特徴まとめ

  • JR関連(定期券、切符、Suicaチャージ等)で還元率1.5%
  • 本人、家族カード、ETCカードの年会費が完全無料
  • Suica定期券機能付き(一体型)
  • Suicaオートチャージ可能
  • モバイルSuicaの年会費が当面無料
  • リボ専用カード(月設定額:5,000円~3万)
還元率 0.5~0.67%
国際ブランド VISA、MasterCard、JCB
ポイント ビューサンクスポイント
年会費 本人 無料
家族 無料
ETC 無料
付帯保険 海外旅行 最高500万円(自動付帯)
国内旅行 最高1,000万円(利用付帯)
ショッピング なし

入会特典

1,000ポイントプレゼント!

  1. 新規入会:1,000ポイント

メリット

概要

「ビュー・スイカ」リボカードは、
株式会社ビューカードが発行するクレジットカードです。

通常の「ビュー・スイカカード」のリボ専用バージョンになります。
リボ専用になった代わりに、
本人、家族カード、ETCカードの年会費が無料になっています。

それ以外のスペックは同じです。
例えば、JR関連でポイントが3倍(還元率も1.5%)になるのは変わりません。

ビューカードは今のところ、以下4パターンあります。

  • 年会費有料、家族カードあり、定期券付き(ビュー・スイカカード)
  • 年会費実質無料、家族カードなし(ビックカメラSuicaカード)
  • 年会費有料(その他ビューカード)
  • 年会費無料、家族カードあり、定期券付き(ビュー・スイカリボカード)

つまり、年会費完全無料で、家族カードも使いたい人には、
この「ビュー・スイカ」リボカード以外の選択肢がなく、
オンリーワンのクレジットカードになります。

ちなみに券面は、以下のように赤丸で囲った部分に、リボマークが小さくあります。
ビュー・スイカリボカードの券面

なぜ、家族カードの有無が重要か?

モバイルSuicaや記名式Suicaは1枚に付き、1枚のクレジットカードしか設定できません。
そのため、家族全員分のSuicaを1枚のクレジットカードで支払えません。

例えば、本人、配偶者、子どもがいるとして、
全員にSuicaをもたせたいとします。
この場合、クレジットカードが1枚だと、
本人をモバイルSuica、
配偶者を記名式Suica、までは1枚のクレジットカードでできますが、
子どもの分は、別のクレジットカードを用意しないと設定できません。

そのため、家族カードが重要になってきます。
家族カードなら、クレジットカード番号が変わるので、
家族全員分のSuicaに設定することができます。

一応、本人や配偶者が別々のビューカードを作れば可能ですが、
この場合、ポイントが分散されてしまいます。

以上から、ビューカードの家族カードは貴重です。
ポイントも一元化され、家族それぞれがオートチャージSuicaを使えます。

還元率

通常時の還元率は0.5%ですが、
以下の時にポイントがアップします。

  • 定期券、切符、Suica等でポイント3倍
  • ENEOSでポイント2倍
  • ビューサンクスボーナス
  • Web明細ならカード利用のある月に20ポイントもらえる

普段使うメインカードとしては微妙ですが、
JR関連に使うサブカードとして使えばお得になります。

定期券、切符、Suica等でポイント3倍

JR東日本のみどりの窓口やびゅうプラザ、券売機、モバイルSuica等で、
定期券や切符、Suicaチャージをすればポイント3倍の還元率1.5%になります。

ポイント3倍になる詳細商品は以下です。

  • 乗車券
  • 特急券
  • 回数券
  • 特別企画乗車券
  • 携帯電話等による「えきねっと」からのライナー券予約
  • 定期券
  • Suica定期券
  • Suicaグリーン券
  • Suicaカード
  • ビューカードによるSuica入金(チャージ)
  • オートチャージ
  • モバイルSuica(チャージ、オートチャージ、モバイルSuica特急券、モバイルSuica定期券、モバイルSuicaグリーン券)
  • びゅう国内旅行商品 など

ビューサンクスボーナス

さらに、年間利用額によってボーナスポイントがもらえる、
「ビューサンクスボーナス」があります。
このボーナスポイントは、通常にもらえるポイントとは別に加算されます。

年間利用額 ボーナスポイント
30万円以上 100ポイント
70万円以上 400ポイント
100万円以上 600ポイント
150万円以上 1,000ポイント

年会費

年会費は無料になります。

家族カードの年会費無料です。

さらに、ETCカードの年会費も無料になります。

通常の「ビュー・スイカ」カードの場合は、
年会費は有料になります。
「ビュー・スイカ」リボカードの場合、
本人、家族、ETCの年会費がすべて無料になります。

ポイントの使いやすさ

ポイントはビューサンクスポイントになります。
有効期限は最長2年間です。

ポイントの使い道としては、
主にSuicaにチャージして使うことができます。
そのため、ポイントの使い道に困ることはないでしょう。

国際ブランド

国際ブランドは、VISA、MasterCard、JCBがあります。

JR関連でしか使わなければ、どの国際ブランドでも問題ありません。

付帯保険

付帯保険は、おまけのようなものですが、
自動付帯するので持っているだけでお得です。

海外旅行傷害保険は、自動付帯で最高500万円。
国内旅行傷害保険は、利用付帯で最高1,000万円。
ショッピング保険はありません。

その他付帯サービス

「ビュー・スイカ」リボカードは以下機能が使えます。

  • Suica定期券
  • Suicaオートチャージ
  • モバイルSuicaの年会費が当面無料

「ビュー・スイカ」カードには、Suicaが一体しているので、
クレジットカードとしてもSuicaとしても使えます。

さらに、定期券も一体させることができます。
定期券を一体させると、裏面に定期の情報がのります。

「ビュー・スイカ」カードの定期券機能画像

定期券機能はビューカードの中でも数少ないので、
JRの定期券を使っている人には特におすすめです。

デメリット

デメリットは、リボ専用カードであることです。

問題はリボ手数料がかかるかどうかですが、
ビュー・スイカリボカードは、毎月5,000円~3万円まで設定できます。
そのため、毎月3万円未満であれば、
通常のクレジットカードと同様に1回払いとして使うことができます。

逆に3万円以上になってしまうと、リボ手数料が発生してきます。

リボカードの中には、毎月の支払金額を限度額と同じにすることで、
完全に手数料を無料にすることができるカードもありますが、
残念ながら、ビュースイカリボカードではできません。

ただ、ビュースイカリボカードを運賃専用のクレジットカードにすれば、
月3万円以上超えるケースは少ないと思います。
注意したいのが、定期券を買う時です。
この時は3万円を超える人は多いと思うので、以下の繰り上げ返済を併用すると良いと思います。

あとは、家族カードも作る人は要注意です。
自分は月3万円超えてないと思っていても、
家族全部合わせると、月3万円超える可能性もあります。

毎月、しっかりとクレジットカードの明細を確認しておきましょう。

補足
手間はかかりますが、繰り上げ返済をすれば、
3万円以上になってもリボ手数料がかかることはありません。
繰り上げ返済は、「VIEW ALTTE」からできます。

「ビュー・スイカ」カードと、「ビュー・スイカ」リボカードの違い

通常のクレジットカードである「ビュー・スイカ」カードと、
リボ専用カードである「ビュー・スイカ」リボカードの違いをまとめました。

ビュー・スイカカード ビュー・スイカリボカード
カード種類 通常 リボ専用カード
年会費 477円+税 無料
家族カードの年会費 477円+税 無料
ETCカードの年会費 477円+税 無料

ビュー・スイカリボカードは、リボ専用カードである代わりに、
年会費が無料になる、ということです。
年会費を払う方が良いか、
リボ専用カードで使っていった方がいいか、
どちらがお得になりそうか考えて選んでみてください。

総合評価

「ビュー・スイカ」リボカードは、
年会費無料の家族カード・定期券付きのリボ専用ビューカード!

ビューカード系はJRを使う人にはかなりお得なカードです。
その中で、年会費無料、家族カード発行可能、定期券付き、
のカードは、この「ビュー・スイカ」リボカードしかありません。

もし、本人だけ年会費無料で使いたいなら、
ビックカメラSuicaカード」で十分でしょう。

家族カードは欲しいけど、リボ専用カードが嫌な人は、
ビュー・スイカカード」で決まりです。

年会費無料で、家族カードも欲しい人は、
この「ビュー・スイカ」リボカードしか選択肢はありません。

ただ、デメリットにも書きましたが、
リボ専用カードなので、リボ手数料が発生する可能性があります。
これが、年間500円以上になってしまったら、
結局「ビュー・スイカカード」の方がお得だったということになります。
そのため、手数料がかからないように注意してください。

以上から、Suicaを使う人で年会費無料・家族カードも欲しい人におすすめです。


入会特典

1,000ポイントプレゼント!

  1. 新規入会:1,000ポイント

基本情報

還元率 0.5~0.67%
国際ブランド VISA、MasterCard、JCB
初期利用限度額 10万~80万
WEBサービス VIEW’s NET
年会費 本人 1年目 無料
2年目以降 無料
家族カード 1年目 無料
2年目以降 無料
ETCカード 1年目 無料
2年目以降 無料
発行手数料 本人 無料
家族カード 無料
ETCカード 無料
家族用ETCカード 無料
再発行手数料 477円+税
発行 発行資格 満18歳以上の方で、電話連絡のとれる方(高校生不可)
発行期間 約3週間
発行会社 株式会社ビューカード
提携会社 なし
支払い 1回払い あり
2回払い あり
ボーナス払い なし
ボーナス2回払い なし
分割払い なし
リボ払い あり
支払日 月末締め翌々月4日払い
ボーナス払い支払日 8/4、1/4
その他 なし
金利手数料 分割払い金利
リボ払い金利 13.2%
キャッシング金利
海外利用時手数料 VISA、MasterCard:1.63%
JCB:1.6%

ポイント

ポイント ポイント名称 ビューサンクスポイント
ポイント有効期限 ポイント獲得年の翌年度末まで(最長2年)
ポイントレート 1,000円ごとに2ポイント
ポイント交換 ・Suicaへのチャージ
 400ポイント → 1,000円分
・メトロポリタンホテルズ共通利用券
 600ポイント → 2,000円分
・ルミネ商品券
 650ポイント → 2,000円分
 1,250ポイント → 4,000円分
・ビューサンクスクーポン
 1,600ポイント → 5,000円分
ボーナスポイント ・定期券、きっぷ、Suicaチャージ等はポイント3倍
・ENEOSでポイント2倍
・ビューサンクスボーナス
 年間利用額30万以上100ポイント加算
 年間利用額70万以上400ポイント加算
 年間利用額100万以上600ポイント加算
 年間利用額150万以上1,000ポイント加算
・Web明細で毎月20ポイント
ポイントモール えきねっとポイントモール
電子マネー カードに付属する電子マネー Suica
楽天Edy チャージ可、ポイント対象外
nanaco チャージ可、ポイント対象外
モバイルSuica チャージ可、ポイント満額付与
SMART ICOCA チャージ可、ポイント対象外
WAON チャージ不可
PASMO チャージ不可

付帯保険

海外旅行傷害保険 付帯条件 自動付帯
死亡・後遺障害 最高500万円
障害治療 最高50万円
疾病治療 最高50万円
救援者費用 なし
賠償費用 なし
携行品損害
[自己負担額]
なし
家族特約 なし
国内旅行傷害保険 付帯条件 利用付帯
死亡・後遺障害 最高1,000万円
入院費用 3,000円/日
手術費用 最高3万円
通院費用 2,000円/日
家族特約 なし
ショッピング保険 年間保証限度額
[自己負担額]
なし
補償期間
その他保険 紛失・盗難時の保険 あり
ネット不正利用の保険 あり