです。
これは1,000ポイント→1,000円分となるので、
還元率は0.5%になってしまいます。

2つ目は、スマプロポイント(スマートプログラムポイント)に交換することです。
これにより、1,000ポイント→2,000ポイントになります。
そして、スマプロポイントはそのまま現金に交換することができます。

つまり、ミライノ ポイントからスマプロポイントに交換し、
スマプロポイントから現金に交換することで、還元率1%になります。

現金に交換できるので、誰でもポイントを有効活用できます。

国際ブランド

国際ブランドは、JCBです。
日本では使い勝手が良いですが、海外では若干弱いです。

付帯保険

ゴールドカードでも非常に充実した家族特約が付帯しています。

海外旅行傷害保険は、最高5,000万円が自動付帯します。
さらに、家族特約として最高1,000万円が自動付帯します。

国内旅行傷害保険も、最高5,000万円が自動付帯します。
さらに、家族特約として最高1,000万円が自動付帯します。

ショッピング保険は最高50万円付帯しますが、
海外利用時、国内なら支払い名人設定時のみとなります。

付帯サービス

スマプロランクが2ランクアップ

スマートプログラムのランクとは、
ランクに応じて、住信SBIネット銀行のATM無料引き出し回数や、
振込手数料の無料回数が増えるサービスとなります。

ミライノ カード GOLDの引き落とし口座を住信SBIネット銀行にすれば、
スマートプログラムのランクが2ランクアップします。

仮に最低ランクであるランク1からランク3にアップしたとすると、
ATM無料利用回数が、月2回から月7回に、
振込手数料無料回数が、月1回から月7回までアップします。

普段、手数料を払う機会があった人にとっては、
これが無料になるだけでも大きいと思います。

カードローン適用金利年0.1%引き下げ

引き落とし口座を住信SBIネット銀行にすれば、
カードローンの金利が年0.1%引き下がります。

デメリット

デメリットは空港ラウンジサービスが無いことです。

大抵のゴールドカードには付いていますが、
ミライノ カード GOLDにはありません。

ただ、その代わりポイント部分や付帯保険、サービスが充実しています。
空港ラウンジサービスいらないから他の部分を充実させて欲しい、
という人には良いゴールドカードになると思います。

総合評価

ミライノ カード GOLDは、
住信SBIネット銀行を使う人におすすめのゴールドカード!

ミライノ カード GOLDの最大のメリットは、
住信SBIネット銀行の2ランクアップです。
ATMや振込の回数が多く、手数料を支払ってしまう人には、
最強のクレジットカードになるはずです。

さらに、年会費は年間100万円以上利用で無料になります。
ゴールドカードで年会費が無料になるのは珍しいことです。

また、還元率も常時1%となかなかの高スペックです。
貯まったポイントもキャッシュバックに使えるので、
使い道がないという事はありません。

以上から、住信SBIネット銀行を使っている人には、
メインカードとしておすすめのゴールドカードです。


基本情報

還元率 1%
国際ブランド JCB
初期利用限度額 70万~300万
WEBサービス MyJCB
年会費 本人 1年目 3,300円(税込)
年間利用額100万円以上で翌年度無料
2年目以降 3,300円(税込)
年間利用額100万円以上で翌年度無料
家族カード 1年目 なし
2年目以降 なし
ETCスルーカード 1年目 無料
2年目以降 無料
発行手数料 本人 無料
家族カード
ETCスルーカード 無料
家族用ETCスルーカード
再発行手数料 1,100円(税込)
発行 発行資格 20歳以上(学生不可)
発行期間 約2週間
発行会社 住信SBIネット銀行株式会社
提携会社 株式会社ジェーシービー
支払い 1回払い あり
2回払い あり
ボーナス払い あり
ボーナス2回払い なし
分割払い あり
リボ払い あり
支払日 15日締め翌月10日払い
ボーナス払い支払日 夏、冬
その他 なし
金利手数料 分割払い金利 15%
リボ払い金利 15%
キャッシング金利 15%
海外利用時手数料 1.6%

ポイント

ポイント ポイント名称 ミライノ ポイント
ポイント有効期限 2年間
ポイントレート 1,000円ごとに5ポイント
ポイント交換 ・スマプロポイント
 1,000ポイント → 2,000ポイント
・支払額から差し引き
 1,000ポイント → 1,000円分
ボーナスポイント 海外利用時ポイント2倍
ポイントモール なし
電子マネー カードに付属する電子マネー QUICPay
楽天Edy チャージ不可
nanaco チャージ可、ポイント付与対象外
モバイルSuica チャージ可、ポイント付与対象外
SMART ICOCA チャージ可、ポイント付与対象外
WAON チャージ不可
PASMO チャージ不可

付帯保険

海外旅行傷害保険 付帯条件 自動付帯
死亡・後遺障害 最高5,000万円
家族:最高1,000万円
障害治療 最高500万円
家族:最高250万円
疾病治療 なし
救援者費用 最高300万円
家族:最高150万円
賠償費用 最高5,000万円
家族:最高2,500万円
携行品損害
[自己負担額]
最高50万円
[3,000円]
家族:25万円
家族特約 あり
国内旅行傷害保険 付帯条件 自動付帯
死亡・後遺障害 最高5,000万円
家族:最高1,000万円
入院費用 4,000円/日
家族:2,000円/日
手術費用 なし
通院費用 4,000円/日
家族:2,000円/日
家族特約 あり
ショッピング保険 年間保証限度額
[自己負担額]
最高50万円
[10,000円]
※海外利用時、国内は支払い名人設定時のみ
補償期間 90日間
その他保険 紛失・盗難時の保険 あり
ネット不正利用の保険 あり