特徴まとめ

  • ポイント還元率が常時1%以上
  • 楽天市場でいつでも還元率5%~7%(SPU)
  • JCBならnanacoチャージでポイント満額付与
  • ポイントが現金同様に使えて非常に便利
  • ポイントの有効期限は自動延長タイプなので、実質無期限
  • 空港ラウンジサービス付帯
還元率 1%
国際ブランド VISA、MasterCard、JCB
ポイント 楽天スーパーポイント
年会費 本人 2,000円+税
家族 500円+税
ETC 無料
付帯保険 海外旅行 最高2,000万円(利用付帯)
国内旅行 なし
ショッピング なし

入会特典

最大11,000ポイントプレゼント!

  1. 新規入会特典:2,000ポイント
  2. 楽天ゴールドカード入会特典:1,000ポイント
  3. カード初回利用特典:3,000(シルバー・レギュラー会員)、6,000(ゴールド会員)、8,000(プラチナ会員)ポイント

メリット

概要

楽天ゴールドカードは、楽天カード株式会社が発行するクレジットカードです。

楽天カード、楽天プレミアムカードに続く、
准ゴールドカード(格安ゴールドカード)の位置付けです。

基本は楽天カードと同じスペックで、以下3点が変更されました。

  • 空港ラウンジサービス
  • スーパーポイントアッププログラム(SPU)で還元率5%
  • 年会費が有料

年会費有料分を、空港ラウンジサービスや楽天市場で1%分のポイントアップで、
まかなえるかどうか、でこのカードを持つかどうかが決まります。

楽天市場をよく使う人にとっては、
楽天カードよりもお得になる可能性があります。
詳しくは下で計算していますので、順にスペックを確認していきましょう。

還元率

基本の還元率は、1%です。
100円ごとに1ポイント貯まります。

さらに、以下の時にポイントアップします。

  • 楽天市場利用は、スーパーポイントアッププログラム(SPU)で、ポイント5~7倍
  • 街の楽天ダイニング加盟店なら、ポイント2倍
  • 街のポイント加盟店なら、ポイント3倍
  • ENEOSでいつでもポイント2倍
  • 毎月2回の優待キャンペーン時に特定ショップ利用で、ポイントが通常会員は2倍、シルバー会員は5倍、ゴールド以上の会員は10倍

特に、スーパーポイントアッププログラム(SPU)がお得です。
楽天市場で楽天カードを使って普通に買物するだけで、ポイントが5~7倍になります。
(楽天カードはポイント4~7倍なので、1倍分増えています)

通常はポイント5倍になりますが、以下を満たせば最大で7倍になります。

ポイント5倍 楽天ゴールドカード利用
ポイント6倍 さらに楽天市場アプリでお買い物
ポイント7倍 さらに楽天モバイル利用

上記以外にも、期間限定でキャンペーンをよくやっているので、
とにかく楽天市場ではポイントが非常に貯まりやすくなっています。

年会費

年会費は、2,000円+税です。

家族カードの年会費は500円+税です。

ETCカードの年会費は無料です。

ポイントの使いやすさ

もらえるポイントは、楽天スーパーポイントになります。

1ポイント=1円から使え、
ネットなら楽天市場や楽天関連のサービスで使えたり、
楽天ポイントカードとして、リアルのお店でも使えます。

非常に多くの場所で現金同様の使うことができ便利です。
1ポイントから使えるので、1円も無駄にならないのが良いです。

クレ活管理人は、宅配ピザを楽天スーパーポイントで払えることに気付き、
試してみたところ、50円で買えちゃいました(笑)。
宅配ピザを楽天スーパーポイントで支払った

ポイントの有効期限も最後に獲得してから1年間延長するタイプなので、
毎月何かしらカードを使っていれば、実質無期限です。

電子マネー

楽天カード本体に、楽天Edyを付けることができます。

電子マネーへのチャージで、ポイントが貯まるのは以下です。

  • 楽天Edy(200円で1ポイント)

国際ブランド

国際ブランドは、VISA、MasterCard、JCBから選べます。

付帯保険

海外旅行傷害保険は、利用付帯で最高2,000万円のみです。
国内旅行傷害保険はありません。
ショッピング保険もありません。

デメリット

楽天ゴールドカードのデメリットは、付帯保険と年会費です。

付帯保険は、ゴールドカードになっても楽天カードと同じ内容です。
海外旅行傷害保険が利用付帯のみは、ちょっと貧弱です。
ただ、これは他のクレジットカードを無料で持つことで、
充分補強することができます。
参考:「旅行傷害保険が自動付帯!年会費無料のおすすめクレジットカード

年会費は有料になりましたが、
ETCカードの年会費が完全無料になっていたり、
楽天市場でのポイントが上がっているので、
それである程度は相殺、人によってはよりお得になっているので、
これはその人次第と言えます。

楽天市場で年25万円以上使う人なら、楽天カードよりお得!

楽天ゴールドカードの年会費は2,000円+税です。
その代わり、楽天市場で+1%のポイントアップになります。

これは、楽天市場で年会費以上にポイントを獲得できれば、
楽天カードよりも得になる
ということです。

計算すると、2,000円分のポイントは年間20万円利用すれば獲得できます。
消費税を考えれば、年間22万円はほしいところですが、
ギリギリだと心配なので、年間25万円を境界線として考えて良いと思います。

つまり、楽天市場で年間25万円以上利用しているなら、
楽天カードよりも楽天ゴールドカードを使った方がお得
というわけです。

他の楽天カードとの比較

楽天カード、楽天ゴールドカード、楽天プレミアムカードの違いを表にしました。

比較ポイント 楽天カード 楽天ゴールドカード 楽天プレミアムカード
年会費 無料 2,000円+税 10,000円+税
家族カード 無料 500円+税 5,000円+税
ETCカード 500円+税
(条件付き無料)
無料 無料
楽天市場での還元率 4%~7% 5%~7% 5%~7%
空港ラウンジサービス なし あり(国内空港ラウンジは年2回無料) あり
プライオリティパス なし なし あり
付帯保険 海外旅行傷害保険
の利用付帯のみ
海外旅行傷害保険
の利用付帯のみ
フルスペック

総合評価

楽天ゴールドカードは、
楽天市場をよく使う人は、楽天カード以上にお得になる楽天カード!

楽天ゴールドカードでは以下要素が追加されています。

  • ETCカードの年会費が無料
  • 楽天市場でのポイントが+1%アップ
  • 空港ラウンジサービス

その代わり、年会費が有料になっています。

追加要素が、年会費の価値以上だと感じる人なら、
楽天カードよりも、楽天ゴールドカードの方がおすすめです。

特に楽天市場を年間25万円以上利用する人なら、
年会費は確実にペイできるので、よりお得になります。

楽天市場をよく使う人におすすめの楽天カードです。


入会特典

最大11,000ポイントプレゼント!

  1. 新規入会特典:2,000ポイント
  2. 楽天ゴールドカード入会特典:1,000ポイント
  3. カード初回利用特典:3,000(シルバー・レギュラー会員)、6,000(ゴールド会員)、8,000(プラチナ会員)ポイント

基本情報

還元率 1%
国際ブランド VISA、MasterCard、JCB
初期利用限度額 10万~200万
WEBサービス 楽天e-NAVI
年会費 本人 1年目 2,000円+税
2年目以降 2,000円+税
家族カード 1年目 500円+税
2年目以降 500円+税
ETCカード 1年目 無料
2年目以降 無料
発行手数料 本人 無料
家族カード 無料
ETCカード 無料
家族用ETCカード 発行不可
再発行手数料 無料
発行 発行資格 原則として20歳以上の安定収入のある方
発行期間 1週間
発行会社 楽天カード株式会社
提携会社 なし
支払い 1回払い あり
2回払い あり(手数料無料)
ボーナス払い あり(2/1~6/末、9/1~11/末)
分割払い あり
リボ払い あり
支払日 月末締め翌月27日払い
ボーナス払い支払日 6~8月、12~1月の27日
その他 ボーナス2回払い有り
(年13.89%の金利手数料が掛かる)
金利手数料 分割払い金利 12.25%~15%
リボ払い金利 15%
キャッシング金利 18%
海外利用時手数料 VISA、MasterCard:1.63%
JCB:1.6%

ポイント

ポイント ポイント名称 楽天スーパーポイント
ポイント有効期限 ポイント付与月から1年
ポイント獲得すると1年間延長
ポイントレート 100円ごとに1ポイント
ポイント交換 楽天スーパーポイント
 1ポイント → 1円分
ボーナスポイント ・街のポイント加盟店利用で2~3倍
・感謝デー利用で3倍
・優待キャンペーンで最大10倍
・Wポイントサービスで6の付く日は2倍(有料月額105円から)
ポイントモール 楽天市場
電子マネー カードに付属する電子マネー 楽天Edy
楽天Edy チャージ可、200円で1ポイント付与
nanaco チャージ可、ポイント付与対象外
モバイルSuica チャージ可、ポイント付与対象外
SMART ICOCA チャージ可、ポイント付与対象外
WAON チャージ不可
PASMO チャージ不可

付帯保険

海外旅行傷害保険 付帯条件 利用付帯
死亡・後遺障害 最高2,000万円
障害治療 最高200万円
疾病治療 最高200万円
救援者費用 最高200万円
賠償費用 最高2,000万円
携行品損害
[自己負担額]
最高20万円
[3,000円]
家族特約 なし
国内旅行傷害保険 付帯条件 なし
死亡・後遺障害
入院費用
手術費用
通院費用
家族特約
ショッピング保険 年間保証限度額
[自己負担額]
なし
補償期間
その他保険 紛失・盗難時の保険 あり(紛失・盗難補償)
ネット不正利用の保険 あり(ネット不正あんしん制度)